O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >マッチザベイトで威力を発揮するASURA SP!!

マッチザベイトで威力を発揮するASURA SP!!

2016.10.28
皆さんこんにちは、P回釣こと高知の植田です。

高知のフィールドも水温20℃切り始め、すっかり秋めいてきました。

秋と言えばバスは広範囲に散りエリアを絞りにくい季節です。

そんな秋真っ只中な高知の山間部のダムでの釣行をレポートさせて頂きます。

やはり広範囲に散ったバスを探すには横方向に探るサーチベイトが有効となります。

しかしルアーのサイズがベイトフィッシュと合っていないとバイトは遠かったりします

。 今回の釣行では、ボートを下ろす際にスロープ近くで小さなベイトフィッシュを確認。これをヒントに同サイズのルアー阿修羅spをセットしました。(カラーはリアルカラーレインボートラウト)

これが大当たりとなり以下のような釣果をもたらしてくれました。

先ずは支流のバックウォーター少し手前の岩盤で連続トゥイッチに、飛び出して来たのは、41cm1200gのブリブリのコンディションのバス

a1

次に本流のバックウォーター少し手前の流れの巻くエリアを、同じく連続トゥイッチにて、根掛かりのようなバイト 阿修羅を丸飲みしてきた52cm2,050g

a2 a3 a4

同エリアの立ち木が絡むエリアにて立ち木の間を連続トゥイッチし44cm1,150g

a5

他にも、要所要所でワームも試していきましたがサイズダウン。今回は阿修羅の独占場でしたね!

今回の釣行では小魚が逃げ惑うパニックアクション(連続トゥイッチ)がきもとなりバイトが連発ハードベイトのパワーを、再認識しました。

今回のフィールドの水温は19℃でしたので、止めて見せると見切られるので連続トゥイッチでのアクションでしたが、これからフィールドの水温も低くなりステイをいれるアクションも有効となってきます。

皆さんも、色々なアクション試して阿修羅試してみて下さい。

●タックルデータ
・スティーズブリッツ651MLRB
・アルファスフィネスカスタム
・フロロカーボン7ポンド
・阿修羅SP(リアルレインボートラウト)

profile

植田誠寛
四国
(旧吉野川水系)

四国内のフィールドで開催されるJBNBCトーナメントに参戦。2011年JBII四国で年間1位を獲得し、JB戦・チャプター戦では優勝2回、入賞多数。常に上位につける安定したゲーム展開でありながら、近年では得意のカバーとサイトフィッシングを磨き上げ、勝てる魅力を備えた期待のアングラー。