O.S.P,Inc.

Hottopics最新情報

トップページ最新情報 > メディア情報

【動画】Seasonal Tips Files_012~竹内一浩が解説する春の長門川・将監川~

2018.04.11


そのフィールドのバスやベイトの動き、さらにはフィールド特有の癖なども把握しているO.S.Pプロスタッフ達が、シーズナルな攻略法を実釣を交え解説するコーナーSeasonal Tips。

今回はTBCトーナメントで活躍中のO.S.Pプロスタッフ竹内一浩が、長門川および将監川をご紹介。

利根川へとつながる支流で、レンタルボート店もいくつかあり、休日ともなると多くのアングラーで賑わうフィールド。見た目に釣れそうなカバーも多く、さまざまなスタイルの釣りが楽しめる。

今回はそんな魅力いっぱいのフィールドを、春のビッグバスを手にするためのオススメエリアもまじえながら徹底的に解説します!!

北田朋也と霞水系ユーチューバー「ヒタチノ釣りチャンネル」が動画コラボ!

2018.04.09


霞ヶ浦水系で活動を続ける人気You Tuber「ヒタチノ釣りチャンネル」さんと、O.S.Pプロスタッフ北田朋也の「カロリーセッシュでフィッシュ!!」がコラボレーション!

今回は利根川・北浦水系で春らしい釣り、春らしいバスを求めて、北田朋也とヒタチノ釣りチャンネルのメンバーがラン&ガンを繰り返します。

果たして、カロリーを摂取するにふさわしいバスに出会えたのか? ここでご紹介するヒタチノ釣りチャンネルさんの動画では、ロケ当日の前編を公開。O.S.P動画では見ることができない、撮影の裏側なども盛り込まれています。

肝心のO.S.P動画「カロリーセッシュでフィッシュ!!」は、近日公開予定。まずはヒタチノ釣りチャンネルさんの動画で、その模様をお楽しみください!!

【動画】O.S.P in KOREA 韓国でもオリキンは人気者!?

2018.04.06


3月下旬、韓国でO.S.Pルアーを取扱うランカー様主催による大型イベント「Angler’s Dream Lunker Show」が開催されました。

O.S.Pブースにはたくさんの韓国のバスアングラーが来場。2018年新製品のドライブビーバー4インチやラウダー50をはじめ、さまざまな展示アイテムに興味津々の様子でした。

またブースにはオリキンことO.S.Pプロスタッフ折金一樹が参加。初の韓国訪問となるオリキンでしたが、O.S.P KOREAプロスタッフ達と一緒に韓国アングラーへO.S.Pルアーの特徴や使い方をレクチャー。

屋外プールによるデモンストレーションでは、オリキン監修のオーバーリアル63ウェイクの使い方について実践をまじえながら解説。高い関心を集めていました。この動画では、今回のイベント会場の模様をお届け。ぜひ、ご覧ください。

■オリキン韓国動画「オリキンinKOREA ドライブビーバーで初コリアンバスをゲット!?」
https://youtu.be/l7a9ATJLIPA

【動画】オリキンinKOREA ドライブビーバーで初コリアンバスをゲット!?

2018.03.31


3月下旬、韓国で開催されたO.S.Pイベントに出演するため初めて韓国を訪れたオリキン。イベント終了後、帰国までのわずかな時間で韓国のフィールド・ゴサン湖に挑戦!

前情報ほぼゼロの状態で訪れたところは大規模なリザーバー。低水温&広大な冠水エリアが広がり、ロコアングラーも苦戦するコンディションのなか、韓国でも威力を発揮しているドライブビーバーを手にコリアンバスに挑むオリキン!

見事キャッチできるのか? それともそれともオリキンならではのオチで終わるのか?ぜひ本編をご覧ください!

■ドライブビーバー
https://www.o-s-p.net/products/dolivebeaver/

O.S.P契約プロスタッフの登場メディアをご紹介します

2018.03.28
≪折金一樹≫

■メディア名/内外出版社『Lure Magazine Mobile』
コーナー名/「つきぬけろ!オリキン もばいる」・・・2016年のH-1グランプリA.O.Yを獲得し、いまや名実ともに関東屈指のロコトーナメンターとなったオリキン。「つきぬけろ!もばいる」ではそんな彼が十代のころより出場し続けている“トーナメント”をメインテーマに、試合のメインパターン、各地のフィールド解説、お得意のルアー改造ネタなどを紹介中!毎週金曜日更新!

