O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >エンジョイできる亀山湖の夏のワカサギパターン!!

エンジョイできる亀山湖の夏のワカサギパターン!!

2015.09.02
O.S.Pホームページをご覧の皆様、こんにちは。千葉県の大塚高志です。

朝晩は涼しくなり、秋の訪れを感じさせる気候になってきましたね。

これからが本格的な巻物シーズン。ハイピッチャーにブリッツといった、ハードルアーで楽しめる季節ですね!

さて今回のレポートは「夏のワカサギパターン」を紹介します。

1ok

ワカサギパターンといえば春のイメージが強いのですが、私のホームレイクである亀山湖では夏のワカサギパターンが存在します。

梅雨が明けて極端に雨量が減り、水温の上昇に伴いアオコが発生すると、水中の酸素が減ることでワカサギが水面を意識します。

ワカサギが表層に浮上し水面に追い上げられることで、バスが水面の壁を利用し表層でのフィーディングが発生するのです。

しかし今年の亀山湖は雨量が多く、アオコが出る時期も遅くなったため、例年どおりのワカサギパターンは難しい年となりました。

アオコもあまり発生せず、水面にはワカサギが浮かなかったことで、今年の夏のワカサギパターンは中層がメインとなりました。

そこで活躍したルアーが、ブレードジク+アクショントレーラーです。

2ok

私がこの釣りに使うタックルはグラスロッドにローギアタイプのリール。

ラインはフロロの12ポンドを合わせています。

釣り方は魚探を活用し、ブレードジグをワカサギの群れに向かって投げて巻くだけ。

今年は特に水深3〜5mが良かったですね。

もう少し詳しく説明すると水深10mの3~5mや水深15mの3~5mをブレードジグの振動を少し感じる程度で巻くことが絶対です。

そして長い距離を泳がせるためには、飛距離も重要視しています。

セットするブレードジグですが、僕のオススメは7gのブレードジグにトレーラーは絶対にアクショントレーラー。

その理由は、巻いていて一定のレンジを簡単にキープすることができ、アクションがバタつかないこと、だと私なりに考えています。

(写真:ワカサギを捕食しているバスはGOODコンディションですね。私の友人はハイピッチャーでワカサギパターンを攻略。)
3ok

(写真:立木等が絡むエリアでは、カバー回避能力に優れているハイピッチャーが良いかもしれませんね。)
4ok

(写真:ハイピッチャーのトレーラーにもアクショントレーラー。)
5ok

「ブレードジグとハイピッチャー」この2のルアーの共通点として・・・

1:ラバースカートがワカサギの群れを演出している。
2:ラバースカートとルアーの波動が、この釣りに効いている。

と私は思います。亀山湖の夏のワカサギパターン。

ルアーマガジン10月号の「O.S.P通信」でも紹介していますので、詳しく知りたい方はチェックしてみてくださいね。

profile

大塚高志
関東
(高滝湖、亀山湖)

亀山湖をホームフィールドとし13年NBCチャプター房総で年間1位を獲得。パワーフィネスを得意なスタイルとしながらも、そのスタイルに縛られること無く日々研究しスキルUPし続ける、情熱と行動力を備えた努力家。2018年チャプター房総第3戦にて6,660gというレコードで優勝。あらにチャプター新利根第2戦、チャプター房総第4戦、第5戦でも優勝し、チャプター房総の年間優勝を勝ち取るという偉業を達成した。