O.S.P,Inc.

Hottopics最新情報

トップページ最新情報 > メディア情報

O.S.P契約プロスタッフの登場メディアをご紹介します

2018.09.26
≪並木敏成≫

■メディア名/つり人社「並木敏成のThis is バスルアー」
つり人社様より並木著書「並木敏成のThis isバスルアー 18ジャンルの使いこなしマニュアル」が発売されます。キミのルアーセレクト、本当にそれでOK?バスフィッシングに用いられるルアー、全18ジャンルを徹底解説。あなたのルアーセレクトはココが間違っている!?日本のフィールドに必要なのはフィネスだけなのか!?バスフィッシングの頂点を見た男・並木敏成が解説する、21世紀のルアー教書の決定版です!

■メディア名/つり人社「バサー11月号」
クランク特集に登場。2004年に登場し、日本のアングラーの認識を一変させたクランクベイト「ブリッツ」。まもなく15周年を迎えるブリッツ・シリーズの本質を開発者である並木が解き明かしています。ブリッツの構造からシリーズの使い分けまで詳しく解説しています。ぜひ本誌をご覧ください!

≪折金一樹≫

■メディア名/つり人社「バサー11月号」
H-1グランプリ2018の特集記事にて年間総合優勝を獲得したオリキンが登場。2016年のAOYに続き2度目となる年間優勝を獲得したオリキンのパターンが詳しく紹介されています。ぜひ本誌をご覧ください!

■メディア名/内外出版社『Lure Magazine Mobile』
コーナー名/「つきぬけろ!オリキン もばいる」・・・2016年のH-1グランプリA.O.Yを獲得し、いまや名実ともに関東屈指のロコトーナメンターとなったオリキン。「つきぬけろ!もばいる」ではそんな彼が十代のころより出場し続けている“トーナメント”をメインテーマに、試合のメインパターン、各地のフィールド解説、お得意のルアー改造ネタなどを紹介中!毎週金曜日更新!

≪山岡計文≫

■メディア名/名光通信社「週刊ルアーニュース」
池原&七色ダムを知り尽くしたリビングレジェンド、山岡による、七色ダムの状況とポイントなど、現場の生情報を掲載しています!

■メディア名/内外出版社『Lure Magazine Mobile』
コーナー名/「IKEHARAレジェンド」・・・地元七色・池原ダムのトーナメントにおける圧倒的な強さから付いた呼び名が“レジェンド”。そんな稀代のスーパーロコであり、JB TOP50シリーズを戦うトップトーナメンターでもある山岡プロが、老舗リザーバーを楽しむためのベーシックをわかりやすく解説中!!毎週水曜日更新!

≪浦川正則≫

■メディア名/内外出版社「ルアーマガジン11月号」
「絶対に釣りたいときの秘策を公開!達人たちの必釣三択」に登場。効率よく確実に釣るためのハードベイトゲームと題し、浦川がこの時期オススメRするO.S.Pルアーをご紹介しています。状況に応じたルアー3点はいずれも納得のいくチョイス!どんなセレクトなのかはぜひ本誌にてご確認ください。

≪橋本卓哉≫

■メディア名/つり人社「バサー11月号」
W.B.Sトーナメントの特集記事にて、年間総合優勝を獲得した橋本卓哉が登場。最終戦で活躍したドライブSSギルをはじめ、試合の様子を詳しく解説しています。ぜひご覧ください!

≪北田朋也≫

■メディア名/つり人社「バサー11月号」
クランクベイト特集に登場。霞水系のおかっぱりをメインに活躍する北田がクランクベイトを活かすためのリトリーブスピードについて言及しています。高速と低速、それぞれのメリットデメリットをどう使い分けアジャストしていくのか、ぜひ本誌をご覧ください。

≪鈴木隆之≫

■メディア名/内外出版社『Lure Magazine Mobile』
コーナー名/「T’s 裏磐梯ノート。」・・・2012、2014年とJB桧原湖年間チャンピオンを獲得! 現在はJBトップ50、JBマスターズシリーズで活躍中。無類の勝負好きで、豊富なトーナメント参戦経験を持つ鈴木プロが、毎週桧原湖スモールの攻略法を紹介!毎週火曜日更新!

≪三宅貴浩≫

■メディア名/名光通信社「週刊ルアーニュース」
布目ダムマスター三宅による、布目ダムの近状とポイント、おすすめルアーなど現場の生情報を掲載しています。

≪森田哲広≫

■メディア名/名光通信社「週刊ルアーニュース」
隔週連載、琵琶湖プロガイド森田哲広’Sダイアリー「デカバス三昧」にて、この時期琵琶湖にマッチしたO.S.Pルアーをご紹介。状況変化の目まぐるしい季節に対応するルアーチョイスは必見です!

