O.S.P,Inc.

Hottopics最新情報

トップページ釣果レポート > 霞ヶ浦で開催されたフロータートーナメント『F.B.I.フローターマスターズ第一戦』にて、HPF クランクスペック2がビッグフィッシュ賞に貢献し、ウィニングルアーとなりました!!

霞ヶ浦で開催されたフロータートーナメント『F.B.I.フローターマスターズ第一戦』にて、HPF クランクスペック2がビッグフィッシュ賞に貢献し、ウィニングルアーとなりました!!

春のフロータートーナメントでHPF クランクスペック2がウィニングルアーに!

4/14(日)霞ヶ浦でフロータートーナメント『F.B.I.フローターマスターズ第一戦』が開催されました。
強風の吹き荒れる中、エリア選択に勝負を賭け、HPF クランクスペック2を一日巻き倒して優勝を獲得した長谷川和雄様よりコメントを頂きました。



2013F.B.I.フローターマスターズ第一戦【霞ヶ浦(牛堀)】

日時:4月14日 競技時間:6:30~13:30
天候:曇り
風:強風
水温:14~17度
スタート:牛堀

大会詳細は大会オフィシャルホームページをご覧ください。

使用タックル
ルアー:HPF クランクスペック2(タナゴ他)
ロッド:マイクロ ヘリウム クランクベイト コンポジットグラス ミディアム6’6″
リール:アルデバランMg
ライン:フロロリミテッド12lb



当日は中止ギリギリの強風というコンディションでしたが、スタート地点の牛堀は南西風から守られている形となっていたため、なんとかスタートが可能となりました。
しかし、時間が経つにつれて風は強くなり、最終的には15mほどまで達してしまった為、終日、非常に難しいコンディションとなりました。

メインエリアは横利根を選びました。
行きは向かい風でしたが、朝の風の弱いうちにとにかく大曲へ直行しました。
事前に行ったプラの時には、横利根にてドライブクローラー6.5インチのネコリグ、HPF クランクスペック2でキロ弱を1本づつゲットし、特にHPF クランクスペック2に手ごたえを感じてました。

また、横利根は水温が比較的高く、風の影響も少ないこと、そして、横利根と言うと護岸ばかりのイメージがありますが、奥に行くにつれヒシやアシなども多くなりフィッシングプレッシャーもあまりかかっていない場所もあるので、本番では横利根にすべてを賭けることを決めました。

大曲には40分ほどで到着し、7:30ごろ、すぐにHPF クランクスペック2で1本目約1100gをゲット。
ピックアップギリギリの軌道変化にカウンターバイトのような形でのヒットで、やわらかいロッドに助けられました。

そして、2本目はその30分後に約1300g。
引いてきてボトムに当たったかなというくらいに、グーッと重みのあるヒットでHPF クランクスペック2を丸呑みでした。(これはBigFish賞にもなりました。)

今回のHPF クランクスペック2の使い方としては、水深1.8~2mくらいの場所でバンクに対して30度くらいにキャスト、ボトムに1回当てるくらいのイメージで引きました。
時間が経つにつれて風がどんどん強くなり、さかのぼれない状況になってきたのでひと流しを丁寧にチェックして行きました。

結果的に1日HPF クランクスペック2を投げ倒し、カラーローテーションもタナゴ、テイスティシャッド、黒金Ver.T、マットタイガー、と行いましたが、結局釣れたのは2本ともにタナゴカラーでした。
リミットは3本でしたが、この2本でなんとか優勝を獲得することができました。

やはり、朝イチに勝負をかけて大曲へ向かったことが功を奏したと思います。
現に私の他に誰も大曲へ向かった人はいなかったようです。

実はこの日、誕生日で、バースデーウィンとなり、非常に嬉しい勝利となりました。
2010年、2011年と年間優勝していましたが、2012年は2位と逃してしまいましたので、今年は年間優勝を狙いたいと思います。

(写真提供:F.B.I.(フローター・バサーズ・インターナショナル)事務局)



item list