O.S.P,Inc.

Hottopics最新情報

トップページ > 最新情報

O.S.Pバスフィッシングマスタークラスのお礼

2016.11.04
11月3日(文化の日)、茨城県・潮来マリーナ内のバス管理釣り場、富士見池にて「2016O.S.Pバスフィッシングマスタークラス(親子釣り教室)」を開催しました。

dsc_7990_r

マスタークラスは、並木敏成が提唱する「若い世代にバス釣りの魅力を伝えるきっかけを作ってあげたい」という想いをもとに実現したO.S.Pの次世代アングラー育成プロジェクトの一環イベントです。

定員を大幅に上回るご応募を頂いたなかから、厳正な抽選によって35組の子供と保護者のペアが参加。ご応募いただいた皆様本当にありがとうございます!

当日の進行役は、TVをはじめ様々なメディアで活躍する2013アングラーズアイドルの晴山由梨さん。

dsc_7989_r

参加者にレクチャーするマスターの面々は全国各地で活躍するO.S.Pプロスタッフ勢!トーナメントの合間を縫って、マスタークラスに駆けつけてくれました。

dsc_7991_r

午前中はレクチャータイム。参加者のスキルに合わせたステップアップに繋がるノウハウをマスターがレクチャーしました。

dsc_8003_r dsc_8010_r

まずはハードプラグからスタート。ロッドのグリップを正しくするだけでルアーの飛距離が伸びたり、リトリーブスピードによってルアーのアクションや泳層が変わることで釣果に差が出ることを、多くの参加者が実感されていました。

その後はソフトベイトのレクチャータイム。ダウンショットをはじめ様々なリグの正しいセット方法や、アクション方法をマスターが参加者にレクチャーしました。

ルアーが上手くキャストできるようになって笑顔を見せるお子さんや、魚が釣れて喜ぶお父さんも大勢いらっしゃいました!

dsc_8094_r dsc_8093_r dsc_8092_r dsc_8091_r dsc_8090_r dsc_8089_r dsc_8088_r dsc_8087_r dsc_8086_r dsc_8085_r dsc_8084_r dsc_8083_r dsc_8081_r dsc_8078_r dsc_8075_r dsc_8072_r dsc_8071_r dsc_8068_r dsc_8065_r dsc_8057_r dsc_8054_r dsc_8053_r dsc_8051_r dsc_8050_r dsc_8047_r dsc_8042_r dsc_8038_r dsc_8037_r dsc_8036_r dsc_8035_r dsc_8033_r dsc_8029_r dsc_8022_r dsc_8020_r

ランチタイムはマスターと参加者のみなさんが一緒になってお弁当。なかなか話せる機会の少ないマスターとの会話で盛り上がりました。

dsc_8097_r

午後のプチトーナメントの前にマスターから参加者の皆さんへワンポイントアドバイス。なかでも並木はロッドのグリップ方法と、ルアーのアクションについて詳しく解説しました。まだ手の小さい子供がどうしたらしっかりグリップすることが出来るのか?やルアーの種類によってアクションの付け方をどうすれば良いかなど、お子さんと釣りの楽しむためのワンポイントはとても参考になったようです。

dsc_8103_r dsc_8107_r dsc_8116_r

午後はいよいよプチトーナメント開催!マスターに教わった釣り方を実践して魚をキャッチするお子さんの横で、午前中はお子さんにつきっきりだったお父さん、お母さんも自分の釣りに集中!皆さん本気の釣りモードになってビッグフィッシュを狙っていました。

dsc_8162_r dsc_8160_r dsc_8159_r dsc_8156_r dsc_8153_r dsc_8151_r dsc_8148_r dsc_8142_r dsc_8139_r

トーナメントは一匹の全長にて競われます。2016マスタークラスのプチトーナメントの上位10組に入賞したみなさん、おめでとうございます!

