O.S.P,Inc.

Hottopics最新情報

トップページ最新情報 > イベント情報

2/17-18 にいがたフィッシングショーに並木がゲスト出演します!

2018.02.06
2月17日(土)、18日(日)の二日間、新潟市で開催される「にいがたフィッシングショー」に並木敏成がゲストインストラクターとして出演致します。

また同イベントに、O.S.Pプロスタッフの鈴木隆之も参加予定。お時間がある方はぜひ足をお運びください。

イベントの詳細はホームページをご確認ください。
http://www.fishers.co.jp/fs2018/

3/2 上州屋池袋店様にてO.S.Pイベント開催!

2018.02.02
3月2日(金)、上州屋池袋店様にてO.S.Pイベントを開催します。当日は店内に特別ブースを設け、O.S.Pアパレルを一挙展示。またイベントでしか手に入らない限定アイテムの販売も実施します。皆様のご来場お待ちしております!

■日時:3月2日(金) 14:00~20:00
■場所:上州屋池袋店



イベントの詳細は上州屋池袋店様のページをご確認ください。
http://www.johshuya.co.jp/shop/detail.php?s=3&no=76427

フィッシングショー横浜イベント情報

2018.01.17
いよいよ今週末、パシフィコ横浜にてフィッシングショー2018が開催されます。今年の並木敏成のイベント情報は以下となります。



気になる新製品の情報や、あのトーナメントの裏話(?)、さらにはアメリカの最新事情などなど。たくさんの話題をご用意して、みなさまのお越しをお待ちしております。

この週末はお誘い合わせのうえ、ぜひパシフィコ横浜へ!!

小林プロ講師による上州屋様セミナーが神奈川県相模湖にて開催されました

2017.12.14
12月13日(水)、神奈川県相模湖にて上州屋様のセミナーが開催されました。

セミナーには、O.S.P開発スタッフでありJBTOP50初参戦で年間5位となった小林明人プロが講師として参加。厳寒期のリザーバーを攻略する様々なO.S.Pルアーのご紹介をはじめ、実釣を交えたレクチャーを実施しました。

メインとなったルアーは、JIG05タッガー、HP MINNOW3.1”、オーバーライドの3種類のアイテムです。



リグの操作説明をしている様子

小林プロオススメJIG05タッガー+HP MINNOW3.1″

小林プロオススメオーバーライド!!

講師小林プロのセミナーを参考にし、実釣で50アップのモンスターフィッシュをキャッチされたスタッフ様もいらっしゃいました。50アップをキャッチされたスタッフ様釣果情報は「今週のグッジョブ!!」をご覧ください。

セミナーの模様は、上州屋様各店様のブログにてご紹介されていますので、是非ご覧ください。

上州屋 練馬南田中店様
http://www.johshuya.co.jp/shop/detail.php?s=112&no=68212

上州屋坂戸店様
http://www.johshuya.co.jp/shop/choka.php?s=180&no=2768602

狭山ヶ丘店様
http://www.johshuya.co.jp/information/

※他の店舗様のブログでも多数掲載頂いております。

12/16 ブンブン大津店様にて並木イベント開催!

2017.12.11


12月16日(日)、滋賀県大津市のブンブン大津店様にて並木敏成によるセミナーイベントを開催します。

イベントでは並木によるキャスティングセミナーをはじめ、O.S.Pアイテムに関する様々なトークを予定しております。ぜひ皆様お越しください!

詳しくはブンブン大津店様のページをご覧ください。
https://bunbun.in/event/36122/

O.S.P並木カップレポート

2017.11.21
台風の影響により順延になっていた「O.S.P T.Namiki Cup」が11月19日に、北総マリン・長門川スロープにて開催されました。

あいにく、この冬一番の冷え込みに見舞われ、かつ連続して上陸した台風の影響もあり、非常に厳しいフィールドコンディションの中、48組のボートが会場に集結。午前6時のミーティングのあと、選手のみなさんはスタートの合図と同時に、将監川や長門川の思い思いのエリアへと向かっていきました。

これまで約20年に渡って開催してきた「O.S.P T.Namiki Cup」は、ボートを持っていない方でもバスボートによるトーナメントを楽しんでもらおうと、ノンボーターでの応募も受け付け。TBC(利根川バスクラブ)に参加しているプロのみなさんのご協力もあり、これまで多くのアングラーに「バスボートによるトーナメントの楽しさ」を肌で感じてもらえたと自負しています。



