O.S.P,Inc.

Hottopics最新情報

トップページ最新情報 > インフォメーション

若い世代にボートで釣ることの楽しさを知ってもらいたい企画「少年よ、ボートで繰り出せ!!」が、再開となります。

2015.06.08
okok

O.S.Pの公式フェイスブックページに関しまして

2015.05.07
日頃よりO.S.Pホームページをご覧頂きまして誠に有り難うございます。

現在O.S.Pではホームページとともにフェイスブックページの充実化に取り組んでおります。

各フィールド、各製品と多岐にわたる「コア」な情報を公式フェイスブックページで紹介させて頂いております。

例えば・・・契約プロスタッフによるリアルタイムな釣果情報(フィールドや釣れているルアーの情報)や、製品の新色などは開発担当が1色ずつその色について解説させて頂いております。

2

1 またホームページにおきましても引き続き、フェイスブックページとは異なりますルアーのハウツー要素を盛込んだ契約プロスタッフの釣行レポート「プロスタッフレポート」や、トーナメント等でO.S.Pルアーが活躍した際の「今週のグッジョブ」など、多くの皆様に有益な情報を随時更新してまいります。

是非ともホームページと併せまして、フェイスブックページもご覧頂けましたら幸いです。

今後ともO.S.Pを宜しくお願い申し上げます。

O.S.P公式フェイスブックページ O.S.P Lurefishing
(※フェイスブックでの個人情報のお取り扱いに関しましては、弊社は関与しておりませんことを予めご了承下さい。フェイスブック利用規約をご理解・ご同意の上、ご利用頂けますようお願い申し上げます。)

2014年FanPhoto賞発表!!

2015.04.23
2014年は弊社のFanPhotoへ多くの写真を投稿いただきまして誠にありがとうございました。FanPhotoではブラックバスのみならず、O.S.Pルアーで釣ることができた魚を魚種問わずご投稿頂けます。毎年恒例のFanPhoto賞ですが今回も様々な賞を設けさせて頂きました。大賞を始め、並木賞、ユーモア賞、インターナショナル賞、レディース賞、ジュニア賞、ソルト賞、そして新たに並木のマネージャーであるG+が選ぶG+賞。それでは2014年FanPhoto賞を発表させて頂きます。

※各賞に選ばれました皆様へ→ご連絡がつき次第、弊社より随時賞品を発送させていただきます。お手数ではございますが確認のため、お名前、住所、お電話番号を下記アドレスまでお知らせください。またその際に件名を「FanPhoto受賞」とし、受賞された写真を再度ご添付頂けますようお願い申し上げます。
アドレス:event@o-s-p.net

■並木敏成が見た2014年総括
年々、O.S.P公式サイトへのアクセスにしても、FanPhotoへの投稿にしても、うなぎのぼりで増えているのには、本当に感謝しています。今年もFanPhotoにたくさんのご投稿をいただき、ありがとうございました。また昨年は、新加入のスタッフ、ニックネーム:G+(ジータス)の発案によって、勝手に制定した「9月20日はO.S.Pの日(920を裏返しに見るとOSPに見えることから)」のイベントへのご応募もたくさんいただきました。このイベントは今年も開催予定ですのでお楽しみに(平日であることが懸念されますが…)。投稿に関しては、今年は特に本格的なボートアングラーから、おかっぱりまで幅広く、そして老若男女問わず、さらにフィールドもビッグレイクから野池まで、さまざまなスタイルでバスフィッシングを楽しまれていることが十分伝わりました。今年もたくさんのご応募をお待ちしています!”WeloveFishing!!”

■大賞1名(グローブライド株式会社様よりご協賛頂きました)
<並木敏成コメント>
今年の大賞は、2週連続で50cmアップをキャッチしたという、TAKUMI君を選ばせていただきました。ご自身の体の大きさに比べて、とても大きなバスを釣ったね。大人が70cmオーバーを釣り上げた感覚に違いないね。だからかな、いい表情をしているね!! 最高のスマイルだよ‼ 後ろに見えるのはお父さんかな。親子で楽しそうだね。船に乗るときは絶対のライフジャケットもしっかり着ているし、通常のバス持ちだけでなく、「ハトヤ持ち(わかるかな?)」もサマになっているね。なるべく魚体は傷つけないように、手を濡らしてから優しく持とうね。