≪山岡計文≫

■メディア名/内外出版「ルアーマガジン」5月号
特別企画「フィネス三人衆」に登場。JBTOP50トーナメントで活躍するO.S.Pプロスタッフ山岡計文が、春の極意ともいえるフィネスのテクニックとオススメルアーを公開。トーナメンターのシークレットなリグからちょっとしたコツまで詳しく解説されています。ぜひ本誌をご覧ください!

■メディア名/名光通信社「週刊ルアーニュース」
池原&七色ダムを知り尽くしたリビングレジェンド、山岡による、七色ダムの状況とポイントなど、現場の生情報を掲載しています!

■メディア名/内外出版社『Lure Magazine Mobile』
コーナー名/「IKEHARAレジェンド」・・・地元七色・池原ダムのトーナメントにおける圧倒的な強さから付いた呼び名が“レジェンド”。そんな稀代のスーパーロコであり、JB TOP50シリーズを戦うトップトーナメンターでもある山岡プロが、老舗リザーバーを楽しむためのベーシックをわかりやすく解説中!!毎週水曜日更新!

≪三宅貴浩≫

■メディア名/名光通信社「週刊ルアーニュース」
布目ダムマスター三宅による、布目ダムの近状とポイント、おすすめルアーなど現場の生情報を掲載しています。

≪北田朋也≫

■メディア名/地球丸「ロッドアンドリール」5月号
好評連載「O.S.Pルアーポイント別三賢者の選択」に登場。今月のフィールドは河川。春のバスを狙い撃つために、河川で必要となるポイント選びやオススメのルアー&リグを紹介。またルアーごとのアクション・テクニックも詳しく解説されていますので、ぜひ本誌をご覧ください!

≪青山右京≫

■メディア名/地球丸「ロッドアンドリール」5月号
好評連載「O.S.Pルアーポイント別三賢者の選択」に登場。今月のフィールドは河川。春のバスを狙い撃つために、河川で必要となるポイント選びやオススメのルアー&リグを紹介。またルアーごとのアクション・テクニックも詳しく解説されていますので、ぜひ本誌をご覧ください!

≪植田誠寛≫

■メディア名/地球丸「ロッドアンドリール」5月号
好評連載「O.S.Pルアーポイント別三賢者の選択」に登場。今月のフィールドは河川。春のバスを狙い撃つために、河川で必要となるポイント選びやオススメのルアー&リグを紹介。またルアーごとのアクション・テクニックも詳しく解説されていますので、ぜひ本誌をご覧ください!

≪森田哲広≫

■メディア名/名光通信社「週刊ルアーニュース」
隔週連載、琵琶湖プロガイド森田哲広’Sダイアリー「デカバス三昧」にて、この時期琵琶湖にマッチしたO.S.Pルアーをご紹介。状況変化の目まぐるしい季節に対応するルアーチョイスは必見です!

≪鈴木隆之≫

■メディア名/内外出版社『Lure Magazine Mobile』
コーナー名/「T’s 裏磐梯ノート。」・・・2012、2014年とJB桧原湖年間チャンピオンを獲得! 現在はJBトップ50、JBマスターズシリーズで活躍中。無類の勝負好きで、豊富なトーナメント参戦経験を持つ鈴木プロが、毎週桧原湖スモールの攻略法を紹介!毎週火曜日更新!

≪宮本洋平≫

■メディア名/内外出版社『Lure Magazine Mobile』
コーナー名/「Power of Science!」・・・2012シーズンは優勝を含むお立ち台4度と、弥栄ダムにおけるトーナメントで無類の強さを誇る宮本プロが、自身が収集した膨大なデータに基づく、週ごとにベストな攻略パターンを紹介!毎週水曜日更新!