≪山添大介≫

■メディア名/内外出版社『Lure Magazine Mobile』
コーナー名/「沼人生活のススメ」…印旛沼に誰よりも多く船を出し、その努力の甲斐あってNAB21やNBCなどの印旛沼トーナメントで数多くの優勝や年間タイトルを獲得してきた真の沼人。低水温期でも足繁くフィールドに通い、多数のビッグバスをキャッチするなどシーズンを問わない実力派ロコアングラーだ。そんな沼人、山添大介さんによる最新の印旛沼攻略情報を毎週金曜日にお届けしております!!

≪奥村哲史≫

■メディア名/内外出版社『Lure Magazine Mobile』
コーナー名/「週刊・船頭のつぶやき。」・・・奥村船頭が、日々のガイドからフィードバックされる、琵琶湖の最新釣果情報&旬なテクニックを詳細にレポート!毎週木曜日更新!

北田朋也のセッシュでフィッシュ#3 北田vsオリキン 肉バトルスペシャル!!

2018.09.25


「セッシュでフィッシュ」は、霞水系で活躍するプロスタッフ北田朋也が、釣った魚のウエイトで食事の量を決めるという恐ろしい?企画。第3回となる今回はなんとオリキンが参戦!勝ったほうが釣った総重量分の金額の肉を食べられるというスペシャルルールで対決します。

霞水系のオカッパリエリアを巡りながら、二人がアツい駆け引きを展開。さらには、様々な効力を発揮するボーナスカードも登場してヒートアップ!

はたして肉を食べられるのはどちらなのか?ぜひご覧ください!

【動画】必見!驚愕のナイスサイズ9連発+1 並木敏成

2018.09.20
サンライン様のYouTubeチャンネルにて、並木主演の動画「必見!驚愕のナイスサイズ9連発+1 並木敏成」が公開されています。

並木が訪れたのはボートの持ち込みができる九州では数少ないフィールド「大分県竹田市芹川ダム」。ブリッツMAX-DR、ドライブビーバー4インチ、ハイピッチャーMAX3/4oz TW、ブリッツMR、ラウダー50など巻きモノを中心に様々なO.S.Pルアーでグッドサイズをキャッチしています。終日晴天無風で「巻きモノは釣れない」と湖上に出ていた他のアングラー達は口を揃える状況のなか、数で10数匹、アベレージで43、44センチ、1本を除いて他はすべてに40アップというライトリグで釣っている人達よりも遙かに高い40アップ率という見応えある動画です。ぜひご覧ください!

並木著書「並木敏成のThis isバスルアー」つり人社様より9/27発売

2018.09.13


9月27日、つり人社様より並木著書「並木敏成のThis isバスルアー 18ジャンルの使いこなしマニュアル」が発売されます。

キミのルアーセレクト、本当にそれでOK?バスフィッシングに用いられるルアー、全18ジャンルを徹底解説。あなたのルアーセレクトはココが間違っている!?

日本のフィールドに必要なのはフィネスだけなのか!? バスフィッシングの頂点を見た男・並木敏成が解説する、21世紀のルアー教書の決定版です!

タイトル:並木敏成のThis isバスルアー
定価:本体1,600円+税
著者:並木敏成
A5判並製148P
発売日:9月27日

■お試し読みが可能です
http://tsuribito.tameshiyo.me/9784864473255

■詳細はこちら
https://tsuribito.co.jp/cover/archive/detail?id=4756&kind=1

【O.S.P動画】並木敏成 全米を駆け巡るキャンピングカーを大公開!!

2018.09.12


T.Namikiが広大なアメリカ大陸を駆け巡るための新しい移動拠点「トラックキャンパー」を一挙公開。大型のピックアップトラックと様々な設備が整った居住空間は、並木のバスフィッシング・スタイルを象徴してダイナミック!ぜひご覧ください!

レイク・シャンプレインのイメージムービー

2018.09.06


8月に開催されたバスマスターオースタン・オープン第3戦(レイク・シャンプレイン)でのプラクティスのイメージムービーです。

Video by Featherwick

八郎潟HBAトーナメント第4戦にゲスト参戦した並木の活躍が動画で紹介されています

2018.09.01


8月19日、八郎潟で開催されたHBAトーナメント第4戦O.S.Pカップにゲスト参戦した並木の活躍を、野外観察倶楽部O.O.C様が動画でご紹介されています。予告編はすでに公開されておりましたが、こちらは本編となります。ぜひご覧ください!

【O.S.P動画】サンダルプリンス・ハシタク ~霞おかっぱりdeゆるツリ~ それでも50up釣るオトコ!!

2018.08.29


おかっぱり界に新たなプリンスが降臨!生い茂ったヤブをサンダルで突き進んでいく男、サンダルプリンス・ハシタク!