お名前/TAKUMI
ルアー/Dolive Shad
フィールド/米泉湖
日時/14/10/11
大賞_141011_TAKUMI

お名前/TAKUMI
ルアー/HP Shadtail
フィールド/中国地方その他
日時/14/10/19
大賞_141019_TAKUMI

大賞_01

大賞_02_OK

■並木賞
<並木敏成コメント>
津久井湖で59cmというこのサイズは極めてレアだし、そのファットなコンディションもまたすごい!なおかつブリッツマックスのコスモブラック(黒)という、強波動かつシルエットがはっきり出るカラーというせレクトがナイス(しかも、ラトルの入ったラトリンブリッツMAXかな?)。津久井湖のような首都圏からほど近い、ハイプレッシャーリザーバーにおいても、赤潮やアオコで濁った水域やローライトコンディション下では、このような強い攻めが有効になることも多々ある。というパターン化されたバス釣りのゲーム性の高さを証明してくれた一匹だ。実は自分もこの数日前に、津久井湖へ行っていた。サンライン・バスファンカップin津久井湖に参加しており、本湖(クリアウォーターセクション)でオーバーライド3/8ozにて、52cmのバスをキャッチしたんだけど、(濁りのある)上流エリアにも食わせるのは難しいけど、いいバスがいたことを確認していたんだ。そのバスをキャッチされたんですね。お見事です‼︎

お名前/ダイカイ
ルアー/BLITZ MAX
フィールド/津久井湖
日時/14/09/01
並木賞_140901_ダイカイ

<賞品のPROTREKについて(PROTREK & O.S.Pリミテッド PRW-6000Y-1JF)>
釣りに必要な機能をフル活用して、フィールドで活躍させるもヨシ。もしくはファッションの一部として装着し、タウンユースするもヨシ。それぐらいいけているのがこのPROTREKだ。今回、TAKUMI君に贈るのは、世の中に10個しかないO.S.Pロゴがプリントされた貴重なスペシャルモデル。この時計を腕に釣りをすれば、もうバスには逃げられない!よね!?
並木賞_01_ok 並木賞_02_ok

■ユーモア賞
<並木敏成コメント>
Tatsuyang君、いつもたくさんの投稿をありがとう。マジモードなストイックなものから微笑ましいものまで幅広く、バスフィッシングに対する愛情がうかがえます。中国地方を盛り上げてくれているようだね。今回の写真も最高!グッドサイズなバスもさることながら、まわりの子供たちも楽しそう。ここにいるみんなを立派なアングラーに育て上げてくださいね。そしてフィッシングショーでもいつもありがとう。これからもよろしく!

お名前/Tatsuyang
ルアー/Dolive Crawler
フィールド/中国地方その他
日時/14/03/23
ユーモア賞_140323_Tatsuyoung
ユーモア賞_ok ■インターナショナル賞
<並木敏成コメント>
NiceFishですね!遠い異国の地からのご投稿、ありがとうございます。キレイかつ、すばしっこそうな魚体の一匹をバズでキャッチするなんて、さぞかしエキサイティングだったことでしょう!!02ビートはとにかく音がデカいバズです。これでさまざまなサカナの威嚇バイトを取ってください!!

お名前/Yuan
ルアー/O.S.P BUZZ ZERO TWO “BEAT”
フィールド/海外など
日時/14/03/06
海外賞_140306_Yuan
インターナショナル賞_ok

■ソルト賞
<並木敏成コメント>
こちらは立派なマダイ(ですよね?)を、なんとパワーダンクでキャッチするという意外な組み合わせに脱帽です。めちゃくちゃ引いたんじゃないでしょうか?こうして見るとマダイの顔が人の顔に見えてきて、愛らしく思えます……人面マダイか!?

お名前/稲垣
ルアー/POWER DUNK57F
フィールド/海外など
日時/14/05/05
ソルト賞_01_140505_稲垣

<並木敏成コメント>
ルドラ(全長130mm)でナイスなヒラメをキャッチしてくれましたね!去年はアシュラ(全長92.5mm)でヒラメを釣ってくれた方もいたけれど、今年はルドラで!!詳しいことは言えないけれど、ヒラメは目立つカラーがいいと聞いたことがあります。だからクロキンなのかな?ちなみに知らない人のために書いておくと「左ヒラメ、右カレイ」といわれており(特例もあるけれど)、目を上に置いた時、左向きになるのがヒラメで、右向きがカレイというわけ。覚えておくとためになる、豆知識でした。

お名前/釣れないCLUB
ルアー/ASURA O.S.P RUDRA 130 F
フィールド/東北地方
日時/14/11/25
ソルト賞_02_141125_釣れないCLUB

salt ■レディス賞
<並木敏成コメント>
とてもキマってますね!日焼け対策もバッチリ。そして亀山ダムでベイトタックル、しかもブリッツMRのクランキングでナイスナバスをキャッチ。亀山といえばいつでもアングラーで賑わっていて、まわりにはボートがたくさんいたのでは?そんな中で注目を集め、輝いていたのではないですか!?

