O.S.P,Inc.

Hottopics最新情報

トップページ釣果レポート > ドライブスティック3.5″を使用して、タイフーン・サマートーナメントで3位入賞!

ドライブスティック3.5″を使用して、タイフーン・サマートーナメントで3位入賞!

7月31日、霞ヶ浦で開催されたタイフーン・サマートーナメントにて、O.S.P開発部の橋本が3位に入賞しました!


DSC_0270

7月31日霞ヶ浦のタイフーン駐艇場のサマートーナメントが開催されました。

参加は約30艇でJBやWBSの選手も数多く参加しています。

前日に半日ほどプラをした感触では水通しの良い本湖浚渫や北利根川で3本ほどキャッチできました。

釣れたのはここ数年最も信頼をおいているドライブスティック3.5インチのヘビキャロ。ただ釣れる場所が限られている上に日替わりが常なので厳しい展開が予想されました。

試合当日は朝9時ぐらいから北東風が強まる予報でしたので、強まる前に本湖浚渫エリアに直行。

しかしなぜか今日に限ってキャットフィッシュやニゴイばかり。西浦のシャローも数カ所回りましたが風向きが悪く沈黙。

そうこうしている内に北東風が強まり北利根川に移動。アシで釣れることもあれば離れたブレイクで釣れることもあるので両方交互に攻めていきます。

天候も曇って来て、さらに雨まで降ってくる始末。この瞬間に時合いが来たかのようにバイトが連発。岸から数m離れた場所にあるブレイクで1200gと1100gをキャッチ。

その後も粘ってなんとか500gをキャッチしました。ルアーは昨日と同じドライブスティック3.5インチ(ゴーストシュリンプ)のヘビキャロ。 このワームはシンカー着底後のフリーフォールでほぼ水平姿勢を保ちながらボディはロールアクション、テールは細かい微振動を発生します。

このボディとテールの異なる自発的フォールアクションは完全に生き物で耐えられるバスは多分いません。

リーダー1mで使うとシンカー着底後にスライド気味に約6秒かけて着底するので水中をイメージしながら釣りをしています。その後は500gを入れ替えるべく移動を繰り返しましたが甘くない霞ヶ浦…そのままタイムアップとなりました。

帰着して検量すると2,800g。レベルの高いタイフーントーナメントなので優勝は無理ながらも5位には入れたかな~と思っていたところ、表彰式では司会の方より「2位が2人いて2,800g…ジャンケンで決めましょう」とのこと。

ここ5年ぐらい勝った記憶のないジャンケン。…ハイ当然のごとく負けました。で3位。商品もガソリンが100Lから50Lへ、バッテリーからエンジンオイル(私4ストなんですが)へと持ち前のモッテなさが全開。

最後のジャンケン大会では最大の目玉商品であったルンバ掃除機を1本も釣っていないパートナーがゲット。運を次回のために貯金をしたような一日でした。

ロッド:GルーミスIMX843
リール:ダイワ
ライン:FCスナイパー14lb+リーダー1m
ルアー:ドライブスティック3.5”(ゴーストシュリンプ)のヘビキャロ
フック:フィナTNSオフセット2/0

img_tw117

item list