O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >ヤマトJr.スペック2の、ピンスポット連続スプラッシュターン!

ヤマトJr.スペック2の、ピンスポット連続スプラッシュターン!

2015.08.11
鹿児島の見上です。毎日暑いですね!釣行時の熱中症には十分ご注意下さい。

8月2日(日曜日)、「T.D.Pボートトーナメント第2戦サンラインカップ」が鹿児島県の鶴田ダムにて開催され、参加して来ました!

6・7月は、南九州は連日雨が降り続き、水温の低下と水質の悪さでタフな状況が続いていました。そしてここ数日はいきなりの猛暑日が続き、水温も気温も急上昇、魚も人間も?また厳しい状況に(汗)

大会当日はまた、夏日の予報でした。

1

朝のスタート時は曇りで霧がかっており、朝一にトップで捻り出して勝負!っとヤマトJr.スペック2(T.N.ブラックサンフィッシュサイトSP)を握ることに。※ローライトだったので、シルエットのハッキリするブラック系のカラーをチョイス。

本流筋の、良い水の流れが当たる大岩や岩盤系の岬や張り出しをランガンして行きました。そして4箇所目くらいで待望のバイト、それがまさかの50UP!しっかりフッキングが決まっていたので、落ち着いてランディングに成功。

2

その後もう一本同じようなスポットでバイトがありましたが、残念ながらフッキングには至りませんでした。あっという間に朝の時間帯が終わってしまい、日が出てからは釣り方を切り替えましたが、歯車が噛み合わずタイムリミットとなりました。

ウェインし、全体的に厳しかったようで1本2005g(50cm)で4位入賞。完全に50UPに助けられた結果となりました。(笑)ちなみにこの日の最大魚だったようです。

今回行ったのは題名に書いているように、ここぞ!という一級スポットで「ヤマトJr.スペック2」を使ったピンスポットのスプラッシュを伴った連続テーブルターンでコールアップさせるやり方。一箇所をしつこくアピールするバズベイトの感覚で使っています。リズムは単調ではなく不規則に動かすほうが、生命感に満ち溢れて出やすい気がします。

ヤマト系のペンシルベイトはフロントとサイドのカップによるスプラッシュとポップ音、更にスペック2はボーン素材(ABS樹脂)と、タングステンも使ったウェイトボールの重低音を発生させる、ということは皆さん既にご存知だと思います。

強く短くロッドをアクションさせると移動距離が短い鋭い首振りをしてくる、いわゆる「テーブルターン」が上記のアピールポイントを最大限に生かしてくれます。「ヤマトJr.スペック2」はそのテーブルターン向きの作りになっていますので、以下部分ごとに私なりに分かりやすくご説明致します。

1.センターボード
ヤマトシリーズの1番特徴的なパーツですね。HPの製品情報にも書いてありますが「センターボードの整流効果で急角度に首を振る」という点。さらに水に浸るボードは、粘性抵抗(水とボードの摩擦)により、移動距離の軽減に役立っています。

3

2.フロントと両サイドの3つのカップ
その窪みは移動距離と引き換えに、水を押してスプラッシュとポップ音を発生させます。移動距離が短いポッパーと同じ原理ですね。

3.フェザー
リアフックのフェザーです。バスに対してのアピールもありますが、意外とフェザーの抵抗も移動距離の軽減に役立っています。フェザーは「T.N.ブラックサンフィッシュサイトSP」のカラーにしか標準で付いていませんが、それ以外のカラーのモデルは自分でフェザーチューンするのもイイと思います。

5

4.ウェイトボール
ボディに対して横方向にウェイトルームが3部屋あり、ボールが左右にのみ転がるようになっています。ラトル音以外にも、アクション時に重心が左右に片寄るため、クイックなターンに一役買っています。

5.ボーン素材ボディ(ABS樹脂)
先に書いたサウンドアピール以外に、テーブルターンにもメリットがあります。ボーン素材は通常使われるプラスティック樹脂に比べ比重が低くなっています。そのため、通常のプラスティック素材に比べて浮力があるので、レスポンスの良い首振りターンに向いています。※ちなみに「ヤマトJr.スペック2」はウエイト調整によっても浮力をアップさせています。

4

以上の点から踏まえまして、「ヤマトJr.スペック2」はテーブルターンを高次元で出来る設計になっていると言えます。

6

以下はオススメのタックルセッティングです。
・ロッド:ロッドアクションをつけやすいようにあまり長くなく、ルアーをしっかりと動かせるようMH前後くらいのパワーがあるものが良いです。
・リール:フッキング時のラインスラッグを素早く回収できるのでハイギアをオススメします。「このスポットは違うな」と思った際も素早く回収出来てラクです。
・ライン:ハイアピールアイ(下アイ)で首振り重視なら、アクションのしやすさと、伸びず弾かずのフッキングが決まる太めのナイロンラインをオススメします。

当日の使用したタックルデータ
・ルアー:ヤマトJr.スペック2(T.N.ブラックサンフィッシュサイトSP)
・ロッド:スティーズ631MHRBリベレーター
・リール:TDジリオン7.3
・ライン:サンラインシューターデファイヤーアルミーロ19LB

7

一箇所で誘えるトップウォータールアーはたくさんありますが、このルアーだからこそ出来るハイアピールがり、呼んで来れるバスがいます。

ハイシーズン真っ只中、高性能な機体の「ヤマトJr.スペック2」を、たくさん投げて下さいね!

8

今大会の鶴田ダムプロジェクトは、ダム管理事務所や川内川漁協、行政やへら釣り団体等と連携を取りながら、トーナメントだけでなくルールやマナーの啓蒙、フィールド清掃などの活動を行っております。また、同じ鹿児島県の大隅湖バス愛好会と二人三脚で協力してイベント等を行い、南九州のバスフィッシングの地位向上や盛り上げに携わっています。

~ 鶴田ダムの利用にあたっての注意! ~
1.鶴田ダムでバスフィッシングを楽しむには、「川内川上流漁業協同組合遊魚券」が必要です。(リール竿を使ったバスフィッシングでは3級の遊魚券です。年券3000円・当日券500円)
※購入に関しては、T.D.Pトーナメントの朝の受付時に販売。もしくは川内川上流漁業組合、湧水町の役場、伊佐市の釣りランド等で購入できます。
2.航行禁止区域やスロー区域などが設けられています。ルールを守って航行しましょう。
http://www.qsr.mlit.go.jp/turuta/g2_shuuheninfo/pdf/ootsurukojohomap.pdf
3.へら師や鯉師の方も釣りをしています。近くを通る際は引き波等で迷惑をかけないように、十分に減速して出来るだけ離れて航行しましょう。
4.スロープの駐車場はたくさんの方が使用できるように、出きるだけ詰めて駐車しましょう。

profile

見上祥太
九州
(南九州フィールド全般)

鹿児島・宮崎を拠点に置き、「大隅湖バスフェスティバル(九州陸釣りグランドチャンピオンシップ鹿児島予選)」、「サンラインバスファンカップin鹿児島」の運営や「大隅湖清掃活動」、「大隅湖親子バス釣り教室」の指導委員長など、南九州のバスフィッシングシーン活性化に勤める。2012年チャプター宮崎第5戦優勝、2013年JB九州第4戦遠賀川準優勝、2015年大分バスフェスタ3位など、陸釣り・ボートを問わずトーナメンターとしても活動中。