O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >TKW(津久井観光平日大会)第5戦レポート!

TKW(津久井観光平日大会)第5戦レポート!

2016.11.07
a1

皆さんこんにちはO.S.Pプロスタッフの金井です。

10/6に開催されましたTKW第5戦(津久井観光平日大会)で準優勝した釣り方をレポート致します。

10/2(日)に行われた「NBCチャプター東京第6戦」で4位入賞出来た時の基本パターンは変えず今回もシャローをドライブシャッド3.5の「フォール」で釣っていきました。

見た目にも水質、水温、水位とも変化していなかったのでドライブシャッド3.5の「フォール」パターンを3時間~4時間押し切りましたが、返ってきた答えは700gが1匹。

完全にパターンが変わってしまった事にようやく気が付きました。

水質、水温、水位

唯一変化がありそうだったのが「水質」で前回の大会よりも濁りが取れているようであればミドル~ディープに落ちたかも(ベイト・バス共に)

この時点ではシャローにもベイトは残っていましたが、肝心なバスがリンクしていなかったので狙っているレンジをを変更すべくポイントも変更!

すると1箇所ディープ10~15mのポイントにベイトが時折回ってくる場所を見つけ、始めはHPシャッド3.1(ネオンワカサギ)のライトキャロ2.7gを3mのスタンプにキャストしそこから一気に7mに落ちるブレイクを狙うと1キャスト目でHIT!

しかしフロロ3lbではあっさりとラインブレイクしてしまい、ふとボートデッキ上にあったドライブシャッド3.5(ソフトシェルスモーク)の1/2ozヘビキャロをすぐさまキャスト。

ブレイク下7~15mまでを通してくるとベイトフィッシュと遭遇しふとロッドを見ると何かに根掛かりしたかのようにロッドティップが曲がっており「?」とちょっとそのままラインテンションを緩めると「グンッ!グンッ!!」と生命感が

そのままフルフッキングし上がってきたバスは何と1㎏弱のナイスキーパー!まだまだベイトが回ってきていたので同様のパターンを繰り返すとそこから3連続HIT!

その後は時間終了までやり通しましたが推定「1900g」のウエイトで帰着。

最終的に1910g 3本で2位入賞出来ました

a2

残り2戦、「年間王者」目指し頑張ります!

【タックルデータ】
ルアー:ドライブシャッドの3.5(ソフトシェルスモーク)ネイルシンカー(1/32oz)
ロッド:フェンウィックスーパーテクナS-TAV610CLP+J”Power Plus”
ライン:サンラインシューター7lb

【タックルデータ】
ルアー:ドライブシャッドの3.5(ソフトシェルスモーク)1/2ozヘビキャロ
ロッド:NEW フェンウィック GW C GW610CMHP+J
ライン:サンラインシューターFCスナイパー12lb

a3
1 / 11

profile

金井俊介
関東
(神奈川県津久井湖・相模湖)

神奈川県津久井湖のレンタルボート「津久井観光」に勤務しながら、ガイド業も営む。また、関東を代表するリザーバー津久井湖&相模湖がホームフィールドでNBCチャプターや津久井湖オープンに参戦。2014年チャプター東京第3戦では準優勝しトーナメンターとしての一面も併せ持っている。職業柄、常に津久井湖にふれあうがゆえ、刻々と変化する状況をどのアングラーよりも敏感に感じとる。津久井湖&相模湖のリアルタイムな情報は必見!