そして今年から大きく趣向を変え、レンタルボートでのトーナメントとして実施。長門川スロープに用意されたレンタルボートにエレクトリックモーターのみ。これにペアで乗船して争われるという形式へと変更しました。

またサカナへのダメージも考慮して、写真によるウエイインにしたのも大きく変わった点。釣れたバスを規定のメジャー(当日の朝、お配りしました)に乗せて写真を撮影し、指定されたメールアドレスに随時お送りいただく、いわゆる「デジタルウエイイン」方式を採用。ペアでキャッチしたバス3匹の全長で順位が決まる、というのが今回からのレギュレーションです。



はじめての試みとあってスムースに事が運ぶのかどうか戸惑いを隠せませんでしたが、スタートから30分が経過したところで、それは杞憂に過ぎないことであったことが明らかになりました。

北寄りの風が吹いていた開始直後のこのタイミングを逃さなかった選手が、ブリッツMRで41cmのバスをキャッチしたようで、さっそく写真でウエイイン。これを皮切りに、次々とバスの写真を受信。決していいとはいえない状況の中、最終的には22匹のバスがウエイイン。中には早々にその日の傾向を掴み、3匹のリミットを達成したチームもいらっしゃいました。



帰着時間は13時。桟橋に戻ってきた選手のみなさんの、寒い中での疲労と同時にやりきった感があふれる表情を浮かべていたのが印象的でした。



そしていよいよ表彰式。今回は48組中、14組がウエイイン。6位まではウエイインしたのが1匹と、この日がいかに厳しかったかを物語る結果となりました。しかしながら6位の沢田さん・杉山さんチームは46.5cmの1匹で6位と同時にビッグフィッシュ賞も獲得。水深1mぐらいのブッシュの幹の根元にドライブクロー4インチの7gテキサスを撃ち込み、キャッチされたとのことでした。



では、今年からリニューアルされたO.S.P T.Namiki Cupにおいて、上位に入賞された方々を順にご紹介していきましょう。



まずは第5位。2匹で69cmを記録した中山さん・下条さんチーム。プラクティスでは長門川での手応えがイマイチだったため、将監川に的を絞り、ストレート系ワームのネコリグとダウンショットでそれぞれキャッチしたそうです。



第4位は柿沼さん・大野さんチームの2匹・70.5cm。こちらのチームも将監川をやりきったとのこと。冷え込んだため冬の釣りを意識し、スピンテールジグで水深1.4mほどのエリアを攻めて1匹。続いてオーバーライド1/4オンス(なんと、参加賞でお配りしたモノです!!)でもう1匹を追加。こちらは水深1.8mのエリアで手にした一匹だったそうです。



続いて第3位は3匹のリミットを揃え、101.5cmのスコアを叩き出した木川さん・鈴木さんチーム。こちらもプラクティスの結果から、長門川の状況が芳しくないと判断。将監川下流域の鉄パイプやカバーをドライブクローラー4.5インチのネコリグ、およびドライブクロー3インチのテキサスリグで撃ち、ノンキーパーも含めて4匹のバスをキャッチ。中には水深30cmほどのシャローで食ったバスもいたということでした。



準優勝は池田さん・三浦三チームの3匹・103.5cm。沖の沈みものを攻めるも反応を得られず、カバー撃ちにスイッチしたもののノンキーパーのみ。そこで再びクランクベイトをスピニングタックル+6ポンドラインで使うという作戦にスイッチし、40cmクラスをキャッチ。その後、今度はスピニングタックル+PE1.5号および2号をペアそれぞれで使い分け、ドライブクローラー3.5インチに1/16オンスのシンカーをインサートしたネコリグで2匹を追加した、とのことでした。



そして栄えある優勝は、3匹で114cmとダントツのスコアを記録した菅原さん・小嶋さんチーム。このチームも将監川をメインに、ブレイクの一段下にあるハードボトムを攻略。ドライブビーバー3.5インチ(アメザリ)のリーダーレスダウンショットリグ5gで44㎝と37cmの2匹を早々にキャッチした後、高比重ワームのノーシンカーで33㎝をキャッチしてリミットを達成。見事、表彰台の頂点に立ちました。



