O.S.P,Inc.

Hottopics最新情報

トップページ釣果レポート > 相模湖のトーナメントでオーバーライドが活躍し、年間優勝を獲得!!

相模湖のトーナメントでオーバーライドが活躍し、年間優勝を獲得!!



12/17(日)、神奈川県相模湖の柴田ボートにて開催された柴田カップ最終戦で、オーバーライドにて好成績を収め、見事年間優勝を獲得した成田選手よりコメントをいただきました。

最終戦を迎えたタイミングでの年間成績が2位、この試合で全てが決まる非常に緊張感がある大会でした。

そんな大事な大会ではあったものの試合まで練習は1日も出ることができず、これまでの自分の経験のみで試合に臨みました。

例年初冬から春先までの低水温時期に有望な本湖のディープエリアに狙いを絞り、ルアーは毎年好実績オーバーライド3/8ozのワンウエイトで勝負しました。自分の中で大事にしていることはウエイトバリエーションを増やすことよりこまめにカラーローテーションをすることです。この日は強めのフラッシングカラーと弱めのマット系カラー、あとはディープの釣りでひときわ信頼しているコスモブラックの3種類を時間帯や水色を見ながらこまめにローテーションして釣りをしました。

今年は近年まれにみるレベルでワカサギが多く、ベイトに依存している魚を狙うよりも良い地形に入ってくる魚を相手にした方が好確率だと思い、地形重視でエリアを選び、エリアは例年好調な青田エリアの水中岬で、岬を中心に半径10m内のピンスポットに試合時間のすべてを使いました。

水深12mの地形変化にオーバーライドを投入し攻めていきます。ロッドのしゃくり幅は15㎝ぐらい、ロッドワークはスローな縦アクションで攻めていきました。この時期魚もスローで早く動くものに対して無反応なことが多く、スローなアプローチの方が良いことが多く多様します。

何回もアプローチを繰り返していき、コスモブラックに変えた1投目でファーストバイト!!時刻は8:30ぐらいでした。

慎重にピックアップしましたが、ランディング寸前でまさかのバラシ・・・

サイズが良かった魚だけにショックではありましたが、逆にこの釣りを押し通す覚悟ができ、その後も永遠に同じエリアをオーバーライドで釣っていきます。カラーローテーションを繰り返しながら釣りをしているとコスモブラックに変えたタイミングでバイトが多発!!!

数時間のうちに5回ほどフックアップに成功しましたが、全てショートバイトの為、魚をキャッチすることができず、試合時間も終盤の午後13:30頃にようやくしっかりフッキングがきまり無事にファーストフィッシュをキャッチ!サイズは35㎝前後の620gのナイスキーパー!

その後もそのエリアで粘り試合終了時間を迎えました。

帰着してみると参加者約30名中4名がキャッチ。しかも1本以上キャッチされた選手は0という非常に厳しい状況でした。

そんな中キャッチはできなかったもののバイト数だけでは10回以上あったオーバーライド(コスモブラック)の脅威的集魚力には大変驚きました。

ディープの釣りでコスモブラックは非常に有効ですので、皆様も是非一度お試しください。



タックル
ロッド:6.7ft MLクラス
リール:ベイト
ライン:10lb
ルアー:オーバーライド 3/8oz コスモブラック
1 / 11

item list