O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >ブリッツマックスDRのライザーテクニックで芦ノ湖ビッグバスをキャッチ!!そして優勝!!

ブリッツマックスDRのライザーテクニックで芦ノ湖ビッグバスをキャッチ!!そして優勝!!

2015.11.06
こんにちは、高原です。10/11(日)朝から雨風吹きあれた箱根芦ノ湖でNBC神奈川チャプター第6戦『TD&カンパニーCUP』が行われました。

(写真:もう寒いですよ芦ノ湖。) ashinoko

いよいよチャプター神奈川も最終戦を迎え、年間トップと9ポイント差の3位につけ臨んだ今大会。

ノープラクティスだったので、昨年同様ミドルレンジのクランキングをメインに魚を探す展開でいく事に・・・。

湾内は全盛期を迎えたワカサギ釣りの方々で賑わってました。

このワカサギに付くバスを狙うDEEP派が多く見受けられましたが、私の狙いは中層に落ちたオイカワに付くバス!

先ずは「箱根神社前」のウィードエリアをブリッツマックスDRでサーチしていきます。

しかしベイトの反応がなく北上する事に・・・。

「樹木園」まで差し掛かったので一応桟橋の中をアイウェーバーでチェック!小バスの一団に囲まれましたがノーバイト・・・

「プリンスホテル」沖(水深12~15m)にはワカサギ釣りのボート団が軒を占めています。

私は水深7~10mのウィードエリアへボートを進め、ようやく4.5m辺りに良い反応を見つけました。

NBCルール上、ドラッキングでラインを出すことができるのは50mまでと定められているので、ここはシンキングチューンしたブリッツマックスDRにチェンジ!

フルキャスト後、カウントダウンし約30m間隔でドラッキング・・・”グウゥン”とグラスティップが絞り込まれバイト!

スイープに合わせフッキング成功!!ファーストフィッシュは1.1kgのナイスコンディションでした。

しかし、思いのほかベイトの動きが早く、結局この釣りは3バイト1フィッシュ。

「九頭龍」のドシャローで小バスのスクールを発見!ECOシンクロの1.8gで一撃するもノンキーパーのラッシュ(笑)

対岸に渡り「立岩」ワンド最奥、水深2~3mの濃いウィードパッチのブロックをECOハイピッチャー1/2oz(ブレード#7チューン)で通してみます。

ボートポジションの水深8mの中層にはベイトの反応が・・・3ブロック目を通した時、明確なバイトがズシリと入り、即合わせ!!フッキングも決まり、ウィードに巻かれながらもランディングしたバスは2.4kgのキッカーフィッシュ!!

そのまま「ヘビ窪」へ。ここは大小のゴロタが点在するシャローフラットで、ウィードも豊富。ベイトフィッシュが入れば高確率でバスも溜まります!

初めに水深2~3mをブリッツマックスDRで流してみましたが、ノーバイト・・・

細長いウィード(ラーメンみたいな)にリップから突っ込み放置(浮き上がらせる)の繰り返しです。

ロッドを縦に煽り、ウィードの重みを感じたらラインテンションを抜くイメージで・・・(巻き続けるとウィードにフッキングしてしまいますよ!)

円を描かずブリブリと浮上出来るブリッツマックスDRは、このライザー的な釣りに無くては成りません!『ウィードから離さず浮かす!』が肝の様です。

2巡目は、4~6mの1段下がったウィードフラットを流して行きます。

ボートポジションは8~10m。時折中層にベイトの群れが映ります・・・。

細長いウィードが密集したエッジに突っ込ませ、ラインテンションをOFF!

FCスナイパーBMSはラインでもアタリが取りやすく、特に荒れた天候下に有利です。

ラインが張りロッドのグラスティップが入ったのでスイープに合わせると確かな生命感!沖に誘導しランディングしたバスは1.8kg、リミット達成!

他のアングラーも入って来たので移動!湖尻方面は突風が吹き荒れていたので断念・・・似たようなシャローフラットを周りましたが、ベイトの反応がイマイチだったため、今日一番の高反応「へび窪」へ。

やはり深い方のラーメンエッジに、ブリッツマックスDRを突っ込ませ浮かせの繰り返しです。

何巡目かでロッドティップが”グウゥン”と入る明確なバイトが!そのまま巻き合わせしてウィードから離し、沖でランディング!2kg強で入替え成功!

この後は1バイト1バラシでタイムアップ・・・結局6,280g/3本で優勝。

bass win

さらに年間優勝も僅か1ポイント差で獲得出来ましたぁ~~!!

aoy

今回キッカーとなった2.4kgのバスは、リアブレードをタイフーン用の#7に変更したECOハイピッチャー1/2oz。

抵抗が大きくなる事で浮き上り、水の撹拌力が増大しゆっくりシャローエリアを流せます。お気軽チューンでオススメなので是非お試しを・・・。

それとブリッツマックスDRのシンキングチューンですが、リップの表面(ラインアイ側)の先端からラインアイまでにかけて、市販のタングステンシートを貼り付けて急潜行する様にしています。

(活躍してくれたO.S.Pルアーと、狙いを絞ったチューンドルアー)
crank

lure2

【タックル】
ルアー:ブリッツマックスDR(アメリカンサンフィッシュのシンキングチューン)
ロッド:TailwalkMethod+C71M/G
リール:TDZ103ML
ライン:サンラインFCスナイパーBMS12lb

ルアー:ブリッツマックスDR(リアルオイカワ)
ロッド:TailwalkFULLRANGEC70M/G
リール:メタニウムDC7L
ライン:サンラインFCスナイパーBMS12lb

ルアー:ECOハイピッチャー1/2oz(LBシャッド)+#7ブレード
ロッド:TailwalkFULLRANGEC65M
リール:TDZ103ML
ライン:サンラインFCスナイパーBMS12lb

profile

高原清
関東
(芦ノ湖)

「芦ノ湖の帝王」の異名を持つほどの驚異的な強さは圧巻。チャプター優勝回数25回、06年,07年,09年,10年とチャプター神奈川年間1位、12年,13年は年間2位。14年は3連勝と、もはやとどまることを知らない。ルドラ、ハイカット、アイ・ウェーバー、ベントミノー、ジグ03ハンツ、ビッグベイトが勝つ為の必須ルアーとなっている。