急な冷え込みで非常に厳しいコンディションに見舞われましたが、そんな中でもきっちりと結果を出したチームのみなさんに、参加された方々から惜しみない拍手が送られました。

これまで「並木カップは賞品が豪華」と評されてきましたが、今回もその例に漏れず。優勝チームには北総マリン様からご提供いただいたモーターガイド社のエレキとHONDEXのGPS付き魚探が贈られたほか、CASIO様からは先頃発売になったプロトレックのO.S.P T.Namikiモデルに「O.S.P T.Namiki Cup 2017 Winner」のプリントが施された超貴重なアイテムが菅原さん、小嶋さんそれぞれに贈呈されました。



表彰式のあとは、お楽しみのじゃんけん大会。ここでも豪華景品が用意され、白熱の勝負を展開。プロトレックや篠工房様からご協賛いただいたレンタルボート用のデッキなども並び、最高潮の盛り上がりの中、閉幕となりました。



今回のトーナメント出場が、長門川および将監川にはじめて来たというチームの姿もちらほら。これを機に、これからもぜひ遊びに来てほしい、とは北総マリン・新海社長の弁。今後は桟橋を拡張し、ボートの総数も増えるそうです。



また並木敏成からも、「今回は厳しいタイミングではあったものの、ここはさまざまなシチュエーションがあり、本当に楽しいフィールド。これからも釣りに来てほしい。と同時に、このスタイルでのトーナメントを継続していきたいので、今後に期待してほしい」という旨のコメントが贈られました。



2017年のO.S.P T.Namiki Cupは応募総数が120を超える狭き門となりました。来年以降も応募数が定員を超える場合は抽選となりますが、興味がある方はぜひ、ご応募いただければと思います。



最後に、今回の開催にあたりましてご協賛いただきましたメーカー各社様に、この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。

協賛メーカー(順不同):カシオ計算機様 モーターガイド様 グローブライド様 SLP WORKS様 サンライン様 ハヤブサ様 本多電子様 富士工業様 キサカ様 ルーディーズ様 篠工房様 北総マリン様

O.S.Pバスフィッシングマスタークラス2017レポート

2017.11.15
DSC_0452_R

ご報告が遅くなりましたが、11月3日(文化の日)に、今年で3回目となる「O.S.Pバスフィッシングマスタークラス」を開催しました。

このマスタークラスとはO.S.Pおよび並木敏成が、次代を担う若い世代のアングラーを育てたいという想いを具現化した「次世代育成アングラー育成プロジェクト」の一環。毎年たくさんのご応募をいただく中から、今年も抽選で33組の親子が茨城県・潮来マリーナ内の管理釣り場「富士見池」に集まりました。

DSC_0284_R

諸説ありますが11月3日は「晴れの特異日」と言われております。つまり、晴れる確率が高い日なのですが、イベント当日は朝まで雨が残るという状況。しかしこの雨も受付時には上がり、時間を追うごとに天候は回復。午後には日差しも出て秋晴れどころか、汗ばむほどの陽気に恵まれました。

当日、マスターとして富士見池に参加したのは、並木敏成をはじめとするO.S.Pプロスタッフの面々。中にはこのイベントで未来あるキッズアングラーと触れ合えるのを楽しみにしている、というメンバーも。

DSC_0280_R

そして今年もMCは晴山由梨さんが担当。晴山さんもたくさんのキッズアングラーと会話することができ、楽しむことができましたというコメントをいただきました。

イベントは例年通り、まずはレクチャーからスタート。ソフトベイトタイム、ハードベイトタイム、そしてフリータイムと、それぞれ60分の時間をとってじっくりレクチャー。

申し込み時のアンケート「マスターに聞きたいこと」に書かれていた疑問、質問を、各プロスタッフが解消! キャスティングの基礎はもちろん、ルアーセレクトやアクションのつけ方、中には「バスプロになるために勉強しておいたほうがいい科目」という」質問もありましたが、そこは経験豊かなO.S.Pプロスタッフ。丁寧に解説し、それに対して真剣に聞き入るキッズアングラーの姿が印象的でした。

