O.S.P,Inc.

Hottopics最新情報

トップページ最新情報 > メディア情報

【釣りビジョン Osprey’s EYE】 #32 福岡県遠賀川

2017.01.06
as

並木敏成が我々にリアルバスフィッシングを見せるOsprey’s EYE。32の舞台は九州を代表するトーナメントリバー福岡県遠賀川。晩秋のビッグバスパターンに辿り着けるのか。

数日前までバスは釣れていたという…。しかし秋から冬へと移り行く季節、キャストするルアーにバスからの返事は全く返ってこない。果たしてトシが導き出した答えとは…。

番組スケジュールはこちら

【動画】 Worming Tips Files_011~ドライブシャッド6インチ編~ by浦川正則

2017.01.06


それぞれ、しっかりとした狙いがあってカタチになっているO.S.Pのソフトルアーシリーズ。

種類、カラー、サイズ等様々な選択肢がある中で、1つ1つずつそのルアーの性能、特長、そしてメリットを紹介していくシリーズ動画、それが「Worming Tips File」。

今回は四国エリアで“師範代”と称されるO.S.Pプロスタッフ屈指のテクニシャン、浦川正則が自身のフェイバリットでもあるドライブシャッド6インチについて解説。寒くなればなるほど威力を増すという、ウィンターバッシングの強い味方。この動画を参考に、ぜひ冬のフィールドに出て実践してください。

この釣りをマスターすれば、冬ならではのビッグバスに出会える!!

【動画】つきぬけろ!オリキン【リベンジ】〜特別編前半 初冬の新利根川で検定試験〜

2017.01.01


2013年1月にスタートしたオリジナル編、そして2014年7月に再度やってきたリベンジ編と共に番組中につきぬけることができなかったオリキン・・・。

リベンジ編も最後までつきぬけられずに番組終了・・・・!?と思いきや、泣きのラストチャンス到来。特別編はこの番組で常にお題を設定してきた川村光大郎とのガチンコ対決!!

舞台はオカッパリ、ボート共に人気のフィールド新利根川。公私ともに共通のバス釣りで親交の深い両氏がどういった対決を繰り広げるのか。最期の最期につきぬけてしまうのか。ぜひご覧ください!!

O.S.P契約プロスタッフの登場メディアをご紹介します

2016.12.27
≪並木敏成≫

■メディア名/つり人社「バサー」2月号
連載企画、並木敏成のリザーバー・マネジメント Vol.05 にて登場。冬が訪れた相模湖に挑む並木。様々なエリアを巡りながら冬の魚を探していく。地形変化とコンディションからいかに魚を導きだすのか?冬を攻略するためのルアーやリグもご紹介。ぜひご覧ください!

■メディア名/コスミック出版「アングリングバス」15号
並木敏成がアングリングバスに初登場。舞台は日に日に寒さを増し一歩一歩冬に近づいていく初冬の利根川&北浦水系。オーバーライドをはじめディープクランクやシャッドなど冬の定番アイテムをどのように使い分け、その場のバスにアジャストしていくかを徹底解説!巻頭カラー6ページのボリューム記事は必見です!

■メディア名/内外出版「ルアーマガジン」2月号
巻頭の独占特ダネ記事「O.S.P新ブランド設立」に登場。誌面では2017年春に登場する第一弾ルアー(プロト)の全貌を公開。そのコンセプトやニュールアーの特徴を解説しています。是非ご覧ください!

≪川村光大郎≫

■メディア名/地球丸「ロッドアンドリール」2月号
巻頭特集「ロドリからの挑戦状」にて川村光大郎が登場。ミッションは「冬バスの2日間で2桁釣れ!」という過酷な内容。激タフ霞ヶ浦、真冬のノーバイト地獄に挑む川村はいかにして攻略するのか?様々なポイントで活躍するO.S.Pルアーを紹介しながら、テクニックやノウハウが掲載されています。ぜひご覧ください!

■メディア名/内外出版社『Lure Magazine Mobile』
コーナー名/「OPEN MIND」・・・霞ヶ浦などの激戦区でどうしてコータローだけが常にバスを手にし続けられるのか? その答えのヒントはこのコラムにあり。川村プロが日々何を考えて自己の釣りを研鑽しているのか、その一部始終を大公開!毎週木曜日更新!

≪折金一樹≫

■メディア名/つり人社「バサー」2月号
関東のメジャーフィールドで開催されるH-1グランプリはハードベイト縛りのレンタルボートトーナメント。その歴代AOY(年間優勝者)が集った対談企画にオリキンが登場。年間優勝者が語るディープなトークをぜひご覧ください!