優勝:内山さんペア 30.0cm
2位:岩田さんペア 30.0cm
3位:三浦さんペア 29.5cm
4位:磯崎さんペア 29.5cm
5位:松田さんペア 29.4cm
6位:加藤さんペア 29.0cm
7位:山口さんペア 28.8cm
8位:高岡さんペア 28.8cm
9位:山口さんペア 28.8cm
10位:富井さんペア 28.7cm
※同寸の場合は申込順

上位5組には並木から賞品の贈呈。「何で釣ったの?」というインタビューに対して、自分ではなくお父さんが釣った事で悔し泣きする、将来ビッグな釣り人になりそうなお子さんの姿も。

dsc_8179_r dsc_8177_r

今回のイベント開催に際しまして、会場を使わせて頂いた富士見池様はじめご協賛頂きましたメーカーの皆様、そして参加して頂きました大勢の皆さん、本当にありがとうございました!このイベントを通じまして、お子さんとの楽しいフィッシングをより充実したものになれば幸いです。

来年も開催を予定しておりますので、皆様からのご応募お待ちしております!ありがとうございました!

dsc_8191a

ご協賛企業一覧(順不同):ダイワ、サンライン、FINA、ハーツマリン、CLT、BFC、リーニア(ライズファクトリー)

O.S.Pニューアイテム12月上旬発売 OVER RIDE 1/8oz.(3.5g) 新登場

2016.11.01
override_600

O.S.Pニューカラー12月上旬発売 JIG03HUNTS 4色登場

2016.11.01
hunts_600

O.S.Pニューカラー12月上旬発売 HIGHCUT SP 3色登場

2016.11.01
high_600

O.S.Pニューカラー12月上旬発売 VARUNA SPEC2 SF 3色登場

2016.11.01
varuna_600

O.S.Pニューカラー12月上旬発売 RUDRA F 2色登場

2016.11.01
rudra_600

O.S.P契約プロスタッフの登場メディアをご紹介します

2016.11.01
≪並木敏成≫

■メディア名/つり人社「バサー」12月号
好評連載リザーバー・マネジメントVol.4[後編]。10月上旬の相模湖での実釣をご紹介しています。秋が深まり、水温が適度に下がると魚がいろんな場所へ動けるようになる。シャローからスーパーディープまで、どこでも釣れる可能性がある。ただしそれはあくまで可能性の話。今回の記事ではどの季節でも「魚を見つける過程が重要である」という事実を明確になりました。詳細は本誌をご覧ください!

≪川村光大郎≫

■メディア名/つり人社「バサー」12月号
総勢25名の著名アングラーにアンケートした企画「こんなとき、どうします?「速さ」と「早さ」のアンケート」にて、読者が気になる様々な質問に回答しています。自分にとってベストな「速さ」と「早さ」を見付けるきっかけになること間違いなしです!ぜひご覧ください!

■メディア名/内外出版社「ルアーマガジン」12月号
今回で8回目を迎える特命釣行は嵐が吹き荒れる霞ヶ浦水系が舞台。そんな過酷な状況下で特命がターゲットにしたのは、初代陸王・川村光大郎。今回のお題は「2日間の釣行で異なるルアーおよびリグで釣獲した魚の合計5尾6キロ」。果たして川村はこのお題をクリアーできるのか?気になる内容は本誌ご覧ください!

■メディア名/内外出版社「ルアーマガジン」12月号
特集「十人十色 俺の必釣リグ」にて、川村光大郎のスナッグレスネコリグが紹介されています。ドライブクローラー4.5インチに最適なセッティングは必見です!

■メディア名/コスミック出版「アングリングバス」14号
秋のカスミ水系 ベイトの捉え方で釣果に差がつく!と題して、川村光大郎がベイトフィッシュを軸にした釣りをご紹介。フィールドごとのベイトフィッシュをリサーチし、ルアーをマッチングさせるノウハウを徹底解説!陸っぱりでつるためのテクニックとマインドは必見です!

■メディア名/内外出版社『Lure Magazine Mobile』
コーナー名/「OPEN MIND」・・・霞ヶ浦などの激戦区でどうしてコータローだけが常にバスを手にし続けられるのか? その答えのヒントはこのコラムにあり。川村プロが日々何を考えて自己の釣りを研鑽しているのか、その一部始終を大公開!毎週木曜日更新!

≪折金一樹≫

■メディア名/地球丸「ロッドアンドリール」12月号
巻頭特集にて「折金式 6時間で結果を出す方法 in 高滝湖」が掲載されています。リザーバーでのゲームメイクをいかに効率良く組み立てて結果を出すか?H1グランプリ2016で年間優勝を果たしたオリキンのゲームメイクのノウハウがぎっしりと詰まった内容になっています。高滝湖に通われている方は必見です!

■メディア名/内外出版社『Lure Magazine Mobile』
関東最強のロコトーナメンター、オリキンがルアマガモバイルにて11月18日より連載開始します!トーナメンターならではのガチテクをご紹介予定です。ぜひご登録ください!

