O.S.P,Inc.

Movie動画

トップページ > 動画

Worming Tips Files_014~ドライブシャッド編~by折金一樹

2017.09.22
それぞれ、しっかりとした狙いがあってカタチになっているO.S.Pのソフトルアーシリーズ。種類、カラー、サイズ等様々な選択肢がある中で、1つ1つずつそのルアーの性能、特長、そしてメリットを紹介していくシリーズ動画、それが「WormingTipsFile」。

今回は発売以来、いまだその人気は衰えることを知らないドライブシャッドシリーズ。その中から3.5インチと4.5インチをメインにひっさげて、オリキンがおかっぱりで解説しています。

野池では見えバスを攻略するだけでなく、パワーフィネスタックルで遠投し、対岸のブッシュから引き出すという荒技を見せています。また河川においては、誰もが目をつけるようなインレットからビッグバスを引き出すことに成功。オリキンのテクニックが光る動画となっています。

ただ釣りをするだけでなく、使い方やサイズの使い分けについても言及。おかっぱりアングラーにはぜひご覧いただきたい映像満載の一本です!!

■ドライブシャッド
http://www.o-s-p.net/products/doliveshad/

関連商品

オリキンぱんでみっく 第1回 ラウダーで水面ゲーム

2017.09.13
独特の感性を持つオリキンこと折金一樹が、独自の視点でO.S.Pの各種ルアーを解説する新シリーズ。

記念すべき第一回のテーマはラウダー。さっそくロケに向かうも、土砂降りの雨に見舞われて仕切り直し。おかっぱりに切り替えてビッグバスを狙います。

釣りだけでなく、オリキンが感じているラウダーシリーズの特徴や使い方などについてもじっくり解説。もちろん、オリキンらしさあふれるシーンも盛り込まれています。

巻き物シーズンが本格化するこの時期。ぜひご覧いただき、ラウダーでの水面ゲームをお楽しみください。

■ラウダープロダクツページ
http://www.o-s-p.net/products/louder60/
http://www.o-s-p.net/products/louder70/

関連商品

2kgフィッシュを筆頭に連日バイトを量産!! 並木敏成が津久井湖で実証したドライブビーバーの実力

2017.09.12
発売前からすでに話題騒然のドライブビーバー3.5インチ。自発的でありながらも、トルクフルなバサロアクションが特徴の、新たなホグ系ワームである。バサロパドルを力強く「ギュンギュンギュン」を振る様は、これまでに類を見ないアクションでスレきったバスをも魅了。

そんなドライブビーバー3.5インチをひっさげて、並木敏成が向かったのは関東を代表するハイプレッシャーレイク、津久井湖。 平日、週末を問わず多くのアングラーで賑わい、常にプレッシャーにさらされているのは周知のとおり。

加えて今回は、上流域で起きた土砂崩れの濁りが蔓延し、タフコンディションに拍車をかける。 そんな悪条件をものともせず、並木×ドライブビーバーのタッグが炸裂!

ロケ初日は14匹、翌日は半日に限定した釣行ながら9匹のバスをもたらしただけでなく、2kgフィッシュも飛び出し大賑わいの釣果となった。

この動画ではドライブビーバーの特徴や使い方だけでなく、これまでにリリースしてきたドライブシリーズ、HPシリーズの特徴についても言及。言うまでもなく、見どころ満載のムービーとなっています。

■ドライブビーバー3.5″プロダクツページ
http://www.o-s-p.net/products/dolivebeaver

※お詫びと訂正
タックルデータのテロップにおきまして、T・N・Sオフセット3/0となっていますが、正しくは2/0です。ここにお詫びし、訂正させていただきます。

関連商品

カバー用スモラバ ジグ05タッガーでビッグバスを次々キャッチ!! タフな相模湖で寺沢庸二が実釣&解説!!

2017.09.09
O.S.Pが新たにリリースするジグ「JIG 05 TUGGER(タッガー)」は、カバー攻略に特化したスモールラバージグ。

今回は神奈川県のメジャーリザーバー相模湖をメインに活躍するO.S.Pプロスタッフ寺沢庸二が、タッガーで早秋の相模湖に挑みます。

適度なスリ抜けと誘いの間を与えるスタック感を両立したハーフスタックヘッドのタッガーで、カバー最奥に潜むモンスターを攻める寺沢。

タフな相模湖で次々とビッグバスを引きずり出すタッガーのポテンシャルをぜひご覧ください!