DSC_0289_R DSC_0290_R DSC_0292_R DSC_0300_R DSC_0301_R DSC_0302_R DSC_0303_R DSC_0304_R DSC_0305_R DSC_0306_R

DSC_0311_R DSC_0312_R DSC_0313_R DSC_0314_R DSC_0317_R DSC_0318_R DSC_0320_R DSC_0323_R DSC_0329_R DSC_0331_R

DSC_0344_R DSC_0348_R DSC_0350_R DSC_0353_R DSC_0354_R DSC_0356_R DSC_0358_R DSC_0360_R DSC_0362_R DSC_0363_R

DSC_0391_R DSC_0382_R DSC_0381_R DSC_0379_R DSC_0377_R DSC_0374_R DSC_0370_R DSC_0367_R DSC_0366_R

お昼は今年から趣向を変えて、潮来マリーナ内の食堂の名物、カレーライスをみんなで一緒に食べました。からあげと2個と、潮来マリーナ様のご厚意で提供していただいた豚汁まであり、ボリューム満点! 午前中のレクチャーでそうとうお腹が空いていたのでしょうか。中にはカレーライスをお替りするキッズの姿も見受けられました。

また、並木敏成の隣に座って一緒にごはんを食べられたのがうれしかった、というキッズも。そうです、マスタークラスではマスターと一緒に座ってランチタイムが好評なのです。釣りはもちろんいろんな会話をすることで、普段見ることができないO.S.Pプロスタッフの素顔が見えた方もいるのでは……?

DSC_0393_R DSC_0394_R DSC_0396_R DSC_0398_R

ボリューム満点のランチで空腹を満たした後は、いよいよトーナメントタイム。午前のレクチャータイムで教わったことを実践するときです。果たして、その成果を発揮することができるでしょうか。

トーナメントタイムに入る前にマスターからワンポイントレッスンも受けて、準備万端。くじ引きによって自分の番号が呼ばれると、意気揚々と目的のポイントに向かいます。

イベント前に台風が立て続けにきたことで水温が安定せず、決して簡単ではなかった当日の富士見池ですが、それでも午前中に受けたレクチャーの成果か、そこかしこで歓声が上がります。レクチャータイムではお子様と一緒になってマスターのアドバイスを聞いていたお父さん、お母さんも、トーナメントタイムでは真剣に一匹を狙います。中には自分の釣りに夢中になっていたお父さん、お母さんの姿もあったとか、なかったとか…

DSC_0421_R DSC_0419_R DSC_0418_R DSC_0416_R DSC_0414_R DSC_0412_R DSC_0410_R DSC_0408_R DSC_0405_R DSC_0403_R

DSC_0424_R DSC_0426_R DSC_0428_R DSC_0429_R DSC_0430_R DSC_0433_R DSC_0434_R DSC_0437_R DSC_0438_R

トーナメントタイム中には、速掛け選手権「マシンガン・キャッチ」も開催。制限時間内(15分)に、O.S.Pプロスタッフの安達真秀、大塚高志、木村翔太より先にバスをキャッチした人にはプレゼントという企画なのですが、これがまた非常に盛り上がりました。プロよりも先にバスを手にして鼻高々のキッズ。その反面、制限時間内にバスを手にすることができず、罰ゲームとなってしまった大塚高志(表彰式前にデスソース入りの激辛柿の種を一気食い!!)。悲喜こもごも、和気あいあいの中、マシンガン・キャッチは終了しました。

さて、いよいよ表彰式。

ペアで釣った1匹の長寸で競われるのですが、今年は異例の事態が‼ なんと10位から6位までが同スコアという結果に。「同じバスが5回も釣られたのかな」という並木のコメントに、キッズアングラーからは大きな笑いが起きていました。

このあと、豪華賞品が当たる抽選会、そしてご協賛いただいたお菓子の詰め合わせをかけてのじゃんけん大会と、最後まで大盛況のうちに閉幕。イベント後に「最高の一日になりました」というお礼のメールを参加者の方から送られてきたのですが、そういった感想をいただけることが私どもの励みとなります。

DSC_0447_R

今後もO.S.Pバスフィッシングマスタークラスは継続していくつもりです。お子様に釣りを教えたい、お子様と釣りを楽しみたいというみなさまのご参加をお待ちしております!

最後に今回のO.S.Pバスフィッシングマスタークラス開催にあたりご協賛をいただきましたみなさまに、この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。

DSC_0452_R

ご協賛企業一覧(順不同):DAIWA・サンライン・ハヤブサ・CLT・ライズファクトリー・BFC・新倉製作所・潮来マリーナ

11/12(日) 北九州市ポイント八幡本店様にて並木トークライブ開催!!