≪橋本卓哉≫

■メディア名/内外出版社「ルアーマガジン」12月号
スピナーベイトの金字塔ハイピッチャーの系譜と題した特集記事が掲載されています。霞ヶ浦水系でスピナーベイトを武器に最も釣っている男、橋本卓哉が、ハシタク流のスピナーベイト奥義を読者の皆様に伝授しています!

≪山添大介≫

■メディア名/内外出版社「ルアーマガジン」12月号
好評連載「O.S.P通信」11月の印旛沼に欠かせない3アイテムと題して、オススメルアーと釣れるポイントをご紹介しています。印旛沼での釣行には欠かせない情報です!ぜひ本誌をご覧ください!

≪茂手木祥吾≫

■メディア名/コスミック出版「アングリングバス」14号
巻頭Angling Bass Closeup!にて登場。秋の霞ヶ浦水系にてドライブクローラー&ドライブシャッドで陸っぱり実釣!果たして釣果はいかに?ぜひ本誌をご覧ください!

■メディア名/コスミック出版「アングリングバス」14号
好評連載「知識ゼロから始めるバスフィッシング」にて、ベイトフィネスタックルをご紹介。ロッドやリールをはじめ、ベイトフィネスでドライブクローラーを使用する場合のセッティングなど、実釣に役立つ情報が掲載されています。ぜひ本誌をご覧ください!

≪キムショー≫

■メディア名/つり人社「バサー」12月号
総勢25名の著名アングラーにアンケートした企画「こんなとき、どうします?「速さ」と「早さ」のアンケート」にて、読者が気になる様々な質問に回答しています。自分にとってベストな「速さ」と「早さ」を見付けるきっかけになること間違いなしです!ぜひご覧ください!

■メディア名/つり人社「バサー」12月号
2016 W.B.Sプロトーナメントシリーズ第5戦の記事にて、準優勝チームで紹介されています。使用ルアーやトーナメント全体の模様については、本誌をご覧ください!

≪浦川正則≫

■メディア名/コスミック出版「アングリングバス」14号
連載企画Field Four Seasonsにて、11~12月の旧吉野川のキーポイントをご紹介。オススメルアーとテクニックが掲載されています。旧吉での釣行には必須の情報です!ぜひ本誌をご覧ください!

■メディア名/地球丸「ロッドアンドリール」12月号
好評連載「O.S.Pルアーポイント別三賢者の選択」にて登場。今月のフィールドは野池。秋になるとバスはより広範囲に散ってしまい水質はクリアになっていくのでバスはルアーを見切りやすくなる。そんな特性を踏まえた野池の攻略テクニックとオススメルアーをご紹介しています。ぜひ本誌をご覧ください!

≪小田圭太≫

■メディア名/コスミック出版「アングリングバス」14号
好評連載「I LOVE 淀川」にて、10月下旬から11月にかけたシーズンを攻略するためのオススメルアーおよびテクニックをご紹介しています。淀川での釣行には必須の情報です!ぜひ本誌をご覧ください!

■メディア名/地球丸「ロッドアンドリール」12月号
好評連載「O.S.Pルアーポイント別三賢者の選択」にて登場。今月のフィールドは野池。秋になるとバスはより広範囲に散ってしまい水質はクリアになっていくのでバスはルアーを見切りやすくなる。そんな特性を踏まえた野池の攻略テクニックとオススメルアーをご紹介しています。ぜひ本誌をご覧ください!

■メディア名/内外出版社『Lure Magazine Mobile』
コーナー名/「関西都市型河川フリーク!」・・・ビッグバスリバーとして名高い淀川にて、ガイドを営む、若き名手、小田プロが、メジャーフィールドを365日楽しむパターンを毎週レクチャー!毎週金曜日更新!

≪松村寛≫

■メディア名/つり人社「バサー」12月号
2016 W.B.Sプロトーナメントシリーズ第5戦の記事にて、準優勝チームで紹介されています。使用ルアーやトーナメント全体の模様については、本誌をご覧ください!

≪ジェイソン・フェリス≫

■メディア名/地球丸「ロッドアンドリール」12月号
好評連載「O.S.Pルアーポイント別三賢者の選択」にて登場。今月のフィールドは野池。秋になるとバスはより広範囲に散ってしまい水質はクリアになっていくのでバスはルアーを見切りやすくなる。そんな特性を踏まえた野池の攻略テクニックとオススメルアーをご紹介しています。ぜひ本誌をご覧ください!