≪山添大介≫

■メディア名/内外出版社『Lure Magazine Mobile』
コーナー名/「沼人生活のススメ」…印旛沼に誰よりも多く船を出し、その努力の甲斐あってNAB21やNBCなどの印旛沼トーナメントで数多くの優勝や年間タイトルを獲得してきた真の沼人。低水温期でも足繁くフィールドに通い、多数のビッグバスをキャッチするなどシーズンを問わない実力派ロコアングラーだ。そんな沼人、山添大介さんによる最新の印旛沼攻略情報を毎週金曜日にお届けしております!!

≪奥村哲史≫

■メディア名/内外出版社『Lure Magazine Mobile』
コーナー名/「週刊・船頭のつぶやき。」・・・奥村船頭が、日々のガイドからフィードバックされる、琵琶湖の最新釣果情報&旬なテクニックを詳細にレポート!毎週木曜日更新!

【動画】並木が春のニゴリを徹底攻略!! カバークランキングの王道ブリッツMRが炸裂!!

2018.03.16


舞台は早春の神奈川県・相模湖。いつもアングラーで賑わい、常にプレッシャーにさらされているメジャーフィールドだが、当日上流部は想定外の激ニゴリ・・・。多くのアングラーがあきらめて水の状態がよい下流部へ移動するなか、並木はあえてニゴリに挑んでいく。そして並木がセレクトしたカバークランキングの王道ルアー「ブリッツMR」が炸裂!

この動画では、並木があえてニゴリに挑む理由と、なぜブリッツMRがカバーに強いのかを徹底解説。春から秋にかけて頻発するニゴリ対策の参考になること間違いなしです。また、並木監修により誕生したダイワNewリール「SVライト」の優れた特徴も紹介。

悪条件を逆手にとり、ブリッツMRで引きずり出した2本のビッグフィッシュは圧巻!見どころ満載の実釣ムービーです!ぜひご覧ください。

■ブリッツMR
https://www.o-s-p.net/products/blitz-mr/

【動画】iウェーバー74 SW-F&ドライブホッグでメバル&カサゴナイトゲーム

2018.03.09


O.S.Pプロスタッフの遠藤正明が、これから旬を迎える海のナイトゲームについて解説!まずはi-Waver74 SW-Fを使った表層のメバルゲーム。バチ抜け(イソメ類が表層を漂い、それをメバルなどが補食すること)を強く意識したメバルを攻略するために、遠藤正明が手掛けたi-Waver74 SW-Fで興奮のトップウォーターゲームをご紹介。またドライブホッグのテキサスリグでは、良型のカサゴが!水深3m前後のかけ上がりを流していく釣りは、バスフィッシングでのテクニックを応用できます。またバスタックルでも何ら問題なくチャレンジできるので、この動画を参考に、ぜひチャレンジしてください!!

■i-Waver74 SW-F
https://www.o-s-p.net/products/iwaverswf/

■ドライブホッグ
https://www.o-s-p.net/products/dolivehog/

HPシャッドテール ・リアクションネコリグ水中アクション

2018.03.01


この動画では、ハイパフォーマンスな性能を発揮するHPシャッドテールに、重めのネイルシンカーをセットした「リアクションネコリグ」の水中アクションをご紹介しています。

撮影した時の水温は約8℃。一般的なソフトベイトではアクションし難い低水温であっても、しっかりとボディを震わせ、アピール力の強いアクションを披露しています。

なお、撮影に使用したのはHPシャッドテール3.1インチ。3.1gネイルシンカーとネコスッパーをセット。トルクフルかつハイピッチにテールをスイングし、リフト&フォールやボトムバンピングでの身をくねらせた艶めかしいアクションは必見!ぜひご覧ください!

