O.S.P,Inc.

Movie動画

トップページ > 動画

BENT MINNOW Do the COVER TRICK!! ベントミノーによるマッディ×カバー攻略A to Z

2016.08.17
湾曲した(ベントした)ボディが特徴のベントミノー。76、86、106、そして130と全4サイズを取り揃えるこの特徴的なミノーですが、クリアウォーターでのみ威力を発揮するもの、と認識しているアングラーも多いのではないでしょうか。

しかしまったくそんなことはなく、マッディウォーターでもそのポテンシャルをいかんなく発揮することを並木敏成が証明します!!

ロケを行ったのは韓国を流れる河川。フィールドは濁り気味でアオコが発生するという状況ではあったものの、適材適所で各サイズやアクションを使い分け、次々にバスをキャッチしていきました。

決してリザーバーなどのクリアウォーターだけではない。カスミ水系や利根川などでも怒涛の釣果を叩き出せるベントミノー。その潜在能力を100%引き出す使い方は、並木の解説をチェックし、すぐにフィールドでお試しください!!

■BENT MINNOW 76F
http://www.o-s-p.net/products/bent-minnow-76-f/

■BENT MINNOW 86F
http://www.o-s-p.net/products/bent-minnow-86-f/

■BENT MINNOW 106F
http://www.o-s-p.net/products/bent-minnow-106-f/

■BENT MINNOW 130F
http://www.o-s-p.net/products/bent-minnow-130-f/

Seasonal Tips_004 〜夏の野尻湖をプロガイド林晃大が攻略!!〜

2016.08.10
そのフィールドのバスやベイトの動き、さらにはフィールド特有の癖なども把握しているO.S.Pプロスタッフ達が、シーズナルな攻略法を実釣を交え解説するコーナー「Seasonal Tips」。

第4回目はスモールマウスバスレイク長野県野尻湖を、同レイクでガイド業を営むO.S.Pプロスタッフ林晃大が実釣を交え徹底解説。

どうしてもライトリグが先行しがちなスモールマウスバスを、フットボールのスイミングやドライブスティックFAT4.5のノーシンカーなどアピール力強めの釣りでもグッドサイズを仕留めていきます。もちろん、夏に必携のオリカネ虫の釣りでもバスを次々とキャッチ!!

バスをキャッチするためのルアーセレクトやアプローチ、状況に応じた対応など、プロガイドならではの野尻攻略をじっくり解説。

是非映像を見て頂き、皆様の釣行の参考にして見て下さい!!

琵琶湖プロガイド三宅貴浩による「ハイピッチャーMAX塾」

2016.07.26
レギューラーサイズのスピナーベイト「ハイピッチャーMAX」を、琵琶湖プロガイド三宅貴浩が徹底指南。

アタリの取り方、ウェイトの使い分け、TWとDWの違い、ガーグリングテクニック、ハイピッチャーとの使い分けの必要性など、基本的なことからテクニカルなことまで幅広く実釣を交えて解説!!

是非ご覧下さい。

■ハイピッチャーMAXプロダクツページ
http://www.o-s-p.net/products/high-pitcher-max/

関連商品

ラウダー70で50UP連発!!琵琶湖プロガイド森田哲広による実釣&解説映像

2016.07.25
O.S.P初となるポッパー「ラウダー70」を琵琶湖プロガイドでもある森田哲広が実釣を交え徹底解説。

気になるラウダー70の特徴から、アクションの付け方、使用するタックルなどラウダー70の釣りに欠かせないアレコレを凝縮!!

ルアーの解説もさることながら、釣果も◎。50UPも連発する映像となっております。

是非ご覧下さい!!

■ラウダー70プロダクツページ
http://www.o-s-p.net/products/louder70/

関連商品

ハイピッチャーMAXが釣れる理由をO.S.Pが誇る琵琶湖プロガイド森田哲広と小田圭太が徹底解説!

2016.07.21
O.S.Pが誇る琵琶湖プロガイド、森田哲広と小田圭太が「なぜ、ハイピッチャーMAXは釣れるのか」というテーマのもと、実釣をまじえながら対談しています。

使い方やタックル論まで、バスボート上で交わされるふたりの持論に注目です。

シーズンをとおして出番があるこのアイテム。ぜひ、ふたりの対談にご注目いただき、今後の使用時にお役立てください!!

■ハイピッチャーMAXプロダクツページ
http://www.o-s-p.net/products/high-pitcher-max/

関連商品