O.S.P,Inc.

Hottopics最新情報

トップページ釣果レポート > 神奈川県相模湖で開催されました、日相園カップ第2戦でベントミノー76Fが準優勝に貢献しました!!

神奈川県相模湖で開催されました、日相園カップ第2戦でベントミノー76Fが準優勝に貢献しました!!

アフターのバスを攻略!ベントミノー76Fでキッカーをキャッチ!!

6/10(日)神奈川県相模湖で日相園カップ第2戦が開催されました。
相模湖をホームフィールドとする、トッププロも参加するハイレベルな本大会には47名がエントリー。

事前情報では、プリ~アフタースポーニングのバスが混在する状況ながらも、全体的にはバスの反応がスローで厳しいという感じ・・・。
そのような状況下で、朝にベントミノー76Fで表層から攻めた矢口貴博様が41cmのキッカーをキャッチし3本1,280gで準優勝されました。
コメントを頂いております。



仕様タックル
ルアー:ベントミノー76F(黒金オレンジベリー)
ロッド:ブラックレーベル6011ULX
リール:ネオ2000
ライン:FCスナイパー3lb.



大会当日の天候は、朝からうっすらと霧がかるようなパラ雨のような天候でした。
実は先々週のプラクティスでも、雨がやんだ後の曇りで、似たような天候。

その時の私はダウンショットで攻めるも小さいバスばかりしか釣れませんでしたが、プラクティスに出ていた他の方が「ベントミノー」でグッドサイズのバスをキャッチ。
トップウォーターの反応が良かったということでした。
そこで、当日は朝からトップで行けるかも!ということで、ベントミノー76Fの黒金オレンジベリーを選択。

朝一、まずはクリークのマウス付近のブッシュを攻めることに。
3~4投するもバスからの反応がなく、対岸へ移動。
そこは工事したての岩盤エリアなのですが、見えない場所に大きな岩が沈んでおります。

イメージとしてはそこについているバスを釣る、という感じで、ベントミノー76Fをキャスト。
1投目では反応がなく、2投目。
着水から20秒ほどステイしていると、「ガバッ!!」とルアーが吸い込まれ、上がってきたのが41cmのアフターのバス。

ちょっと痩せてはおりますが、結果コレがウェイインしたキッカーとなります。
その後、ストレート系ワームやドライブクロー2″を用いたライトリグで探りながらキーパーのバスをキャッチしていき12本キャッチ。

リミット3本1,280gというウェイトで、準優勝することが出来ました!
「たまたま」釣れたと思いますが、これもベントミノー76Fのおかげだと思います!

item list