■JIG 05 TUGGER プロダクツページ
http://www.o-s-p.net/products/tugger/

Worming Tips Files_013~オリカネ虫シリーズ編~by折金一樹

2017.08.25
それぞれ、しっかりとした狙いがあってカタチになっているO.S.Pのソフトルアーシリーズ。種類、カラー、サイズ等様々な選択肢がある中で、1つ1つずつそのルアーの性能、特長、そしてメリットを紹介していくシリーズ動画、それが「WormingTipsFile」。

今回はO.S.Pが誇る虫系ワーム「オリカネ虫」および「オリカネ虫ダディ」について、考案者であるオリキンこと折金一樹が自ら解説。

夏の野池と七色貯水池を舞台に、オリカネ虫シリーズの出しどころや使い方、カラーの使い分け、そして最適なタックル選びまで、事細かに解説しています。ボートから攻めた七色貯水池では、圧巻の55cmも登場!!

バスが見えているときはサイトで、そうでないときはサーチをしながら。そしておかっぱり、ボートを問わず活躍の場があるオリカネ虫シリーズ。この動画を参考に、ぜひアナタの食わせの武器のひとつとして、ラインナップに加えてください!!

■オリカネ虫
http://www.o-s-p.net/products/orikanemushi/

■オリカネ虫ダディ
http://www.o-s-p.net/products/orikanemushidaddy/

ハイピッチャーとO.S.Pブレードジグで連発!! 夏のワカサギパターン@亀山湖~中層フィーディング編~

2017.08.25
すでに公開中の「夏のワカサギパターン@亀山湖~中層フィーディング編~」の続編。朝マヅメの表層フィーディングがひと段落すると、バスはそのレンジをひとつ下げて、中層でエサを追います。ここでO.S.Pプロスタッフの大塚高志が使用するのが、O.S.Pブレードジグとハイピッチャーです。

基本的にはそれぞれ、ただ投げて巻くだけでOK。根掛かりが心配ならハイピッチャー。オープンウォーターではO.S.Pブレードジグを使い分け、中層で果敢にエサを追うバスを連発!

またサマーパターンの王道、縦ストラクチャーの攻略にもこれらルアーがひと役買います。まだまだ残暑厳しく、サマーパターンが幅をきかせるフィールドで、ぜひお試しください。

ハシタク、どうしよう。第1回「与田浦・ナサカでやるときゃやる男。」の巻

2017.08.24
多くのO.S.Pファンおよびハシタクファン(?)からのアツい要望を受けて、いよいよスタートしましたO.S.Pプロスタッフのハシタクこと、橋本卓哉のレギュラー番組「ハシタク、どうしよう。」の記念すべき第一回目!

行き先はロケ当日の朝、サイコロで決定するというガチのぶっつけ本番。しかしそこは百戦錬磨のハシタク。当日の状況をいち早く見抜き、確実にバスを手にしていきます、たぶん… 番組内ではO.S.Pファンにとってタメになる解説あり、ときに失笑あり、そしてハシタクファンにはたまらない素顔も垣間見える、「ゆるマジおかっぱり」釣り番組となっています。

今回、サイコロで引き当てた行き先は「与田浦・外浪逆浦」エリア。エントリーしやすく足場もいいため、平日・週末を問わず多くのアングラーで賑わうフィールド。ハシタクのカスミ水系の定宿がある、土浦市阿見から1時間近い移動の末に待っていたのは果たして爆釣か、それとも…… その結果は、ぜひ番組をご覧ください!!

関連商品

ドライブビーバー3.5″水中アクションムービー

2017.08.19
シャローカバーのみならず、オープンウォーターやディープウォーターのセレクティブなバスも思わず口にする魅惑のバサロアクションを披露する、並木敏成監修のドライブビーバー3.5″リグ別水中アクションムービーです。

バサロパドルがボディを大きく揺らしながらトルクフルなバサロアクションを披露。スローな食わせからスピーディなリアクションまで幅広く対応するドライブビーバーのアクションをぜひご覧ください。

■ドライブビーバー3.5″プロダクツページ
http://www.o-s-p.net/products/dolivebeaver/

関連商品

ドライブシャッド一本勝負!オリキンvs浦川正則

2017.08.13
旧吉野川水系へとやってきたオリキン。この水系といえば外せないのが同じO.S.Pプロスタッフの浦川正則。

そこで無謀とも思える企画が発動! 師範代こと浦川正則のホームグラウンドで、これまた浦川が得意とするドライブシャッドのみで一匹長寸を競うというタイマン勝負を実施することに!! 

