O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >野尻湖で確実に獲るためのO.S.Pルアーローテーションをご紹介!

野尻湖で確実に獲るためのO.S.Pルアーローテーションをご紹介!

2016.05.16
皆さんこんにちは、野尻湖ガイドの林晃大です。

野尻湖の解禁日から1ヶ月が経とうとしていますが、ここまでの野尻湖での釣り方をレポートしたいと思います。

この1ヶ月間で湖の状況はめまぐるしく変わりましたがメインとして使用していたルアーは3種類。

まずは解禁日から現在まで安定して釣れ続けたHPシャッドテール2.5インチのジグヘッドリグ。

弱ったワカサギが寄せられるであろう風の当たるシャローフラット1~3mの中層ではなく、ボトムにコンタクトさせながら引いてくる釣り方が好調でした。

s_写真1

ボトムが砂地であればノーガードのジグヘッドを、木や岩などの引っかかりが多い場面ではガード付きのジグヘッドと合わせるのをおすすめします。

s_写真2

ガード付きのジグヘッドだとロールが抑えられで動きが弱くなる事が心配されますがHPシャッドテールならテールがしっかり動いてくれるので全く問題ありません。

次にアイウェーバーのフローティングとスーパースローシンキング。ここまでの期間の前半はスーパースローシンキング

s_写真3

後半はフローティングが好調でした。

s_写真4

いずれも魚がいそうだなと思うスポットの風上へキャストしてその上を通過するようにラインをコントロールしてやる事が大切です。

基本的には人間側から見やすいように白ベースのカラーをチョイスしますが、そうでない場合はインジケータなどの目立つマーカーをルアーに貼って見失わないようにしています。

そして最後はハイカット。野尻湖ではド定番のルアーですね。

狙っているレンジを長く通したいので岸と平行にボートを進めてドラッキングで狙います。

2ジャーク1ストップで引いていると突然ガツン!とバイトしてきます。

s_写真5

これからの季節もまだ活躍するルアー、テクニックですので参考にしていただけたら幸いです。

長野県野尻湖ではレンタルボートほとり荘におりますので気軽に何でもお聞きください。

ぜひ野尻湖へ遊びに来て下さいね!

それでは!

profile

林晃大
関西
(山口県リザーバー、長野県野尻湖)

ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ福岡校を卒業後、シーズン中は長野県野尻湖の「ほとり荘」に拠点を置き、スタッフ兼ガイドとして活動中。オフシーズンは地元山口県のリザーバーでガイドをするかたわら、メバルやクロダイなどのソルトゲームにワカサギ釣りまで多岐にわたる活躍を見せている。2012年JB河口湖B第1戦優勝、2012年チャプター河口湖年間3位、2013年JBマスターズ年間5位を獲得。2014年よりJBTOP50に参戦、2015年も同カテゴリに参戦。2016年NBCチャプターチャンピオンシップ東日本決勝にて優勝。