O.S.P,Inc.

Hottopics最新情報

トップページ釣果レポート > 利根川で開催されたTBC第4戦にてドライブスティックFATがウイニングルアーになりました!

利根川で開催されたTBC第4戦にてドライブスティックFATがウイニングルアーになりました!

IMG_8871

9/10(日)TBC第4戦が利根川にて開催されました。水位も低く刻々と変わる利根川で、ドライブスティックFAT4.5”がウイニングルアーとなりました!!

大会当日は水位の上げ下げはあるものの、全体的に低い状況。各選手シャローと沖を状況に応じながら釣りをしている最中、中村和志充プロが水位が低くてもいい水が残っているシャローにグッドフィッシュがいることに気づき、ドライブスティックFAT4.5”をメインにしたシャローゲームで5本5,100gをキャッチし優勝しました。中村和志充プロよりコメントをいただきました。

◎使用タックル
ルアー:ドライブスティックFAT4.5”(テナガ)
ロッド:エバーグリーン テンペスト67MH
リール:スティーズ
ライン:FCスナイパー14lb.
フック:FINA F.P.P.ストレート4/0

写真提供:TBC

◎コメント

大会の前の週にプラクティスは行なっておりまして、5本5kgくらいのバスがキャッチできていました。その時釣れていたのが、高比重ノーシンカーの釣りで、特にドライブスティックFAT4.5”のスライドフォールが効果覿面でした。ノーシンカーはいろんな種類があり試しているのですが、特にこの時期はフォールが遅すぎず速すぎずのドライブスティックFAT4.5”はメインアイテムですね。

大会当日ですが、水が少なく朝一番は上流にバウを向けてめぼしいブッシュを釣って行きました。しかし無反応です、、、、、。それなので支流の根木名川に移動しバズベイトで1本700gをキャッチしました。しかしその釣りも後が続かず、移動。シャローの葦をドライブスティックFAT4.5のノーシンカーで攻めながらも、パンをかじっているとラインがスーっと走りましてキャッチできたのがキロアップ。葦に寄って見ると、明らかに水がいいと感じました。水がいいシャローを撃つ釣りがいいんだなと思い、濁っていない水のいいエリアをランガン。

すると3本目700gをキャッチできました。シャローはやりつつも、めぼしい沖のストラクチャーも釣りをするのですが、ノンキーパーしか釣れません。やはりシャローだなと確信し、カラーローテーションも交えながらやっていると、またまたドライブスティックスティックFAT4.5”で1300gくらいのバスをキャッチ。残り1本でリミットメイクと思いながらめぼしいシャローでちょっと距離を取りたいと思い、重めの高比重ワームのノーシンカーを入れて1,500gのバスをキャッチでき結果5本5,100gで優勝することができました。

今回メインとなったドライブスティックFAT4.5”は、全てバックスライドセッティングのノーシンカー。着水しラインを送りフケを巻き取っている間にラインが走るようなバイトばかりでした。アプローチで気をつけていることは、シャローなので近づきすぎてエレキで泥を巻き上げないこと。多分10mぐらいの距離は常にとっていたと思います。ジグやテキサスでは私には釣れないのですが、ドライブスティックFAT4.5”であれば釣れる感触がつかめていたので、本当にこのルアーがなければ優勝はなかったと思います。

IMG_3473 IMG_3476
1 / 11

item list