2017.11.01
来る11月12日(日)14時より、ポイント八幡本店Lure Stadium様におきまして、並木敏成のトークライブが開催されます。

当日は14時よりイベントを開始。並木敏成のトークのあとは、抽選会やじゃんけん大会などが予定されています。

また当日はイベント開催時にしか手に入らない限定のタイニーブリッツMR(サラマンダー/ラトリンモデル)や、O.S.Pキャップ(Cレッド)の販売も行われます。

「久しぶりの九州でのイベントとあって、非常に楽しみにしている。当日はマシンガントークをキメたいね。そしてみなさんからの質問攻めにも期待しているよ!!」by T.Namiki

rft

詳しくはポイント八幡本店Lure Stadium様のホームページをご確認ください。

たくさんのみなさまのご来店をお待ちしています!

11/3 キャスティング八王子「バス祭り」にO.S.Pブース出展!!

2017.10.26
tpc42576-main

11月3日(金)、キャスティング八王子店にて開催される「八王子バス祭り」にO.S.Pブースが出展致します。

ブースにはO.S.Pプロスタッフ折金一樹と寺沢庸二が皆様のお越しをお待ちしております。亀山ダムをはじめ相模湖など様々なフィールドでの釣り方を直接聞けるチャンスです。ぜひお気軽にお声掛けください。またO.S.Pイベント限定アイテムの販売も行っておりますので、ぜひこの機会にお求めください。

sxz

O.S.Pブースに隣接するカシオ計算機様のブースでは、11月上旬発売となるプロトレック 並木リミテッドモデルの展示&受注会も行っておりますので、こちらもぜひご覧ください!

b-4

皆様のご来場お待ちしております!

イベントの開催時間や詳細は、キャスティング八王子店様のサイトにてご確認ください。
http://castingnet.jp/shop/shop.php?s=47

下北山村キッズバスフッシングスクールin七色ダム

2017.10.13
10月7日(土)8日(日)の二日間、奈良県の七色ダムにて、下北山村ダム湖活用実行委員会主催、O.S.P協力によるイベント「下北山村キッズバスフッシングスクールin七色ダム」が開催されました。

このイベントは、バスフィッシングの聖地と言われる池原ダム、七色ダムを擁する下北山村とO.S.Pが、未来のバスフィッシングを担うキッズたちにバスフィッシングおよび下北山村のすばらしさを伝え、かつバスフィッシングに対する基礎知識を深めてもらうことを目的に開催されました。

イベント初日の土曜日、会場となったレンタルボート店「バッシングロード」に全国各地から続々と参加者のみなさんが到着。抽選により選ばれた総勢18組の親子にご参加いただきました(レンタルボートの台数の都合上、今回は20組(うち、2組がキャンセル)が選ばれました)。

参加者のみなさんにレクチャーする講師陣はO.S.P代表の並木敏成をはじめ、開催地である下北山村を拠点とし、JB TOP50で活躍するO.S.Pプロスタッフ山岡計文、カスミ水系を代表するトップトーナメンター橋本卓哉、琵琶湖プロガイドとして活躍する三宅貴浩という、そうそうたる顔ぶれ。

DSC_9446_R DSC_9465_R DSC_9597_R

開会式に続き、さっそくレクチャーがスタート。まずは並木敏成によるキャスティングの基礎テクニック講座。スピニングとベイトタックルによるキャストの実践レクチャーには、キッズはもとよりお父さん、お母さんも真剣に聞き入っていました。

DSC_9470_R DSC_9499_R DSC_9516_R

その後はキッズたちのキャスト練習。並木のキャスティングを参考にしながら、みんな黙々とキャストを続ける姿が印象的でした。

DSC_9522_R DSC_9540_R DSC_9542_R DSC_9549_R DSC_9552_R DSC_9555_R

続いては三宅貴浩によるラインの結び方講座。三宅のわかりやすい解説に、キッズたちも次々と結び方をマスターしていきました。逆にお父さん、お母さんが苦戦しているチームもちらほら…

DSC_9562_R DSC_9566_R DSC_9572_R DSC_9574_R

最後は橋本卓哉によるレンタルボートの基礎知識講座。ボートの乗り方から船外機の操作方法、そして万が一落水したときはどうやってボートに上がるべきかなど、いずれも実践で役に立つ知識をレクチャーしました。