■HPシャッドテール
https://www.o-s-p.net/products/hp-shadtail/

O.S.P契約プロスタッフの登場メディアをご紹介します

2018.02.28
≪並木敏成≫

■メディア名/釣りビジョン「Osprey’s EYE」#36
並木敏成主演の釣りビジョンOsprey’s EYEの新作、#36「初冬の千葉県三島湖」が放映中。並木敏成がリアルバスフィッシングを披露する『Osprey’s EYE』。今回のフィールドは昨年の秋にレンタルボートでのバスフィッシングが許可された千葉県三島湖です。大きな期待を胸に乗り込んだトシであったが、急激な寒波の影響もあり大苦戦の展開へ。しかし、魚探で丁寧に地形を把握しながら、一歩ずつバスに近づいていきます!ぜひご覧ください! https://www.fishing-v.jp/osp/

≪折金一樹≫

■メディア名/コスミック出版「アングリングバス」Vol.22
企画「房総リザーバーマスターが新規釣り場を案内!早春の三島湖を釣りきるヒント」に登場。千葉県亀山ダムでガイドを営むオリキンが、バスアングラー向けのレンタルボート貸し出しをスタートした三島湖に挑みます。亀山ダムとの相違点やハウツーなど、詳しく解説しています。ぜひ本誌をご覧ください!

■メディア名/内外出版「ルアーマガジン」4月号
「超永久保存版 人気ルアーカテゴリー別ルアーのトリセツDX開幕直前Q&A」に登場。虫系編にて、様々な質問に答えつつ、オススメのルアーとテクニックを詳しくご紹介しています。ぜひ本誌をご覧ください!

■メディア名/内外出版社『Lure Magazine Mobile』
コーナー名/「つきぬけろ!オリキン もばいる」・・・2016年のH-1グランプリA.O.Yを獲得し、いまや名実ともに関東屈指のロコトーナメンターとなったオリキン。「つきぬけろ!もばいる」ではそんな彼が十代のころより出場し続けている“トーナメント”をメインテーマに、試合のメインパターン、各地のフィールド解説、お得意のルアー改造ネタなどを紹介中!毎週金曜日更新!

≪橋本卓哉≫

■メディア名/内外出版「ルアーマガジン」4月号
「超永久保存版 人気ルアーカテゴリー別ルアーのトリセツDX開幕直前Q&A」に登場。スピナーベイト編にて、様々な質問に答えつつ、オススメのルアーとテクニックを詳しくご紹介しています。ぜひ本誌をご覧ください!

≪三宅貴浩≫

■メディア名/コスミック出版「アングリングバス」Vol.22
特別企画「プロガイドが教える琵琶湖2018最速釣況 プロガイド&マイスターの琵琶湖春予測」に登場。3月中旬の琵琶湖を制するためのキーワードから、おすすめルアー、ねらい目のポイントまで詳しくご紹介しています。ぜひ本誌をご覧ください!

■メディア名/名光通信社「週刊ルアーニュース」
布目ダムマスター三宅による、布目ダムの近状とポイント、おすすめルアーなど現場の生情報を掲載しています。

≪大塚高志則≫

■メディア名/コスミック出版「アングリングバス」Vol.22
連載企画「フィールドフォーシーズン」に登場。3月から4月のリザーバーを攻略するためのオススメルアーやテクニックを詳しくご紹介しています。ぜひ本誌をご覧ください!

≪北田朋也≫

■メディア名/コスミック出版「アングリングバス」Vol.22
連載企画「フィールドフォーシーズン」に登場。3月から4月のリザーバーを攻略するためのオススメルアーやテクニックを詳しくご紹介しています。ぜひ本誌をご覧ください!

≪茂手木祥吾≫

■メディア名/コスミック出版「アングリングバス」Vol.22
企画「ミノー&ジグヘッド攻略術」に登場。春にデカバスが釣れる。しかもシャローで。なぜか?そんな初歩的な疑問から、実際に釣るための2つのルアーを使ったアプローチを、モテショーこと茂手木祥吾が詳しく解説しています。ぜひ本誌をご覧ください!

■メディア名/地球丸「ロッドアンドリール」4月号
企画「キャスティングMONOランキング!!」に登場。JB TOP50で活躍し、キャスティングのスタッフでもあるO.S.Pプロスタッフ茂手木祥吾が、ジャンルごとのオススメルアーをご紹介。売れスジランキングはどんなルアーを買えばいいか悩んでいる人必見!ぜひ本誌をご覧ください!