お名前/Rmc
ルアー/BLITZ MR
フィールド/亀山湖
日時/14/08/19
レディス賞_02_140819_Rmc

<並木敏成コメント>
一方、こちらは気軽なスタイルでエンジョイバッシング!ですね。バスもマイラーミノーも、そしてさわやかなスマイルもいいね!!これからも釣りをもっともっと楽しんでください。

お名前/流風
ルアー/Mylarminnow
フィールド/関東地方その他
日時/14/07/12
レディス賞_01_170412_流風
レディス賞_ok

■ジュニア賞 6名
<並木敏成コメント>
いやー、今年もジュニアたちのバス持ちの決めポーズ&最高のスマイルをありがとう。自分がはじめてサカナを釣ったのは9歳の時のダボハゼだったんだけど、釣りをしているときはとにかく夢中になれたね。みんなはその年齢ですでにバスをキャッチしているのだから、スゴい!!釣りに行くたびに、テクニックに関する新たな発見があったり、自然の変化や恵みに気づいたりと、最高の「現場型理科の授業」じゃないかな。これからも安全に気をつけて、君たちの冒険心を満たしてほしいね。そして釣りをしたことがないお友達には、ぜひその魅力を教えてあげよう!

お名前/りょうき6歳
ルアー/Dolive Crawler
フィールド/九州地方その他
日時/14/05/05
ジュニア賞_01_140505_りょうき

お名前/ちびっ子ギャング
ルアー/Dolive Stick ダウンショット
フィールド/近畿地方その他
日時/14/06/29
ジュニア賞_02_140629_ちびっ子ギャング

お名前/やまタンJr.
ルアー/Dolive Craw
フィールド/印旛沼
日時/14/07/29
ジュニア賞_03_140729_やまタンJr

お名前/加藤 蓮
ルアー/BLITZ
フィールド/印旛沼
日時/14/07/05
ジュニア賞_04_140705_加藤蓮

お名前/Yutaニャン
ルアー/Dolive Crawler
フィールド/中部地方その他
日時/14/08/07
ジュニア賞_05_140807_Yutaニャン

お名前/徳右衛門・Jr
ルアー/HP Shadtail
フィールド/印旛沼
日時/14/10/26
ジュニア賞_06_141026_徳右衛門Jr
ジュニア賞_ok ■G+賞
<スタッフG+コメント>
FanPhotoだけでなくFacebookページにも、いつもご投稿をいただいている井口直子さんへ特別に、ワタクシ、スタッフG+より厳選のアイテムをお送りいたします。いつもコメントをありがとうございます。並木敏成のストーカーとのことですが、これからも追っかけをよろしくお願いします!次にお会いできるのは、来年のフィッシングショーでしょうか…?

お名前/井口直子
ルアー/Dolive Shad
フィールド/琵琶湖
日時/14/07/12
G+賞_140712_井口直子
G+賞_ok

3/2(月)12:00〜より内外出版社LureMagazineの200号カウントダウン企画、「ルアーマガジン×O.S.Pのタイニーブリッツスペシャルコラボカラー」が、NAIGAI-SHOP(ネットショップ)にて購入受け付けがスタートとなります。

2015.03.02
3/2(月)12:00〜より内外出版社LureMagazineの200号カウントダウン企画、「ルアーマガジン×O.S.Pのタイニーブリッツスペシャルコラボカラー」が、NAIGAI-SHOP(ネットショップ)にて購入受け付けがスタートとなります。

カラーは限定仕様のLMクラウンとLMピンクの2色!!

詳細はこちらをご覧下さい。

koukaiyou

2

霞ヶ浦水系をメインにガイドを行っているプロアングラー橋本卓哉が、低水温期の霞ヶ浦でハイカットを実釣解説!!