■メディア名/内外出版「ルアーマガジン」2月号
巻頭の独占特ダネ記事「O.S.P新ブランド設立」に登場。誌面では2017年春に登場する第一弾ルアー(プロト)の全貌を公開。そのコンセプトやニュールアーの特徴を解説しています。是非ご覧ください!

■メディア名/内外出版社『Lure Magazine Mobile』
コーナー名/「つきぬけろ!オリキン もばいる」・・・2016年のH-1グランプリA.O.Yを獲得し、いまや名実ともに関東屈指のロコトーナメンターとなったオリキン。「つきぬけろ!もばいる」ではそんな彼が十代のころより出場し続けている“トーナメント”をメインテーマに、試合のメインパターン、各地のフィールド解説、お得意のルアー改造ネタなどを紹介中!毎週金曜日更新!

≪茂手木祥吾≫

■メディア名/コスミック出版「アングリングバス」15号
国内最高峰のトーナメントJBTOP50に参戦するツアープロである茂手木祥吾がバス釣りの基本をレクチャーする人気企画「知識ゼロから始めるバスフィッシング」。今回は冬のバス釣り攻略法を紹介。ポイントセレクトやルアーチョイス、リグの方法まで詳しく解説されています。ぜひご覧ください!

■メディア名/地球丸「ロッドアンドリール」2月号
O.S.Pプロスタッフ茂手木祥吾による短期集中連載「モテショーのバス釣りお得情報局」がスタート。オーバーライドをはじめ冬の定番ルアーをご紹介しています!

≪竹内一浩≫

■メディア名/つり人社「バサー」2月号
10月16日に利根川で開催されたTBCクラシックにて優勝したO.S.P竹内一浩が登場。勝つためのエリアとルアー選択をはじめ、クラシックを勝ち取った竹内のコメントを掲載。ぜひご覧ください!

≪浦川正則≫

■メディア名/コスミック出版「アングリングバス」15号
四国のメジャーリバー旧吉野川をメインフィールドに、年間50本の50アップを仕留めるデカバスハンター浦川正則が、シーズナルな旧吉野川のパターンとルアーを紹介する人気コーナー「フィールド春夏秋冬」。今回は1~2月の旧吉野川を攻略するためのアイテムを紹介しています。ぜひご覧ください!

■メディア名/内外出版「ルアーマガジン」2月号
達人に聞く全国冬爆Q&A’17に登場。各フィールドのスペシャリストに、冬を攻略するテクニックをQ&A形式で展開している企画。冬の河川で爆釣するためのメソッドは必見です!

■メディア名/地球丸「ロッドアンドリール」2月号
好評連載「O.S.Pルアーポイント別三賢者の選択」にて登場。今月のフィールドは小規模河川。足場のいい小規模河川はウィンターシーズンでも岸釣りで攻略しやすいフィールドのひとつ。カスミ水系や大規模な河川につながる水路なども一年中そこにいるようなバスが多い。そんな小規模河川攻略のテクニックとオススメルアーをご紹介しています。ぜひ本誌をご覧ください!

≪小田圭太≫

■メディア名/コスミック出版「アングリングバス」15号
琵琶湖と同一の水系に属し、想定外のデカバスが飛び出すことで知られる淀川。その淀川に通い込む小田圭太が、12~1月の攻略方法を紹介。ルアーチョイスから狙い目のポイントまで詳しく解説しています。ぜひご覧ください!

■メディア名/内外出版社『Lure Magazine Mobile』
コーナー名/「関西都市型河川フリーク!」・・・ビッグバスリバーとして名高い淀川にて、ガイドを営む、若き名手、小田プロが、メジャーフィールドを365日楽しむパターンを毎週レクチャー!毎週金曜日更新!

≪松村寛≫

■メディア名/地球丸「ロッドアンドリール」2月号
好評連載「O.S.Pルアーポイント別三賢者の選択」にて登場。今月のフィールドは小規模河川。足場のいい小規模河川はウィンターシーズンでも岸釣りで攻略しやすいフィールドのひとつ。カスミ水系や大規模な河川につながる水路なども一年中そこにいるようなバスが多い。そんな小規模河川攻略のテクニックとオススメルアーをご紹介しています。ぜひ本誌をご覧ください!

