O.S.P,Inc.

Hottopics最新情報

トップページ釣果レポート > NBCチャプター茨城第1戦のウイニングルアーがドライブビーバー3.5″でした!!

NBCチャプター茨城第1戦のウイニングルアーがドライブビーバー3.5″でした!!

4月1日(日)に開催されたNBCチャプター茨城第1戦にて3本 3195g(ビックフィッシュ:35cm/1,240g)で見事優勝を勝ち取った柏木選手のウイニングルアーがドライブビーバー3.5″でした。柏木選手にコメントを頂きました。



前日プラクティスと本戦日では全く風向きが逆になる予想、大潮。

両日晴天で水温上昇の状況でプリスポーンのバスがいる水深と反応速度を意識ながら岩場を中心にプラクティスを行いました。

前日プラクティスでは、まずは風が直角に当たる石積みをチェック。スピナーベイトで少し深めを攻め2,500gバスをキャッチ、これをヒントにその後も深めのこぼれ岩を狙ったのですが、何度かあたりがあるものの乗りませんでした。

ブレイクにシャッドを流すとキャットがバイト。2週前のJB戦で実績のある古渡の浚渫でRUDOA、VARUNAを投げ、岩に当てながらスローに引くも反応無し。周囲の杭やドックにHPシャッドテール2.5インチのダウンショットを打ってもダメでした。

13時を回った時点で、明日の天候的に風を受けても影響の無い岩をめざして対岸へ移動。偏光サングラスで見える程度の岩を形と重なり方を確認しながら、TOPからタイトにシェードの中へドライブビーバー3.5インチ5gテキサスリグを撃っていきました。

数投でバイトが出て900g強をキャッチ、すぐ続けて2匹目も同じサイズ、1時間もせず4匹をキャッチして全部900gオーバー。面白くなってきたところで翌日に残して帰港しました。

本戦当日、勝負ポイントは決まっていたものの、朝はまだ風も弱かったので、出るとデカイ古渡の浚渫へ。いつもなら粘っちゃうところを30分だけと決めRUDOA、VARUNAを投げるも、やっぱりノーバイト、これで心残りなく本命のポイントで勝負と対岸へ移動しました。

ドライブビーバー3.5インチの5gテキサスリグをプラクティスと同じように落としていると、30分かけて1匹目をキャッチ、サイズも予定通りの900g越。2本目は岩がらみの杭で900g、10時過ぎにキッカー1,240gを釣りリミットメイク達成しました。



推定3kg越ではあったが、この時期の優勝ラインは3.5-4kgないと安心できず、ドライブクロー3インチ3.5gテキサス同色とローテーションしながら、その後2匹釣るもサイズはほぼ同じの950g1本を入れ替え終了。

15mほどのエリアを2日間で9匹はできすぎ。その他、岩にエレキぶつけるとゴロンと見えるいいサイズ数本、バラシ・乗りそこない4回。ドライブクロー3インチ3.5gテキサスではボリューム感とフォールスピードが足りないのかバイトは増えたがショートバイトとアマ噛みでバレたり、乗りそこなったりでした。

滅多にできない「見えてる勝負」で優勝でき自分史に残るトーナメントになりました。ほぼ毎週釣りに行っても怒らず笑顔で送り出してくれる奥さんとJB/NBCでいつも一緒に戦うメンバー、釣りバカに理解のある職場の仲間に支えられての結果がだと感謝します。2018年シーズもまだまだ序盤気を抜かずこれからも頑張ります。

使用タックル
ルアー:ドライブビーバー3.5インチ(ダークシナモン ブルー&ペッパー) 5gテキサス


ロッド:アングラーズリパブリックELUA モーラ MSGC-68HF
リール:ダイワ アルファスITO改
ライン:サンライン シューター FCスナイパー BMS AZAYAKA 14lb

1 / 11

item list