DSC_9582_R DSC_9590_R DSC_9593_R

夜は「しもきたやま きなりの郷」にて懇親会のバーベキューパーティーを開催。下北山村特産の猪肉、鹿肉も登場する豪華なバーベキューを満喫! 並木をはじめO.S.Pプロスタッフも参加されたみなさんのテーブルに加わり、大いに盛り上がり、初日は幕を閉じました。

DSC_9613_R DSC_9615_R DSC_9616_R DSC_9617_R DSC_9618_R DSC_9619_R DSC_9620_R DSC_9621_R DSC_9622_R DSC_9623_R DSC_9624_R

日曜日は参加者待望のボートによるプチトーナメントです。山岡計文からレギュレーションの説明を受けたあと、みなさんボートに乗り込んで出船!! 中にはエンジンがうまくかからず、湖上でプロスタッフのレクチャーを受けるシーンもありましたが、無事に全員がスタート。

DSC_9632_R DSC_9640_R DSC_9641_R DSC_9688_R

また釣り大会と平行して並木&山岡によるバスボート体験を開催。人生初という方も多かったようで、パワフルなバスボートの走行を体験し、笑顔のキッズたち。はたしてこのなかから何人がバスボートのオーナーになるのでしょうか?

DSC_9650_R DSC_9660_R DSC_9668_R DSC_9686_R DSC_9694_R DSC_9801_R

O.S.Pプロスタッフも参加者に声を掛けながらレンタルボートで実釣を開始。はじめは講師モードでみなさんにレクチャーしているものの、徐々にヒートアップし本気モードに突入! さすがはプロの面々、パターンを掴んだようでナイスなバスをキャッチしていました。

DSC_9807_R DSC_9728_R

プチトーナメントの後は昼食タイム。下北山村のみなさまに特製のお食事をご用意していただきました。郷土料理の「めはり寿司」をはじめ猪肉&鹿肉カレーや猪汁など、下北山村でしか味わえない料理に大人も子供も大満足でした。

DSC_9848_R DSC_9852_R DSC_9854_R DSC_9846_R DSC_9850_R

食事の後はいよいよトーナメントの結果発表。タフなコンディションの中、がんばってバスをキャッチしてきたキッズたちに盛大な拍手が送られていました。3位は31cmの同サイズで2組。南ファミリーと西出ファミリーが入賞。準優勝はお父さんが31.5cmをキャッチした田端ファミリー。優勝はなんとお子さんが32cmをキャッチした伊藤ファミリーでした。

DSC_9861_R DSC_9866_R DSC_9872_R DSC_9876_R

七色ダムにて開催されたキッズバスフッシングスクールもいよいよフィナーレ。自然豊かな下北山村で、キャストやボートの基礎知識を学び、釣りの楽しさを体験したキッズたちが、よりバスフィッシングを好きになってくれることを祈っております。イベントを主催された下北山村のみなさま、ありがとうございました!

DSC_9908_R

追伸:
今回のイベントにはO.S.P開発スタッフの麻生雅之も同行。イベントの翌日に七色ダムでプロトルアーの実釣テストをおこなったところ、なんとロクマルをキャッチ! 麻生のコメントはこちらです。

今回、七色ダムにていろいろなアイテムのテストを行いました。日頃行く関東のフィールドとは状況がまったく異なり、バスの反応も違うのでいいテストができました。

そのなかでも、今年の新製品「HPミノー」の大きいサイズのプロトモデルでなんとロクマル(口閉じ58cmです)をキャッチすることができました!

今発売されているのは3.1インチですが、今回テストしたプロトモデルは約5インチ。

バスは見えていなかったのですが、おそらくいるであろう桟橋に向かってキャストし、ラインを弛ませながらI字で泳がせつつフォールさせると、桟橋の下から出てきた魚がそのままバイト!

七色ダムのテストでは、ルアーの目の前まで魚がスッと寄って来てピタッと止まり食わないパターンが多かったのですが、このプロトモデルにはしっかりバイトしました。

かなりいい反応が得られたので、これからもっと完成度を高めていきたいと思います。どうぞお楽しみに!

DSC_9949_R

1 / 712345...最後 »