≪納谷宏康≫

■メディア名/地球丸「ロッドアンドリール」2月号
好評連載「O.S.Pルアーポイント別三賢者の選択」にて登場。今月のフィールドは小規模河川。足場のいい小規模河川はウィンターシーズンでも岸釣りで攻略しやすいフィールドのひとつ。カスミ水系や大規模な河川につながる水路なども一年中そこにいるようなバスが多い。そんな小規模河川攻略のテクニックとオススメルアーをご紹介しています。ぜひ本誌をご覧ください!

≪山岡計文≫

■メディア名/名光通信社/週刊ルアーニュース
池原&七色ダムを知り尽くしたリビングレジェンド、山岡による、七色ダムの状況とポイントなど、現場の生情報を掲載しています!

■メディア名/内外出版社『Lure Magazine Mobile』
コーナー名/「IKEHARAレジェンド」・・・地元七色・池原ダムのトーナメントにおける圧倒的な強さから付いた呼び名が“レジェンド”。そんな稀代のスーパーロコであり、JB TOP50シリーズを戦うトップトーナメンターでもある山岡プロが、老舗リザーバーを楽しむためのベーシックをわかりやすく解説中!!毎週水曜日更新!

≪奥村哲史≫

■メディア名/内外出版社『Lure Magazine Mobile』
コーナー名/「週刊・船頭のつぶやき。」・・・奥村船頭が、日々のガイドからフィードバックされる、琵琶湖の最新釣果情報&旬なテクニックを詳細にレポート!毎週木曜日更新!

≪鈴木隆之≫

■メディア名/内外出版社『Lure Magazine Mobile』
コーナー名/「T’s 裏磐梯ノート。」・・・2012、2014年とJB桧原湖年間チャンピオンを獲得! 現在はJBトップ50、JBマスターズシリーズで活躍中。無類の勝負好きで、豊富なトーナメント参戦経験を持つ鈴木プロが、毎週桧原湖スモールの攻略法を紹介!毎週火曜日更新!

≪早川純一≫

■メディア名/内外出版社『Lure Magazine Mobile』
コーナー名/「マッディウォーターのススメ」・・・印旛沼をホームにトーナメントを開催している「成田エアポートバサー21」の会長であり、長年同フィールドで釣りをしてきた早川プロが、老舗水系攻略の手引き&楽しみ方を伝授!毎週金曜日更新!

≪宮本洋平≫

■メディア名/内外出版社『Lure Magazine Mobile』
コーナー名/「Power of Science!」・・・2012シーズンは優勝を含むお立ち台4度と、弥栄ダムにおけるトーナメントで無類の強さを誇る宮本プロが、自身が収集した膨大なデータに基づく、週ごとにベストな攻略パターンを紹介!毎週水曜日更新!

≪三宅貴浩≫

■メディア名/名光通信社/週刊ルアーニュース
布目ダムマスター三宅による、布目ダムの近状とポイント、おすすめルアーなど現場の生情報を掲載しています。

≪森田哲広≫

■メディア名/名光通信社/週刊ルアーニュース
隔週連載、琵琶湖プロガイド森田哲広’Sダイアリー「デカバス三昧」にて、この時期琵琶湖にマッチしたO.S.Pルアーをご紹介。状況変化の目まぐるしい季節に対応するルアーチョイスは必見です!

【動画】冬でも朝イチは表層ゲーム!大塚高志が解説する冬の亀山湖攻略法!

2016.12.12


水温の低下とともに、釣果も下がる一方の厳しいシーズンが到来。この時期、多くのアングラーはディープをメインにパターンを組み立てるだろう。決してそれは間違いではないのだが、ある意味、常識を覆すパターンがあるという。

それは朝イチの表層ゲーム。冬でもローライトの朝夕はシャローでフィーディングする個体も少なからずいて、それらを狙うのに最適なのがHPシャッドテール2.5インチの表層もしくは水面直下引きである。

今回は冬の亀山湖を舞台に、O.S.Pプロスタッフの大塚高志がこのシーズンのおすすめスポットをマップ付きで紹介するほか、釣り方についても徹底解説。ぜひ参考にしてください!!

O.S.P契約プロスタッフの登場メディアをご紹介します

2016.11.28
≪並木敏成≫

■メディア名/つり人社「バサー」1月号
10月29、30日の二日間、利根川にて開催されたバサーオールスタークラシックの特集記事にて、並木の活躍が掲載されています。4位入賞した並木の大会当日の動向をはじめ、同船したプレスアングラーの手記など、掘り下げた内容となっております。詳細は本誌をご覧ください!

