O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >琵琶湖で威力を発揮するiウェーバーSSS!

琵琶湖で威力を発揮するiウェーバーSSS!

2016.07.05
s_image1 (2)

今年の琵琶湖は、例年に比べ南湖にいるコアユの量が非常に多く、表層系ルアーに反応良好!

中でも、I字系ルアーである「アイウエーバーSSS」への反応は抜群に良く、ワンキャストワンヒット状態も珍しくありません。

使い方は、表層のタダ巻きなのですが、使い方には少しキモがあって、着水してすぐにリトリーブ開始、水面直下30cmほどをノーマルスピードで巻いてきます。

リトリーブしながら徐々にスピードを上げていき、水面に逃げるコアユのようにレンジも一緒に上げていきます。

最終的には水面スレスレもしくは、飛び出すくらいまでレンジを上げると、バスが狂ったようにアイウエーバーを襲ってきます!

狙う場所はコアユが多い木ノ浜沖、赤野井沖、アクティバ沖、ディープホールなどです。

とにかくバイトが多く、バスが追尾してくるのが目で見えるので初心者や女性アングラーなど、バスフィッシングの経験が浅い方に、ハードプラグで釣る楽しみを知ってもらうのに持ってこいの釣りなので、ぜひ試してみて下さいねー。

s_image2
1 / 11

profile

小田圭太
関西
(淀川、琵琶湖、野池)

ホームグラウンドの淀川をメインに、四国野池のみならず琵琶湖プロガイド業も営む。ショップスタッフでもあり、琵琶湖のみならず関西エリアのフィールド情報に精通。釣りのスタイルはフィネスからパワーゲームとオールラウンドにこなし、日々フィールドに出ては自らスキルアップを図る。ルアマガモバイルと週刊ルアーニュースにて淀川情報を担当。