果たして、勝敗の行方は……!? 手に汗握る真剣勝負をぜひ、ご覧ください。

関連商品

大興奮!! 水面炸裂!! 夏のワカサギパターン@亀山湖 ~表層のボイル撃ち編~

2017.08.04
水温の上昇によって湖面にはアオコが発生する。この影響で酸欠状態になったワカサギが水面付近に漂い、それをバスが果敢に捕食するのが夏のワカサギパターンである。

この動画ではO.S.Pプロスタッフの大塚高志が、HPミノー3.1インチとマイラーミノーによるワカサギパターンの攻略法を解説。難しいテクニックは必要ない。

表層で漂うワカサギを意識した動きさえ出せれば、バスはいとも簡単に水面を割る!興奮必至のサーフェスゲームをぜひ、お楽しみください。

■HPミノー3.1″
http://www.o-s-p.net/products/hpminnow/ ■マイラーミノー
http://www.o-s-p.net/products/mylarminnow/

関連商品

Worming Tips Files_012~テナガエビパターンを実証!!~ by大塚高志

2017.08.04
それぞれ、しっかりとした狙いがあってカタチになっているO.S.Pのソフトルアーシリーズ。種類、カラー、サイズ等様々な選択肢がある中で、1つ1つずつそのルアーの性能、特長、そしてメリットを紹介していくシリーズ動画、それが「Worming TipsFile」。

今回は夏の霞ヶ浦水系が舞台。梅雨が明ける初夏から、産卵行動のため浅瀬に寄るテナガエビを捕食するバスをターゲットにした「テナガエビパターン」について、O.S.Pプロスタッフの大塚高志が実証します。ここで使用するソフトルアーは2つ。ひとつはドライブスティックファット4.5インチ。バックスライドセッティングで、エビが沈んでいく様や跳ねる動きを演出。もうひとつはドライブカーリー4.5インチ。スナッグレスネコリグで、こちらもエビが逃げ惑う動きを演出するだけでなく、2本のカーリーテールがエビの触覚を模し、ビジュアル面でバスにアピール。

ここでご紹介する使い方やテクニックを参考に、ぜひシャロー攻略にお役立てください。

Seasonal Tips Files_010~北田朋也が解説する真夏の北利根川・外浪逆浦~

2017.08.01
そのフィールドのバスやベイトの動き、さらにはフィールド特有の癖なども把握しているO.S.Pプロスタッフ達が、シーズナルな攻略法を実釣を交え解説するコーナーSeasonal Tips。

第10回目はO.S.Pフィールドスタッフのニューフェイス、北田朋也が北利根川・外浪逆浦の8月に有望なエリアを紹介。足場がよくエントリーがしやすいため、週末ともなれば多くのアングラーで賑わう人気エリア。

バスのストックは多いものの、ハイプレッシャーの影響でなかなか口を使ってくれないことも。しかし丁寧な攻めを心がければ、必ずバスをキャッチできるでしょう。

おかっぱりながら、ときにはディープクランクが出番となることも。そんな人気エリアを北田朋也が余すところなくご紹介します!

関連商品

減水に見舞われたカスミ水系でグッドサイズが水面を割る!!大塚&マシューがカスミ水系を02ビート&ラウダーで攻略!!

2017.07.24
O.S.Pプロスタッフの大塚高志と安達真秀が、霞ヶ浦水系のおかっぱりに、しかもトップウォーターのみでチャレンジ。減水に見舞われ、バンク際を攻めていくには非常に厳しい状況。そんな中、比較的減水に強い水深があるエリアをラン&ガン。ラウダーとO.S.Pバズ02ビートを主軸に据え、大塚、安達ともにグッドサイズのバスをキャッチすることに成功! 興奮必至のトップウォーターゲーム。この動画を参考にみなさんもぜひ、チャレンジしてみてください。

■ラウダー70
http://www.o-s-p.net/products/louder70/

■ラウダー60
http://www.o-s-p.net/products/louder60/

■02ビート
http://www.o-s-p.net/products/o-s-p-buzz-zero-two-beat/

オリキンはじめてのアメリカ旅行!! 広大なリザーバーでビッグバスをキャッチ!?

2017.07.20
2016年H-1グランプリで年間優勝を勝ち取ったO.S.Pプロスタッフ・オリキンこと折金一樹が、副賞のアメリカ旅行へと旅立ちました。

念願だった本場アメリカのバスプロショップス訪問でテンション上がりまくりのオリキン。かと思いきや、フィールドではいつもの冷静沈着なスタイルで実釣するなど、オリキンワールド全開。

果たしてオリキンはアメリカの広大なリザーバーでビッグバスを手にすることが出来るのか?

いつもの実釣動画とはひと味違う?オリキン動画をぜひご堪能ください!

鈴木隆之、初めての相模湖に得意のサイトフィッシングで挑む!

2017.07.07
サイトフィッシングを得意とするO.S.Pプロスタッフ・鈴木隆之が、はじめて足を踏み入れる相模湖。

関東屈指の超メジャーレイクに、サイトフィッシングだけで挑戦! ロケを行なったのは6月上旬。本来であればクリアな水を湛える相模湖だが、ロケ当日はアオコの濁りが湖の全域に蔓延し、バスはなかなか見えない状況。

しかし、風上の濁りが比較的マシなエリアで目にした貴重な一匹を、確実にキャッチしていく… そして出会った45cmオーバー。鈴木隆之のサイトフィッシングの核となるオリカネ虫を正確無比なアプローチで送り込み、食わせることに成功‼︎ 手に汗握るスリリングなファイトを、お見逃しなく。

関連商品

並木敏成が直接指導!ラウダーシリーズ使いこなし特効薬

2017.06.21
2016年、O.S.P初のポッパーとなるラウダーがリリースされた。そして今年、そのダウンサイジング版となるラウダー60が登場。そこでこの動画では並木敏成が、ラウダーシリーズの使いこなし方について、実釣を交えながら解説。’16年の晩春に韓国の大規模河川で行ったロケでは、グッドサイズを連発! またこの春に行ったカスミ水系のおかっぱりロケにおいても、幾度も水面を割らせることに成功した。この動画を参考に、ぜひラウダーシリーズで興奮必至のサーフェスゲームを楽しんでほしい。

■ラウダー70
http://www.o-s-p.net/products/louder70/

■ラウダー60
http://www.o-s-p.net/products/louder60/

関連商品

54cm 3kgのビッグバスをキャッチ!! ドライブクローラー9インチを浦川正則が徹底解説

2017.06.12
2017年春の発売以来、各地でビッグバスを量産しているドライブクローラー9インチ。これまでの4.5インチや5.5インチを見慣れていると、9インチというある意味、特殊なサイズ感に敬遠している人も少なくないだろう。

だが、この映像を見れば使ってみたくなるはず。徳島のメジャーな小規模河川で3月下旬に行ったロケでは、54cm・3kgというビッグバスを浦川正則が捕獲! この一匹を手にした本人も驚きを隠せない様子が鮮明に記録されている。ストレートワームが得意としている、あらゆるリグに対応するドライブクローラー9インチ。ぜひ、この動画を参考に、あなたもそのポテンシャルを体感してほしい。

関連商品

Seasonal Tips Files_009~安達真秀が解説する6月の北浦攻略~

2017.06.07
そのフィールドのバスやベイトの動き、さらにはフィールド特有の癖なども把握しているO.S.Pプロスタッフ達が、シーズナルな攻略法を実釣を交え解説するコーナーSeasonal Tips。

第9回目は今期より新たにO.S.Pフィールドスタッフに加わった安達真秀が、ホームグラウンドである北浦の、6月に有望なエリアを紹介。時間が許す限り、出勤前の朝練は欠かさないという安達真秀の経験と実績によって導き出されたエリア選びは、参考になること必至。

また6月上旬にいよいよデビューを迎えるHPミノー3.1インチは、クリアウォーターだけでなく北浦のようなマッディレイクでも有効なことを実証した映像でもあります。週末ともなると、たくさんのアングラーで賑わう人気フィールド、北浦。ここで人と差がつく釣果を安達真秀がお約束します! ぜひ、ご覧ください。

■HPミノープロダクツページ
http://www.o-s-p.net/products/hpminnow/

関連商品

O.S.PブレードジグSPEC2 オリジナルとの違いを並木が解説!!

2017.06.02
2017年6月にリリースされる並木敏成監修により誕生した「O.S.PブレードジグSPEC2」は、これまで数多くの釣果実績を誇っているブレードジグのO.S.P WORKSセカンダリーモデル。この動画では、ブレードジグSPEC2の特徴と使い方を、水中アクションシーンを交えながら並木が解説しています。また、オリジナルモデルの特徴もあわせてご紹介していますので、オリジナルとSPEC2のアプローチによる明確なアクションの違いをご覧いただけます。

■O.S.Pブレードジグ
http://www.o-s-p.net/products/o-s-p-blade-jig/

■O.S.PブレードジグSPEC2
http://www.o-s-p.net/products/bladejig_sp2/

O.S.P WORKS LOCO始動!! 第一弾は折金一樹監修のオーバーリアル63ウェイク!!

2017.05.30
O.S.Pの新たなブランド、「O.S.P WORKS LOCO」が始動する。その第一弾は折金一樹監修のオーバーリアル63ウェイク。ハードルアーらしからぬ多彩なアクションによるアピールと高い食わせ能力を兼ね備えた、ハイブリッドジョイントウェイクミノーで、随所に折金が求めたギミックがちりばめられている。今回の動画では、折金一樹自らが、早春の相模湖で実釣をまじえて解説。シャローにあがりたての気むずかしい個体がいともたやすく反応するシーンに、このルアーのポテンシャルが垣間見える!

■オーバーリアル63ウェイクプロダクツページ
http://www.o-s-p.net/products/overreal63wake/

関連商品

1 / 912345...最後 »