2015.02.16
霞ヶ浦水系をメインにガイドを行っているプロアングラー橋本卓哉が、低水温期の霞ヶ浦でハイカットを実釣解説!!

バスの反応が鈍くなる低水温期に欠かせないシャッドゲームでも、特に同氏の主戦力となる「ハイカット」に的を絞りタックルバランス、アクション、テクニック、ルアーローテーション術等、プロガイドならではの解説が満載!!

価格改定のお知らせ

2015.02.04
日頃より弊社製品をご贔屓賜りまして誠に有り難うございます。

この度、弊社では2015年4月1日以降より一部現行品の販売価格を改定させて頂く運びとなりましたので、ここにお知らせいたします。

これまで、下記アイテムに関しましては利幅を抑えた価格設定の中で、原材料費高騰・海外工場人件費上昇などは諸経費の削減により吸収に努めてまいりました。

しかし、昨今の円安の進行、並びに度重なる原材料の値上がりにより自助努力での吸収が困難となり、誠に不本意ではございますが販売価格を改定させて頂くことといたしました。

大変ご迷惑をおかけ致しますが、何卒諸事情をご賢察のうえ、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。


【ワイヤーベイト】
■ハイピッチャー(1/4oz,5/16oz,3/8oz,1/2oz,5/8ozDW&TW全ラインナップ)
旧価格¥1,000→新価格¥1,050

■ハイピッチャー エコモデル(1/4oz,3/8oz,1/2ozDW&TW全ラインナップ)
旧価格¥1,200→新価格¥1,250


【ジグ】
■O.S.Pジグ04シンクロ(1.2g,1.8g,2.4g,3.5g,5.0g全ウェイト)
旧価格¥450→新価格¥480

■O.S.Pジグ01 ファインラバー(5g,7g,9g,11g,14g全ウェイト)
旧価格¥470→新価格¥500

■O.S.Pジグ01 シリコンラバー(5g,7g,9g,11g,14g全ウェイト)
旧価格¥550→新価格¥580

■O.S.Pジグ01ストロング(11g,14g,21g全ウェイト)
旧価格¥700→新価格¥740

■O.S.Pジグ03ハンツファインラバー(3.5g,5g,7g,9g,11g,14g全ウェイト)
旧価格¥470→新価格¥500

■O.S.Pジグ03ハンツシリコンラバー(3.5g,5g,7g,9g,11g,14g)
旧価格¥550→新価格¥580

■O.S.Pジグ03ハンツシリコンラバー(17.5g,21g)
旧価格¥550→新価格¥650


【ソフトルアー】
■アクショントレーラー
旧価格¥560→新価格¥600

新年のご挨拶

2015.01.01
明けまして、おめでとうございます。

旧年中は格別のお引き立てを賜り厚くお礼申し上げます。

本年も変わらぬご支援の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

平成27年元旦
代表取締役 並木敏成 社員一同

環境省がパブリックコメントを募集しております。(〆切は2015年1月11日まで)

2014.12.26
環境省、農林水産省及び国土交通省では、国内での更なる外来種対策の方針を定めるため、下記の2つの案を作成しました。その案に対し、その妥当性を広く国民の皆様から意見を募るため平成26年12月12日(金)〜平成27年1月11日(日)の期間にてパブリックコメントを募集しております。

【パブリックコメント募集】
「外来種被害防止行動計画(案)」
「我が国の生態系等に被害を及ぼすおそれのある外来種リスト(案)」

【意見提出様式】
■外来種被害防止行動計画(案)に対する意見の意見提出様式
・件名は外来種被害防止行動計画(案)に対する意見
・宛先は環境省自然環境局野生生物課外来生物対策室あて
・氏名(企業・団体の場合は、企業・団体名、部署名及び担当者名)
・郵便番号、住所、電話番号、FAX番号
・意見については1,2,3,を明記
1,該当箇所(案の◯ページ◯行目、もしくはイラスト◯と意見個所を分かる様に明記してください。)
2,意見の内容
3,理由
※1枚の紙に複数のご意見を記入する際は、1,〜3,を繰り返し明記してください。