≪山岡計文≫

■メディア名/名光通信社/週刊ルアーニュース
池原&七色ダムを知り尽くしたリビングレジェンド、山岡による、七色ダムの状況とポイントなど、現場の生情報を掲載しています!

■メディア名/内外出版社『Lure Magazine Mobile』
コーナー名/「IKEHARAレジェンド」・・・地元七色・池原ダムのトーナメントにおける圧倒的な強さから付いた呼び名が“レジェンド”。そんな稀代のスーパーロコであり、JB TOP50シリーズを戦うトップトーナメンターでもある山岡プロが、老舗リザーバーを楽しむためのベーシックをわかりやすく解説中!!毎週水曜日更新!

≪奥村哲史≫

■メディア名/内外出版社『Lure Magazine Mobile』
コーナー名/「週刊・船頭のつぶやき。」・・・奥村船頭が、日々のガイドからフィードバックされる、琵琶湖の最新釣果情報&旬なテクニックを詳細にレポート!毎週木曜日更新!

≪鈴木隆之≫

■メディア名/内外出版社『Lure Magazine Mobile』
コーナー名/「T’s 裏磐梯ノート。」・・・2012、2014年とJB桧原湖年間チャンピオンを獲得! 現在はJBトップ50、JBマスターズシリーズで活躍中。無類の勝負好きで、豊富なトーナメント参戦経験を持つ鈴木プロが、毎週桧原湖スモールの攻略法を紹介!毎週火曜日更新!

≪早川純一≫

■メディア名/内外出版社『Lure Magazine Mobile』
コーナー名/「マッディウォーターのススメ」・・・印旛沼をホームにトーナメントを開催している「成田エアポートバサー21」の会長であり、長年同フィールドで釣りをしてきた早川プロが、老舗水系攻略の手引き&楽しみ方を伝授!毎週金曜日更新!

≪宮本洋平≫

■メディア名/内外出版社『Lure Magazine Mobile』
コーナー名/「Power of Science!」・・・2012シーズンは優勝を含むお立ち台4度と、弥栄ダムにおけるトーナメントで無類の強さを誇る宮本プロが、自身が収集した膨大なデータに基づく、週ごとにベストな攻略パターンを紹介!毎週水曜日更新!

≪三宅貴浩≫

■メディア名/名光通信社/週刊ルアーニュース
布目ダムマスター三宅による、布目ダムの近状とポイント、おすすめルアーなど現場の生情報を掲載しています。

≪森田哲広≫

■メディア名/名光通信社/週刊ルアーニュース
隔週連載、琵琶湖プロガイド森田哲広’Sダイアリー「デカバス三昧」にて、この時期琵琶湖にマッチしたO.S.Pルアーをご紹介。状況変化の目まぐるしい季節に対応するルアーチョイスは必見です!

2016 11月2日〜10月5日の全国出荷情報となります。(※地域別に出荷となりますので、販売店様への納品日に差が生じます。)

2016.11.01
新製品が1アイテム、新色が4アイテム追加となります。

【新製品】
新製品は低水温期の定番『オーバーライド』のライトウエイトモデル『3/16oz』が発売となります。

【新色】
・『ハイカットDR-SP』から3色(アイスブルーシャッド・ダズラーベイビーギル・ピンククラウン)が追加となります。
・『ダンクSP』から3色(ダズラーベイビーギル・ゴーストマットアユ・鮒鱗)が追加となります。
・『パワーダンクSP』から3色(ダズラーベイビーギル・ゴーストマットアユ・鮒鱗)が追加となります。
・『O.S.Pパーカーモデル6』から4色(ネイビー・ダークブラウン・ブルー・ベージュ)が追加となります。

NEW ITEM
OVER RIDE 11月上旬新商品

NEW COLOR
High Cut DR-SP 11月上旬新色
DUNK SP 11月上旬新色
Power DUNK 11月上旬新色


LURES
<プラグ>
High Cut DR-F
HPF CRANK(重心移動タイプ)
HPF CRANK SPEC2
TINY BLITZ
TINY BLITZ MR
TINY BLITZ DR
Rattin’ BLITZ
Rattin’ BLITZ MAX
BLITZ
BLITZ MR
BLITZ EX DR
BLITZ MAX DR
VARUNA S (ソルト対応モデル)
RUDRA SP(ソルト対応カラー)
RUDRA S (ソルト対応モデル)

