オカッパリの強い味方ドライブスティック
10年09月16日

先日のコラムではルドラの高速引きについてご紹介させていただきました。今回はそのフォローにオススメのアイテムをご紹介させていただきます。
伊藤維将(広島県フィールド全域)
O.S.P FIELD STAFF
広島県のメジャーフィールド白竜湖を中心に、旬な釣りを求めて野池、川、ダム湖とあらゆるタイプのフィールドを駆け回るオカッパリアングラー。釣りのスタイルもフィネスからビッグミノーまで隙なく使いこなすハイレベルオールラウンダーであり、その豊富な経験から発信する情報は信頼性も高い。地元ショップ『フィード』に勤務し釣り漬けの人生を歩む。
ドライブスティック6インチ
最近は『ドライブスティック6インチ』のお陰でデカバスをキャッチできているようなものです。

それぐらい私にとって超1軍ローテーション入りのアイテムとなっています。

(写真:ドライブスティック6"でキャッチしましたナイスバスです。)

今まではひとしきりハードルアーで攻めた後はライトリグでフォローというのがお決まりのパターンでしたが、このワームに関してはハードルアー、ライトリグ共に反応しにくい魚が反応しているように思います。

6インチというボディサイズは一見、オカッパリでは大きく感じてしまいがちですが、実はメリットがたくさん存在します。

ではオカッパリの視点から見るドライブスティック6インチのメリットとは一体なんでしょうか??

まずひとつはベイトタックルでアプローチできるということ。

私自身、機動力を重視するためあまりロッドの本数を持ち歩く方ではありません。

そうなるとルドラのような大型のハードルアーからフォローベイトとなるようなスローな釣りまでをワンタックルでまかなうことが課題となってきます。

しかし、ドライブスティック6インチを忍ばせておくだけで、ハードルアーで攻めていたポイントで「スローに攻めたい」と思った時即座に結び変えて即キャストといった具合にベイトタックル1本で攻めの釣りからフォローまでこなすことが可能となります。

このローテーションがさらなる1本を引き出してくれます。

そしてこの6インチサイズの最大のメリットは、ノーシンカーであってもぶっ飛びの飛距離!

先日のルドラのレポートでもお話させていただきましたが、大きさ(重さ)があるということは遠くからアプローチできるということ。

そのためノープレッシャーで魚にアピールさせることでき、警戒心を与えることなくバスが口を使ってくるわけです。

ルアーが大きいから食わないというのはこの場合関係なく、バスとの距離感の方がよほど重要ということです。

また、「大きいルアーには大きいバスが釣れる!」というフレーズを聞いたことがあると思いますが、それはこのワームに充分言えることです。

(写真:このサイズだからこそ反応してくる、と思って使用しています。)

最後に、ドライブスティックの最大の特徴と言えばやはりフォールアクションです!

どんな動きかということはO.S.PのWEBページで公開している水中アクション動画を見ていただければ一目瞭然ですが、この自発的アクションでのバスへのアピールは抜群です。

人為的なアクションで起こるラインの音や不自然な動きは見せて食わすスローな釣りには特にプレッシャーがかかってしまいます。

使ってみないとこのワーム良さ、アクションは実感できませんが自発的アクションというのはこんなにもプレッシャーがかからないものだと実感していただけると思います。

ドライブスティック6インチのキャスタビリティとサイズアピール、そしてアクション性能はオカッパリの視点からみると本当に良い事だらけです。

今年は私自身、このワームでかなりの数のバスをキャッチしています。

皆さんも是非、ドライブスティックの魅力を味わっていただきたいと思います。

これは買わなきゃ損!損!(笑)

(写真:サイズと数ともに、ドライブスティック6"で良い釣りできていますよ!!)

BACK NUMBER: