O.S.P,Inc.

Movie動画

トップページ > 動画

浦川正則が伝授。タフな状況を打破する強い味方!冬バスを確実に獲るダンク戦術

2016.11.09
旧吉野川水系の師範代、浦川正則がこれからの時期に欠かせない、ダンク&パワーダンクの使い方を解説します。

水温が低下し、タフさを極める冬を前に、厳寒期の強い味方となってくれるダンクシリーズをぜひ、マスターしてください。

動画後半の緊迫感あふれるグッドサイズとのやりとりは、思わず手に汗を握るでしょう…

■DUNK48SP
http://www.o-s-p.net/products/dunk-48-sp/

■DUNK48F
http://www.o-s-p.net/products/dunk-48-f/

■POWER DUNK57SP
http://www.o-s-p.net/products/power-dunk-57-sp/

■POWER DUNK57F
POWER DUNK 57 F

ジェイソン・フェリスがおすすめするエキサイティング! ロックフィッシュゲーム!!~バスタックルで、狙え! 高級魚!!~

2016.10.31
ドライブクローやドライブシャッド、そしてHPシャッドテールなど、本来はバスフィッシング用にリリースされたO.S.Pのソフトベイトが、ソルトウォーターでも大活躍していることをご存知のアングラーは多いでしょう。今回はそれらアイテムを用いたロックフィッシュゲームを、O.S.Pプロスタッフのジェイソン・フェリスが解説します。

舞台は千葉県館山沖。ドライブクローのテキサスリグをメインに、コンディションに応じてHPシャッドテールのジグヘッドも投入しながら、ロックフィッシュを次々に攻略。その多くは高級魚として名高いアカハタ。これが約4時間の釣行で次々と釣れるのだから、これを見逃さない手はありません。

しかも専用のタックルは不要。普段使っているバスタックルで、みなさんも釣って楽しい、食べておいしい高級魚を狙ってみては!?

つきぬけろ!オリキン【リベンジ】~第4回後編 真夏の霞ヶ浦水系岸釣り~

2016.10.28
永らくおまたせしました!!ハードベイトオンリーのH1トーナメントや、印旛沼をメインにするトーナメントNAB21で暫定1位だったり、亀山湖では3本6,500gUPのBIGウェイトをウェイインするなど大活躍中のオリキン。

そんな、つきぬけ中で多忙な同氏がこの番組に帰ってきましたよ。

恒例のコータローお題を達成すべく、夏の熱い霞ヶ浦水系を岸から攻めぬきます!この時期の鉄板ロケーションとなる水路や流入河川を中心に、巻いたり撃ったり寝そべったり・・・!?

「さあ、ついに、ついに、つきぬけてくれるんだな!!」と期待を込めて見るも良し。「今回の罰ゲームはどんなやつなのかな~?」とそっちに期待を込めて見るも良し。

オリキンによる夏の霞ヶ浦水系オカッパリ実釣を、是非ご覧下さい!!

関連商品

秋の霞ヶ浦をハイカットDR-Fで攻略!! by橋本卓哉

2016.10.28
霞ヶ浦水系のプロアングラーと言えば、橋本卓哉。W.B.S.トーナメントを始めJBや霞ヶ浦水系のプロガイドとしても活動中。橋本プロが得意とするパターンの一つに「秋の巻物」がある。

今回は2016年9月にリリースとなったハイカットDRのフローティングモデルを、橋本プロが実釣を交えて徹底解説!!

基本的な性能や、サスペンドチューン、また有効なロケーションをボート&オカッパリの両視点からレクチャーします。

秋が深まり低水温期には圧倒的なアドバンテージとなるシャッディング動画を是非ご覧下さい。

■ハイカットDR F
http://www.o-s-p.net/products/highcutdrf/

関連商品

オーバーライドが炸裂!! 並木&寺沢が探し当てた秋の相模湖ディープパターン

2016.10.28
秋は日替わりとはよく言ったもので、長雨による水位の変動や著しい水温の変化など、さまざまな自然環境の影響を受けるため、昨日のパターンが今日も通じるとは限らない。

今回の舞台は相模湖。先述したように一筋縄ではいかない秋バスを攻略するため、あらゆる手段を模索。

まずは表層付近の攻めから開始し、徐々にレンジを下げていく中でたどり着いたディープ戦略。

これが正解であったことは、グッドコンディションのバスを並木と寺沢が次々に手にしていったことが何よりの証拠。

並木がオーバーライドで45cmクラスを連続ヒットさせたシーンは圧巻!! ぜひご覧ください。

■オーバーライド
http://www.o-s-p.net/products/over-ride/

関連商品

Seasonal Tips_006~秋の津久井湖を若きマイスター・金井俊介が解説!!~

2016.10.20
そのフィールドのバスやベイトの動き、さらにはフィールド特有の癖なども把握しているO.S.Pプロスタッフ達が、シーズナルな攻略法を実釣を交え解説するコーナーSeasonal Tips。

第6回目は津久井湖のレンタルボート店・津久井観光のスタッフでありながら、この湖でガイドも行っているO.S.Pプロスタッフの金井俊介が、秋の攻略法を解説。

ラトリンブリッツやブレードジグなどの巻き物で幅広く探り、要所でドライブクローラー5.5インチのネコリグを入れていくという王道の展開ながら、これが最強であることを50cmジャストのビッグバスが証明!! 見ごたえある映像となっています。

ぜひ、気難しい秋のリザーバーバス攻略の参考にしてください。

Worming Tips Files_009~ドライブクローラー編 by川村光大郎~

2016.10.04
それぞれ、しっかりとした狙いがあってカタチになっているO.S.Pのソフトルアーシリーズ。

種類、カラー、サイズ等様々な選択肢がある中で、1つ1つずつそのルアーの性能、特長、そしてメリットを紹介していくシリーズ動画、それが「Worming Tips File」。

第9回目はドライブクローラーがテーマ。川村光大郎が絶大な信頼を寄せるこのアイテム。中でもスナッグレスネコリグは、投入して食わなければそこにバスはいない、と言い切れるほどの心強い方である、とまで言わしめたほど。

このことをまさに実証するかのように、週末のカスミ水系で2桁の釣果を記録した今回の撮影。

ルアーが秘めるポテンシャル、それを引き出すためのタックルセッティング、多彩な使い方などなど、幅広くそして徹底的に解説。見応えたっぷりの一本となっています!!

関連商品

Seasonal Tips_005~秋の旧吉野川を師範代・浦川正則が解説!!~

2016.09.28
そのフィールドのバスやベイトの動き、さらにはフィールド特有の癖なども把握しているO.S.Pプロスタッフ達が、シーズナルな攻略法を実釣を交え解説するコーナーSeasonal Tips。

第5回目は四国随一のバスフィッシングリバー、旧吉野川を浦川正則が解説します。名だたるアングラーがその実力を認め、ついた呼び名が”師範代”という浦川が、そのポテンシャルをいかんなく発揮。秋に有望なエリアの紹介とともに、有効な釣り方をご紹介します。

この映像を参考に、ぜひ秋のリバーバス攻略にお役立てください。

関連商品

つきぬけろ!オリキン【リベンジ】~第4回前編 真夏の霞ヶ浦水系岸釣り~

2016.09.09
永らくおまたせしました!!ハードベイトオンリーのH1トーナメントや、印旛沼をメインにするトーナメントNAB21で暫定1位だったり、亀山湖では3本6,500gUPのBIGウェイトをウェイインするなど大活躍中のオリキン。そんな、つきぬけ中で多忙な同氏がこの番組に帰ってきましたよ。

恒例のコータローお題を達成すべく、夏の熱い霞ヶ浦水系を岸から攻めぬきます!この時期の鉄板ロケーションとなる水路や流入河川を中心に、巻いたり撃ったり寝そべったり・・・!?

「さあ、ついに、ついに、つきぬけてくれるんだな!!」と期待を込めて見るも良し。「今回の罰ゲームはどんなやつなのかな~?」とそっちに期待を込めて見るも良し。

オリキンによる夏の霞ヶ浦水系オカッパリ実釣を、是非ご覧下さい!!

関連商品

3つのルアーでカバーを完全攻略! 旧吉野川のスペシャリスト浦川正則が徹底解説!!

2016.08.24
旧吉野川界隈のローカルアングラーの誰もが一目置く存在、O.S.Pプロスタッフの浦川正則がカバーゲームを解説!

今回は月刊ルアーマガジンの連載企画「O.S.P通信」と連動し、3つのアイテムに絞ってその出しどころ、および使い方を紹介します。

今回、浦川が厳選した3つのアイテムはスピンテールフロッグ、ドライブシュリンプのテキサスリグ、そしてドライブスティックおよびドライブスティックファットのバックスライドセッティング。

これらをバスの状態およびフィールドコンディションに合わせて使い分け、ときには見えバスと対峙し、次々とバスをキャッチしていく様は必見です。

8月26日に発売となります「月刊ルアーマガジン2016年10月号」と合わせてご覧ください!!

BENT MINNOW Do the COVER TRICK!! ベントミノーによるマッディ×カバー攻略A to Z

2016.08.17
湾曲した(ベントした)ボディが特徴のベントミノー。76、86、106、そして130と全4サイズを取り揃えるこの特徴的なミノーですが、クリアウォーターでのみ威力を発揮するもの、と認識しているアングラーも多いのではないでしょうか。

しかしまったくそんなことはなく、マッディウォーターでもそのポテンシャルをいかんなく発揮することを並木敏成が証明します!!

ロケを行ったのは韓国を流れる河川。フィールドは濁り気味でアオコが発生するという状況ではあったものの、適材適所で各サイズやアクションを使い分け、次々にバスをキャッチしていきました。

決してリザーバーなどのクリアウォーターだけではない。カスミ水系や利根川などでも怒涛の釣果を叩き出せるベントミノー。その潜在能力を100%引き出す使い方は、並木の解説をチェックし、すぐにフィールドでお試しください!!

■BENT MINNOW 76F
http://www.o-s-p.net/products/bent-minnow-76-f/

■BENT MINNOW 86F
http://www.o-s-p.net/products/bent-minnow-86-f/

■BENT MINNOW 106F
http://www.o-s-p.net/products/bent-minnow-106-f/

■BENT MINNOW 130F
http://www.o-s-p.net/products/bent-minnow-130-f/

Seasonal Tips_004 〜夏の野尻湖をプロガイド林晃大が攻略!!〜

2016.08.10
そのフィールドのバスやベイトの動き、さらにはフィールド特有の癖なども把握しているO.S.Pプロスタッフ達が、シーズナルな攻略法を実釣を交え解説するコーナー「Seasonal Tips」。

第4回目はスモールマウスバスレイク長野県野尻湖を、同レイクでガイド業を営むO.S.Pプロスタッフ林晃大が実釣を交え徹底解説。

どうしてもライトリグが先行しがちなスモールマウスバスを、フットボールのスイミングやドライブスティックFAT4.5のノーシンカーなどアピール力強めの釣りでもグッドサイズを仕留めていきます。もちろん、夏に必携のオリカネ虫の釣りでもバスを次々とキャッチ!!

バスをキャッチするためのルアーセレクトやアプローチ、状況に応じた対応など、プロガイドならではの野尻攻略をじっくり解説。

是非映像を見て頂き、皆様の釣行の参考にして見て下さい!!

琵琶湖プロガイド三宅貴浩による「ハイピッチャーMAX塾」

2016.07.26
レギューラーサイズのスピナーベイト「ハイピッチャーMAX」を、琵琶湖プロガイド三宅貴浩が徹底指南。

アタリの取り方、ウェイトの使い分け、TWとDWの違い、ガーグリングテクニック、ハイピッチャーとの使い分けの必要性など、基本的なことからテクニカルなことまで幅広く実釣を交えて解説!!

是非ご覧下さい。

■ハイピッチャーMAXプロダクツページ
http://www.o-s-p.net/products/high-pitcher-max/

関連商品

ラウダー70で50UP連発!!琵琶湖プロガイド森田哲広による実釣&解説映像

2016.07.25
O.S.P初となるポッパー「ラウダー70」を琵琶湖プロガイドでもある森田哲広が実釣を交え徹底解説。

気になるラウダー70の特徴から、アクションの付け方、使用するタックルなどラウダー70の釣りに欠かせないアレコレを凝縮!!

ルアーの解説もさることながら、釣果も◎。50UPも連発する映像となっております。

是非ご覧下さい!!

■ラウダー70プロダクツページ
http://www.o-s-p.net/products/louder70/

関連商品

ハイピッチャーMAXが釣れる理由をO.S.Pが誇る琵琶湖プロガイド森田哲広と小田圭太が徹底解説!

2016.07.21
O.S.Pが誇る琵琶湖プロガイド、森田哲広と小田圭太が「なぜ、ハイピッチャーMAXは釣れるのか」というテーマのもと、実釣をまじえながら対談しています。

使い方やタックル論まで、バスボート上で交わされるふたりの持論に注目です。

シーズンをとおして出番があるこのアイテム。ぜひ、ふたりの対談にご注目いただき、今後の使用時にお役立てください!!

■ハイピッチャーMAXプロダクツページ
http://www.o-s-p.net/products/high-pitcher-max/

関連商品

並木敏成 in KOREA 2016 Part.2

2016.07.13
韓国の釣り専門チャンネル「fishing TV」にて、並木敏成が韓国のフィールドを攻略する番組が放送されました。

Part.2ではドライブスティック6インチのバックスライドセッティングについて徹底解説。

メジャースポットをものともせず、このリグでバスを連発して見せた並木には、韓国のエキスパートアングラーも舌を巻いていた。

このほか、O.S.Pバズ02ビートやスピンテールフロッグなども炸裂! 圧巻の連発劇をご覧ください。

Part.1はこちら

関連商品

並木敏成 in KOREA 2016 Part.1

2016.07.13
韓国の釣り専門チャンネル「fishing TV」にて、並木敏成が韓国のフィールドを攻略する番組が放送されました。

Part.1ではYAMATO O.S.Pを主軸に据えたトップウォーターをメインに、ブレードジグやブリッツマックスなど的確なフォローを投入して次々とビッグバスをキャッチ。

韓国で繰り広げられた並木劇場を、ぜひご堪能ください。

Peart.2はこちら

関連商品

ベントミノーを始めオリカネ虫やラウダー70etc.で次々にバスをキャッチ!!初夏のトップウォーターゲームin亀山湖 by大塚高志

2016.07.01
亀山湖で開催されているNBCチャプター房総では2013年に年間優勝を獲得。

亀山湖のみならず、少しの時間でもあれば霞ヶ浦水系におかっぱりで繰り出すなど、精力的にフィールドに通うO.S.Pプロスタッフ大塚高志。

今回の動画では亀山を知り尽くした同氏が、初夏のトップウォーター攻略法を実釣を交え解説。

ワカサギ表層パターンや虫パターンなどをロコならではのテクニカルな釣り方で次々とキャッチ。

さらには、このロケが自身初使用となる2016年8月上旬新発売予定のポッパー「ラウダー70」でもキャッチ。ラウダー70の動画としても初公開!!

是非ご覧下さい。

Seasonal Tips_002 ~7月の印旛沼をO.S.Pプロスタッフ早川純一が攻略!!~

2016.06.27
そのフィールドのバスやベイトの動き、さらにはフィールド特有の癖なども把握しているO.S.Pプロスタッフ達が、シーズナルな攻略法を実釣を交え解説するコーナー「Seasonal Tips」。

今回はNarita Airport Basser21(通称:NAB)で数々の輝かしい成績を残してきている早川純一が、7月の印旛沼攻略について解説します。

見渡す限りアシが広がるフリップ天国。延々と撃っていてもきりがない中で、いいスポットを見きわめる眼と、的確なルアーチョイスについて言及しています。

この夏、フリッパーを目指すアングラーにぜひ、ご覧いただきたい一本です。

Worming Tips Files_008〜オリカネ虫編 by川村光大郎〜

2016.06.21
それぞれ、しっかりとした狙いがあってカタチになっているO.S.Pのソフトルアーシ­リーズ。

種類、カラー、サイズ等様々な選択肢がある中で、1つ1つずつそのルアーの性­能、特長、そしてメリットを紹介していくシリーズ動画、それが「Worming Tips File」。

第8回目は折金一樹プロデュースとなるオリカネ虫。同氏が関東メジャーリザーバー亀山&高滝で培った虫パターンのノウハウを存分に盛り込んだ同アイテムを、川村光大郎が実釣を交えて徹底解説!!

ルアーが秘めるポテンシャル、それを引き出すためのタックルセッティング、多彩な使い方などなど、幅広くそして徹底的に解説!!

■オリカネムシ プロダクツページ

■オリカネムシDaddy プロダクツページ