<ワイヤーベイト>
HIGH PITCHER ※ECOモデルあり
HIGH PITCHER MAX
TYPHOON3/4oz.TW

<ジグ>
O.S.PJIG ZEROONE (ファイン&シリコンラバー※ECOモデルあり)
O.S.P JIG ZEROONE STRONG
O.S.PJIG ZEROTHREE HUNTS (ファイン&シリコンラバー※ECOモデルあり)
O.S.P JIG ZERO THREE “HUNTS” STRONG
O.S.PJIG ZEROFOUR SYNCHRO ※ECOモデルあり
O.S.P BLADEJIG※ECOモデルあり

<ワーム>
DoLive Stick FAT 4.5″
DoLive Hog 2.5″
DoLive Curly 4.5″ ※ECOモデルあり
HP Shadtail 2.5″&3.1″ ※ECOモデルあり
DoLive Shad 3.5″&4.5″&6″ ※ECOモデルあり
DoLive Shrimp3″&4″&4.8″&6″ ※ECOモデルあり
DoLiveCraw2″&3″&4″&5″ ※ECOモデルあり
DoLiveCrawler 3.5″&4.5″&5.5″&6.5″ ※ECOモデルあり
DoLive Stick3″&3.5″&4.5″&6″ ※ECOモデルあり
DoLive Stick SPEC2 3″&3.5″&4.5″&6″ ※ECOモデルあり
Mylarminnow 2.5″&3.5″
Action Trailer

<キャップ>
O.S.Pワークキャップ モデル2
O.S.P撥水ワークメッシュキャップモデル2
O.S.Pキャップ
O.S.Pメッシュキャップモデル6
O.S.Pロゴメッシュキャップ
O.S.Pサンバイザーモデル4

<ウェア>
O.S.Pライトパーカーモデル2
<ACCESSORY>
スタンダードトレブルフック(O.S.P純正トレブルフック)
ハイピッチャーブレード
O.S.P復興サポーターズマウスパッド

<STICKER&WAPPEN>
Let’s Go! BASSIN’ ステッカー
O.S.P ボートデッキステッカー
O.S.P ポッティングステッカーモデル2
O.S.Pウィングステッカー
O.S.Pステッカー
O.S.Pワッペン

<DVD>
T.NAMIKI’S JAPANTRAIL part1
T.NAMIKI’S JAPANTRAIL part2
バスフィッシング入門DVD『BEGIN』vol.1基礎編
バスフィッシング入門DVD「BEGIN」vol.2実践編
「BASSIN’ ROAD2 part1 THE WINNING」「BASSIN’ ROAD2 part2 THE DEADHEART」
「BASSIN’ ROAD3 SurfaceSummer」


<BOOK>
「O.S.P MAGAZINE」

【動画】ジェイソン・フェリスがおすすめするエキサイティング! ロックフィッシュゲーム!!~バスタックルで、狙え! 高級魚!!~

2016.10.31


ドライブクローやドライブシャッド、そしてHPシャッドテールなど、本来はバスフィッシング用にリリースされたO.S.Pのソフトベイトが、ソルトウォーターでも大活躍していることをご存知のアングラーは多いでしょう。今回はそれらアイテムを用いたロックフィッシュゲームを、O.S.Pプロスタッフのジェイソン・フェリスが解説します。

舞台は千葉県館山沖。ドライブクローのテキサスリグをメインに、コンディションに応じてHPシャッドテールのジグヘッドも投入しながら、ロックフィッシュを次々に攻略。その多くは高級魚として名高いアカハタ。これが約4時間の釣行で次々と釣れるのだから、これを見逃さない手はありません。

しかも専用のタックルは不要。普段使っているバスタックルで、みなさんも釣って楽しい、食べておいしい高級魚を狙ってみては!?

バサーオールスタークラシック2016ご声援お礼のご報告

2016.10.31
tn1

10/29(土)~30(日)に千葉県・道の駅 水の郷さわらを会場に開催されました「バサーオールスタークラシック2016」にご来場いただきましたみなさま、また並木敏成へご声援をお送りいただきましたみなさま、誠にありがとうございました。

おかげさまで弊社ブースでのワームつかみ取りやガチャガチャ、またトークショーなど、すべてのイベントにおきまして大盛況のうちに幕を閉じることができました。

また、競技終了後のファン交流会では、たくさんの方々に寒い中、長時間お並びいただきましたことにも感謝いたします。

これもひとえにO.S.Pを応援してくださるみなさまのお陰であると社員一同感じております。

今後ともO.S.Pをなにとぞよろしくお願い申し上げます。

この場をお借りして、お礼申し上げます。

並木敏成
O.S.P社員一同