≪川村光大郎≫

■メディア名/内外出版社「ルアーマガジン」1月号
達人たちが得意なテーマでボックス一つに収まるルアーをセレクトする企画「達人のワンボックス」に登場。川村光大郎が選ぶ、12月のマッディシャローを攻略するためのルアーとは?霞ヶ浦水系を想定したルアーセレクトは必見です!

■メディア名/内外出版社『Lure Magazine Mobile』
コーナー名/「OPEN MIND」・・・霞ヶ浦などの激戦区でどうしてコータローだけが常にバスを手にし続けられるのか? その答えのヒントはこのコラムにあり。川村プロが日々何を考えて自己の釣りを研鑽しているのか、その一部始終を大公開!毎週木曜日更新!

≪寺沢庸二≫

■メディア名/内外出版社「ルアーマガジン」1月号
好評連載O.S.P通信に登場。「12月の相模湖に欠かせない3アイテム」と題して、西関東のメジャーフィールド相模湖を攻略するためのルアーをリグとともに解説しています。2016年NBCチャプター東京にて年間優勝(A.O.Y)を獲得した寺沢がオススメするルアーをぜひご覧ください!

≪折金一樹≫

■メディア名/内外出版社『Lure Magazine Mobile』
コーナー名/「つきぬけろ!オリキン もばいる」・・・今年のH-1グランプリA.O.Yを獲得し、いまや名実ともに関東屈指のロコトーナメンターとなったオリキンさん。「つきぬけろ!もばいる」ではそんな彼が十代のころより出場し続けている“トーナメント”をメインテーマに、試合のメインパターン、各地のフィールド解説、お得意のルアー改造ネタなどを紹介中!毎週金曜日更新!

≪小田圭太≫

■メディア名/内外出版社『Lure Magazine Mobile』
コーナー名/「関西都市型河川フリーク!」・・・ビッグバスリバーとして名高い淀川にて、ガイドを営む、若き名手、小田プロが、メジャーフィールドを365日楽しむパターンを毎週レクチャー!毎週金曜日更新!

≪山岡計文≫

■メディア名/地球丸「ロッドアンドリール」1月号
O.S.Pルアーポイント別三賢者の選択に登場。今月のフィールドはリザーバー。冬に向けて水温が下がっていくなかで、バスはどのような場所につき、どのような釣り方で狙っていけばいいのかを、ぜひ参考にしてください!

■メディア名/名光通信社/週刊ルアーニュース
池原&七色ダムを知り尽くしたリビングレジェンド、山岡による、七色ダムの状況とポイントなど、現場の生情報を掲載しています!

■メディア名/内外出版社『Lure Magazine Mobile』
コーナー名/「IKEHARAレジェンド」・・・地元七色・池原ダムのトーナメントにおける圧倒的な強さから付いた呼び名が“レジェンド”。そんな稀代のスーパーロコであり、JB TOP50シリーズを戦うトップトーナメンターでもある山岡プロが、老舗リザーバーを楽しむためのベーシックをわかりやすく解説中!!毎週水曜日更新!

≪大塚高志≫

■メディア名/地球丸「ロッドアンドリール」1月号
O.S.Pルアーポイント別三賢者の選択に登場。今月のフィールドはリザーバー。冬に向けて水温が下がっていくなかで、バスはどのような場所につき、どのような釣り方で狙っていけばいいのかを、ぜひ参考にしてください!

≪植田誠寛≫

■メディア名/地球丸「ロッドアンドリール」1月号
O.S.Pルアーポイント別三賢者の選択に登場。今月のフィールドはリザーバー。冬に向けて水温が下がっていくなかで、バスはどのような場所につき、どのような釣り方で狙っていけばいいのかを、ぜひ参考にしてください!

≪奥村哲史≫

■メディア名/内外出版社『Lure Magazine Mobile』
コーナー名/「週刊・船頭のつぶやき。」・・・奥村船頭が、日々のガイドからフィードバックされる、琵琶湖の最新釣果情報&旬なテクニックを詳細にレポート!毎週木曜日更新!

≪鈴木隆之≫

■メディア名/内外出版社『Lure Magazine Mobile』
コーナー名/「T’s 裏磐梯ノート。」・・・2012、2014年とJB桧原湖年間チャンピオンを獲得! 現在はJBトップ50、JBマスターズシリーズで活躍中。無類の勝負好きで、豊富なトーナメント参戦経験を持つ鈴木プロが、毎週桧原湖スモールの攻略法を紹介!毎週火曜日更新!