≪山岡計文≫

■メディア名/地球丸「ロッドアンドリール」4月号
「O.S.Pルアーポイント別三賢者の選択」に登場。今週のフィールドはリザーバー。冷え込みの厳しかった冬を終え、一気に春めいてくるこれからの季節。リザーバーではどのようなバスがどのように動き、それをどう狙っていったらいいのか?O.S.Pのリザーバーエキスパートが早春の攻略方法とオススメルアーをご紹介しています!ぜひ本誌をご覧ください!

■メディア名/名光通信社「週刊ルアーニュース」
池原&七色ダムを知り尽くしたリビングレジェンド、山岡による、七色ダムの状況とポイントなど、現場の生情報を掲載しています!

■メディア名/内外出版社『Lure Magazine Mobile』
コーナー名/「IKEHARAレジェンド」・・・地元七色・池原ダムのトーナメントにおける圧倒的な強さから付いた呼び名が“レジェンド”。そんな稀代のスーパーロコであり、JB TOP50シリーズを戦うトップトーナメンターでもある山岡プロが、老舗リザーバーを楽しむためのベーシックをわかりやすく解説中!!毎週水曜日更新!

≪寺沢庸二≫

■メディア名/地球丸「ロッドアンドリール」4月号
「O.S.Pルアーポイント別三賢者の選択」に登場。今週のフィールドはリザーバー。冷え込みの厳しかった冬を終え、一気に春めいてくるこれからの季節。リザーバーではどのようなバスがどのように動き、それをどう狙っていったらいいのか?O.S.Pのリザーバーエキスパートが早春の攻略方法とオススメルアーをご紹介しています!ぜひ本誌をご覧ください!

≪見上祥太≫

■メディア名/地球丸「ロッドアンドリール」4月号
「O.S.Pルアーポイント別三賢者の選択」に登場。今週のフィールドはリザーバー。冷え込みの厳しかった冬を終え、一気に春めいてくるこれからの季節。リザーバーではどのようなバスがどのように動き、それをどう狙っていったらいいのか?O.S.Pのリザーバーエキスパートが早春の攻略方法とオススメルアーをご紹介しています!ぜひ本誌をご覧ください!

≪森田哲広≫

■メディア名/名光通信社「週刊ルアーニュース」
隔週連載、琵琶湖プロガイド森田哲広’Sダイアリー「デカバス三昧」にて、この時期琵琶湖にマッチしたO.S.Pルアーをご紹介。状況変化の目まぐるしい季節に対応するルアーチョイスは必見です!

≪鈴木隆之≫

■メディア名/内外出版社『Lure Magazine Mobile』
コーナー名/「T’s 裏磐梯ノート。」・・・2012、2014年とJB桧原湖年間チャンピオンを獲得! 現在はJBトップ50、JBマスターズシリーズで活躍中。無類の勝負好きで、豊富なトーナメント参戦経験を持つ鈴木プロが、毎週桧原湖スモールの攻略法を紹介!毎週火曜日更新!

≪宮本洋平≫

■メディア名/内外出版社『Lure Magazine Mobile』
コーナー名/「Power of Science!」・・・2012シーズンは優勝を含むお立ち台4度と、弥栄ダムにおけるトーナメントで無類の強さを誇る宮本プロが、自身が収集した膨大なデータに基づく、週ごとにベストな攻略パターンを紹介!毎週水曜日更新!

≪奥村哲史≫

■メディア名/内外出版社『Lure Magazine Mobile』
コーナー名/「週刊・船頭のつぶやき。」・・・奥村船頭が、日々のガイドからフィードバックされる、琵琶湖の最新釣果情報&旬なテクニックを詳細にレポート!毎週木曜日更新!

ドライブスティック・リアクションネコリグの水中アクション動画を公開

2018.02.27
いよいよシーズンインも間近に迫ってきました!そこでぜひお試し頂きたいのが最近各地で密かな話題となっている、ドライブスティックのリアクションテキサスリグです。ノーシンカーによる自発的アクションや、トゥイッチングで優れたイレギュラーダートを披露しますが、テキサスリグも俊逸。リフト&フォールからシェイキングなど多彩なアクションを披露し、バスを誘います。ぜひこの動画のアクションをご参考に、フィールドでお試しください!

■ドライブスティック
https://www.o-s-p.net/products/dolivestick/