■我が国の生態系等に被害を及ぼすおそれのある外来種リスト(案)に対する意見の意見提出様式
環境省ホームページより専用フォーマットがダウンロード出来ます。
ダウンロード先はこちらとなります。
下記事項を必ず明記して下さい。
・氏名(企業・団体の場合は、企業・団体名、部署名及び担当者名)
・住所
・電話番号またはメールアドレス
・意見(意見ごとに下記事項を記載)
1,該当箇所(資料1、資料2-1、資料2-2、からいずれかを明記。ほ乳類、鳥類、は虫類、両生類、魚類、昆虫類、陸生節足動物、その他の無脊椎動物、植物、からいずれかの分類群を明記[個別の種の場合はNo.と種名を明記]。資料1の場合は後述のどの項目に該当するか明記→項目:カテゴリ、和名、学名、特に問題となる地域や環境(※植物のみ)、選定理由、定着段階、対策優先度の案件、備考、よりいずれかを選び明記。)
2,意見の内容
3,理由

【パブリックコメント提出方法】
パブリックコメントは郵送、FAX、電子メールのいずれかの方法で提出が可能となります。
◯郵送
〒100-8975東京都千代田区霞が関1-2-2
環境省自然環境局野生生物課外来生物対策室
※意見提出様式に従いA4サイズの用紙に記入し提出。
※封筒に赤字で、意見する案に応じて「外来種被害防止行動計画(案)への意見」、「我が国の生態系等に被害を及ぼすおそれのある外来種リスト(案)への意見」と記載してください。
◯FAX
宛先のFAX番号:03-3581-7090
※意見提出様式に従いA4サイズの用紙に記入し提出。
※件名に意見する案に応じて「外来種被害防止行動計画(案)への意見」、「我が国の生態系等に被害を及ぼすおそれのある外来種リスト(案)への意見」と記載してください。
※締切間際は回線が混み合うとのことで、あらかじめ余裕を持ってお送りいただくことをお勧め致します。回線がつながりにくい場合は郵送あるいは電子メールにてお送りいただくことをお勧め致します。
◯電子メール
宛先の電子メールアドレス:shizen_yasei@env.go.jp
※意見提出様式の項目に従い、メール本文にテキスト形式で記載し、送付してください。(添付ファイルやURLへの直接リンクによる御意見は受理されませんのでご注意下さい。)
※件名に意見する案に応じて「外来種被害防止行動計画(案)への意見」、「我が国の生態系等に被害を及ぼすおそれのある外来種リスト(案)への意見」と記載してください。
※氏名・連絡先は必ず本文中に記載してください。

【問い合せ先】
環境省自然環境局野生生物課外来生物対策室
電話:03-5521-8344
ホームページhttp://www.env.go.jp/press/

前代未聞のコラボ企画「depsまっつんのガチ釣りReturns」VS「つきぬけろ!オリキンりべんじ」の前編が公開!!

2014.12.24
前代未聞のコラボ企画が実現!!

deps(デプス)の実釣動画番組「まっつんのガチ釣りReturns」で活躍中のデプスプロスタッフ松下雅幸氏と、「つきぬけろ!オリキンりべんじ」でおなじみのO.S.Pプロスタッフ折金一樹のガチンコバトル企画が実現!!

舞台は2014年秋の亀山湖。

房総リザーバーをホームレイクとする折金氏に対して、琵琶湖・長良川をメインに全国のフィールドで活動している松下氏。

開催が一時危ぶまれた荒れた天候の亀山湖で両者がどのような戦略で攻略して行くのか・・・・。

depsホームページでは「まっつんのガチ釣りReturns」にて、そしてO.S.Pホームページでは「つきぬけろ!オリキンリベンジ〜前代未聞のコラボ企画 in秋の亀山湖〜」で、それぞれのアングラーの実釣の様子をドキュメントテイストで前編と後編に分けて公開!!

特別企画として盛込まれた変則ルールも導入され、そして敗者にはもちろん罰ゲームも・・・・

どうぞお楽しみ下さい。

→後編は2015年1月公開予定!!



Profile:デプスプロスタッフ松下雅幸氏
バスフィッシング・ガイドサービスMBLOWを展開。琵琶湖でガイド業を営みながら、ホームフィールド長良川をはじめとし全国各地のフィールドで活躍し、利根川を舞台にトーナメントを開催しているTBCではclass-1部門2012年第1戦で優勝を果たす。depsWEBにて「まっつんのガチ釣りReturn」が好評放送中!!
photo

O.S.Pプロスタッフ小田圭太による、晩秋〜初冬の野池でのオーバーライド実釣&解説映像を公開!!

2014.12.12

4 / 512345