ゆるい感じで若干心配があるものの、ルアーをうまくアジャストさせながら次々と魚をキャッチしていくハシタク。早朝のポッパー「ラウダー50」からスタートし、食わせのネコリグ「HP3Dワッキー」、リアクションで誘う「ドライブSSギル」など見どころ満載!

特にドライブSSギルのリフトアンドフォール・アクションはハードベイトに勝るほどのサーチベイトとして活躍!そのテクニックも詳しく解説しています。そしてラストは驚愕のビッグバスが登場!

2018年W.B.S.アングラーオブザイヤーを獲得し、イイ波乗ってるハシタクの活躍をぜひご覧ください。イェイイェイ!

ルアーマガジン10月号にてオリキン・スペシャルムービー連動企画が掲載中

2018.08.28


8月26日発売のルアーマガジン最新号(10月号)にて、オリキンこと折金一樹の動画連動企画が掲載されています。本誌のQRコードを読み取ることでオキリンのスペシャルムービーを見ることができます。プレゼント企画にも連動していますので、ぜひ皆様ごらんください!

■ルアーマガジン10月号の詳細はこちら
https://tsuri-plus.com/_ct/17199410

O.S.P契約プロスタッフの登場メディアをご紹介します

2018.08.28
≪並木敏成≫

■メディア名/釣りビジョン「Osprey’s EYE #38」
並木敏成が我々にリアルバスフィッシングを見せるOsprey’s EYE。#38の舞台は、夏の福島県桧原湖。番組では初となるスモールマウスゲームをお届けする。雨混じりのローライトコンディション、バスはフィールド全体に散っている状態。風、流れ、ベイトなどの条件を考慮したエリア選択がハマり、トシが怒涛の連発劇を見せる!
https://www.fishing-v.jp/osp/

≪折金一樹≫

■メディア名/内外出版「ルアーマガジン10月号」
特集・岸釣りスタイルの企画「周りに差がつく両極の戦略」に登場。トーナメントでも活躍中のオリキンが野池釣行に挑みます。彼が提唱する「ふつうではない」アプローチとはどのようなものなのか?誌面では見事な50upをキャッチ!なおこの記事と連動した動画が配信されています。プレゼント企画と連動した閲覧方法はルアーマガジン本誌で紹介されていますので、ぜひチェックしてください!

■メディア名/内外出版「ルアーマガジン10月号」
連載「折金一樹OTOB」に登場。千葉県のメジャーフィールド、亀山湖にてガイドを営むオリキンこと折金一樹が、季節に沿った釣り方を紹介していくコーナーです。今回は秋に向けた釣りを紹介。数釣り&型狙いが楽しめる9月&10月の攻略方法が詳しく掲載されています。ぜひご覧ください!

■メディア名/コスミック出版「アングリングバス Vol.25」
特別企画「ベイトフィネスVSパワーフィネス カバー攻略の最終手段パワーフィネスの出しドコロ」に登場。ハイプレッシャーフィールドにおいて有効となってくるパワーフィネスのアプローチ。オリキンこと折金一樹が房総リザーバーの豊英湖で実釣解説。オリキン流のテクニックやオススメルアーを詳しく解説しています。ぜひ本誌をご覧ください!

■メディア名/つり人社「バサー10月号」
連載「素人がトーナメントに出たらどうなる!?」にて、H1グランプリ第4戦新利根川で見事優勝を勝ち取り登場しています。オリキンのつきぬけた勝利の全貌をぜひ本誌でご覧ください!

■メディア名/内外出版社『Lure Magazine Mobile』
コーナー名/「つきぬけろ!オリキン もばいる」・・・2016年のH-1グランプリA.O.Yを獲得し、いまや名実ともに関東屈指のロコトーナメンターとなったオリキン。「つきぬけろ!もばいる」ではそんな彼が十代のころより出場し続けている“トーナメント”をメインテーマに、試合のメインパターン、各地のフィールド解説、お得意のルアー改造ネタなどを紹介中!毎週金曜日更新!

≪山岡計文≫

■メディア名/つり人社「バサー10月号」
特別企画「シャローカバーのリーダーレスダウンショットリグとテキサスリグ」に登場。JBエリート5「秋の霞ヶ浦戦」優勝時のリーダーレスダウンショットリグとテキサスリグの使い分けを紹介しています。2017年11月7~8日に霞ヶ浦水系で開催された「JBエリート5」にて、シャローカバーをリーダーレスダウンショットとテキサスリグで攻略して唯一人2日間リミットメイクし優勝を勝ち取った山岡が、リグの使い分けについて詳しく解説しています。ぜひ本誌をご覧ください!

■メディア名/名光通信社「週刊ルアーニュース」
池原&七色ダムを知り尽くしたリビングレジェンド、山岡による、七色ダムの状況とポイントなど、現場の生情報を掲載しています!