≪早川純一≫

■メディア名/内外出版社『Lure Magazine Mobile』
コーナー名/「マッディウォーターのススメ」・・・印旛沼をホームにトーナメントを開催している「成田エアポートバサー21」の会長であり、長年同フィールドで釣りをしてきた早川プロが、老舗水系攻略の手引き&楽しみ方を伝授!毎週金曜日更新!

≪宮本洋平≫

■メディア名/内外出版社『Lure Magazine Mobile』
コーナー名/「Power of Science!」・・・2012シーズンは優勝を含むお立ち台4度と、弥栄ダムにおけるトーナメントで無類の強さを誇る宮本プロが、自身が収集した膨大なデータに基づく、週ごとにベストな攻略パターンを紹介!毎週水曜日更新!

≪三宅貴浩≫

■メディア名/名光通信社/週刊ルアーニュース
布目ダムマスター三宅による、布目ダムの近状とポイント、おすすめルアーなど現場の生情報を掲載しています。

≪森田哲広≫

■メディア名/名光通信社/週刊ルアーニュース
隔週連載、琵琶湖プロガイド森田哲広’Sダイアリー「デカバス三昧」にて、この時期琵琶湖にマッチしたO.S.Pルアーをご紹介。状況変化の目まぐるしい季節に対応するルアーチョイスは必見です!

【動画】ヴァルナSP SWカラー実釣&テクニック解説!!

2016.11.22


O.S.Pプロスタッフ遠藤正明によるヴァルナSP ソルトカラーの東京湾ボートシーバス実釣ムービーです。

サスペンドモデルならではの「ポーズで誘う」アクションを活かして、魚を誘い上げるテクニックをご紹介!

ボートゲームのみならず、港湾や河川の陸っぱりでも威力を発揮する11cmクラスのジャークベイト、ヴァルナSPの実釣シーンを是非ご覧ください!

■ヴァルナSP
http://www.o-s-p.net/products/asura-o-s-p-varuna-110-sp/

【動画】 タイニーブリッツシリーズを使いこなせ!晩秋の新利根川攻略 byオリキン

2016.11.15


2016年、H-1グランプリ年間優勝&NAB21トーナメント年間優勝と大活躍中のO.S.Pプロスタッフ・オリキンこと折金一樹が、タイニーブリッツシリーズを駆使して晩秋の新利根川を攻略!

タイニーブリッツシリーズが効果を発揮するシチュエーションや、新利根川でバスの居場所を探すヒントを解説しながら次々と魚をキャッチ!

そしてまさかの巨大魚出現!?

新利根川を舞台にオリキンが活躍する?攻略ムービーをぜひご覧ください!

【動画】 Worming Tips Files_010~キャロライナリグ編 by三宅貴浩~

2016.11.15


それぞれ、しっかりとした狙いがあってカタチになっているO.S.Pのソフトルアーシリーズ。

種類、カラー、サイズ等様々な選択肢がある中で、1つ1つずつそのルアーの性能、特長、そしてメリットを紹介していくシリーズ動画、それが「Worming Tips File」。

今回は琵琶湖プロガイドの三宅貴浩が、O.S.Pのソフトベイトを用いたキャロライナリグについて解説。スローな誘いになりがちなワーミングにおいて、比較的スピーディに探ることができるこのリグの有効性はもちろんのこと、各種ワームの使い分けなど細かな点についても言及。

食わせとサーチを両立するこのリグをマスターすれば、バスが散る傾向にある晩秋から初冬にかけて、強力な武器となります。この機会にぜひ、キャロライナリグを習得してください。

【動画】Seasonal Tips Files_007 ~山添大介が紹介する秋の印旛沼攻略~

2016.11.09


そのフィールドのバスやベイトの動き、さらにはフィールド特有の癖なども把握しているO.S.Pプロスタッフ達が、シーズナルな攻略法を実釣を交え解説するコーナーSeasonal Tips。

第7回目は印旛沼で開催されるトーナメントにおいて、常勝といっても過言ではない強さを誇る山添大介が、ドライブクローのテキサスリグを主体とした秋の攻略法を解説。

シチュエーションおよびそこにいるバスの状態に合わせて、ハイピッチャーやブリッツなどのムービングベイトも織り交ぜながら、圧巻の釣果を叩き出しています。

興奮必至のカバーゲーム、その真髄を余すところなく解説! ぜひ、ご覧ください。


1 / 712345...最後 »