O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >秋冬のヤル気の無い魚は、リアクションで強制スイッチ!!

秋冬のヤル気の無い魚は、リアクションで強制スイッチ!!

2016.11.11
こんにちは、小田です。春以外の淀川をショアから攻略するのは、非常に難しいのですが、ヘビーキャロライナリグで遠投をして、沖のハードボトムを狙うというのが、攻略法の一つとしてあります。

使用するのは、ドライブホッグの三又式18gのヘビキャロで、リーダーは60cm前後。シンカーまでのリーダーの長さは、20cmほどです。

s1 s2強めのベイトタックルで使用する為、少しオーバーサイズのT・N・Sオフセット#1/0をセットしています。

このリグで沖のハードボトムを探っていき、硬い感触がある場所を集中的に狙っていきます。この際、スリムタイプのシンカーを使用することが重要で、ナス型を使用すると、ゴロタ石等にスタックしてしまい、根掛かり多発となってしまいますので、要注意。

s3ドライブホッグの三又式ヘビキャロを大遠投して、キャッチした一尾。

ロッドの操作方法ですが、通常のズル引き&ステイでも、モチロン喰ってくれますが、ここぞというスポットでは、短く鋭く、ロッドを縦に捌くことにより、ワームがクイックに動き、シンカーが着底した後、ドライブホッグがノーシンカー状態でナチュラルにフォールしていきます。

この緩急の付いたアクションで、ヤル気の無いバスも思わずスイッチが入って、バイトします。このロッドアクションをする際ですが、出来れば、ゴロタ石等に、軽くスタックさせてから、このアクションをやると、よりスピードが出て、リアクション効果が高まります。

ドライブホッグのコンパクトだけどしっかり水を押して、バスに気づいてもらうアピール力と、止めてからも各パーツがバスを誘い続けてくれるという特性が非常にヘビキャロにマッチしているので、ぜひ皆様も試してみて下さいね。

1 / 11

profile

小田圭太
関西
(淀川、琵琶湖、野池)

ホームグラウンドの淀川をメインに、四国野池のみならず琵琶湖プロガイド業も営む。ショップスタッフでもあり、琵琶湖のみならず関西エリアのフィールド情報に精通。釣りのスタイルはフィネスからパワーゲームとオールラウンドにこなし、日々フィールドに出ては自らスキルアップを図る。ルアマガモバイルと週刊ルアーニュースにて淀川情報を担当。