■メディア名/内外出版社『Lure Magazine Mobile』
コーナー名/「IKEHARAレジェンド」・・・地元七色・池原ダムのトーナメントにおける圧倒的な強さから付いた呼び名が“レジェンド”。そんな稀代のスーパーロコであり、JB TOP50シリーズを戦うトップトーナメンターでもある山岡プロが、老舗リザーバーを楽しむためのベーシックをわかりやすく解説中!!毎週水曜日更新!

≪浦川正則≫

■メディア名/釣りビジョン「バスギャラリー」
8/28(火) 21:00から、釣りビジョンにて、プロスタッフ浦川正則が出演のバスギャラリー「オカッパリ道場破り in 広島県メジャーリザーバー」が放映されます。今回のバスギャラリーは徳島県旧吉野川をホームとするO.S.Pプロスタッフ浦川正則が登場。「旧吉の師範代」とまで言われる実力者がアウェイの広島県のメジャーリザーバーに挑みます。好フィールドが数多く存在し、デカバスの実績も高い広島県で道場破りと称し地元アングラーをアッと言わせる釣果を設定。果たして、道場破り達成なるのか!?ぜひご覧ください!
釣りビジョンバスギャラリーのホームページはこちら
https://www.fishing-v.jp/bass_gallery/

≪小林明人≫

■メディア名/つり人社「バサー10月号」
7月24日、徳島県旧吉野川にて開催されたワイルドカード・ウエスタンディビジョン。この大会で見事優勝を勝ち取ったのはO.S.Pスタッフ小林明人。ワイルドカードレポートでは、小林がどのような釣り方で勝利したのかを詳しく紹介しています。遅咲きのフリッパー・小林明人の活躍の全貌をぜひ本誌でご覧ください!

≪茂手木祥吾≫

■メディア名/コスミック出版「アングリングバス Vol.25」
連載「モテショー的実践講座」に登場。夏の高水温期はダンゼン水路が面白い!と題して高水温期の釣り方を紹介。3大要素となる水温、酸素量、シェード。これらをどのように考えてアプローチすると釣果に繋がるのか?またそのときのルアーは?をくわしくご紹介しています。ぜひ本誌をご覧ください!

≪安達真秀≫

■メディア名/コスミック出版「アングリングバス Vol.25」
連載「O.S.Pローカルが説く!霞ヶ浦水系旬のルアーセレクト」に登場。急激な水温低下など、季節の変わり目に起こりやすい状況のなか、超スローコンディションをいかにして打破していくかを実釣を交えて解説しています。霞水系のおかっぱりではすぐに役立つ内容です。ぜひ本誌をご覧ください!

≪鈴木隆之≫

■メディア名/内外出版社『Lure Magazine Mobile』
コーナー名/「T’s 裏磐梯ノート。」・・・2012、2014年とJB桧原湖年間チャンピオンを獲得! 現在はJBトップ50、JBマスターズシリーズで活躍中。無類の勝負好きで、豊富なトーナメント参戦経験を持つ鈴木プロが、毎週桧原湖スモールの攻略法を紹介!毎週火曜日更新!

≪三宅貴浩≫

■メディア名/名光通信社「週刊ルアーニュース」
布目ダムマスター三宅による、布目ダムの近状とポイント、おすすめルアーなど現場の生情報を掲載しています。

≪森田哲広≫

■メディア名/名光通信社「週刊ルアーニュース」
隔週連載、琵琶湖プロガイド森田哲広’Sダイアリー「デカバス三昧」にて、この時期琵琶湖にマッチしたO.S.Pルアーをご紹介。状況変化の目まぐるしい季節に対応するルアーチョイスは必見です!

≪宮本洋平≫

■メディア名/内外出版社『Lure Magazine Mobile』
コーナー名/「Power of Science!」・・・2012シーズンは優勝を含むお立ち台4度と、弥栄ダムにおけるトーナメントで無類の強さを誇る宮本プロが、自身が収集した膨大なデータに基づく、週ごとにベストな攻略パターンを紹介!毎週水曜日更新!

≪山添大介≫

■メディア名/内外出版社『Lure Magazine Mobile』
コーナー名/「沼人生活のススメ」…印旛沼に誰よりも多く船を出し、その努力の甲斐あってNAB21やNBCなどの印旛沼トーナメントで数多くの優勝や年間タイトルを獲得してきた真の沼人。低水温期でも足繁くフィールドに通い、多数のビッグバスをキャッチするなどシーズンを問わない実力派ロコアングラーだ。そんな沼人、山添大介さんによる最新の印旛沼攻略情報を毎週金曜日にお届けしております!!

≪奥村哲史≫

■メディア名/内外出版社『Lure Magazine Mobile』
コーナー名/「週刊・船頭のつぶやき。」・・・奥村船頭が、日々のガイドからフィードバックされる、琵琶湖の最新釣果情報&旬なテクニックを詳細にレポート!毎週木曜日更新!