O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >弁天トーナメント年間優勝!

弁天トーナメント年間優勝!

2016.12.08
霞ヶ浦でお世話になっているマリーナ、弁天さんのトーナメントは毎回30艇ほどが参加。JBやWBSの強豪や霞ケ浦を知り尽くしたスーパーロコも多数参加するため、そう簡単には勝てないハイレベルなトーナメントです。

今シーズンは絶好調で2位に10ポイントの差をつけて最終戦を迎えました。ですが弁天トーナメント名物最終戦はなんとポイント2倍!どっかのクイズ番組か!w

しかも釣れない12月。10位ぐらいの選手までもが年間を狙える、大逆転有りの大会なのです(笑)年間賞がこれまた魅力で駐艇場代1年間無料にしてもらえます。

せっかく1位で迎えたので、悔いが残らないようにしっかりと練習をしました。

プラクティスでは冬の定番場所をドライブシャッド3.5ライトテキサス・ハイピッチャ-・ハイカットDR-Fで釣っていきましたが、本当に12月?と思うほどビックバスの連発。上5本のウエイトは7kgを超える驚きの釣果でした。冬の場所を釣っているのですが、釣り方、釣れる魚は晩秋の荒食いバスという感じでした。

img_19262 img_19472

そして迎えた試合当日

平日の練習とは打って変わって、他のマリーナやローカル団体が多数大会を行って湖はボートだらけビックリするほどの銀座状態。それに加えプラクティスでビックバスが連発した今回メインで狙っていた石積みエリア、朝一にその場所に行くも、ターンによる水質悪化で水がブクブク状態、生命感ゼロ!当然ながらノーバイト・・・

ちょっと焦りましたが、霞ケ浦のドMトーナメンターはこんなの慣れっこ(笑)落ち着いて次のポイントへ移動。

そこはドックに杭や捨て網が絡むエリア、さっきのエリアより水が良く釣れそうな予感。ハイピッチャー1/4OZを杭にタイトに通すと下からバスがブワーっと襲いかかりましたがフックアップならず!重みは感じなかったので、すぐにフォローでネコリグを数回キャストするも無反応。

やっぱり横の動きなのか?と今度はドライブシャッド3.5のライトテキサスを杭の際を泳がした瞬間、ひったくるようなバイト!無事に推定800gをキャッチ。

img_19792

少しホッとし、「これで年間獲れるかな・・でもな~ポイント2倍だし・・・」とつぶやきながら釣りをしていたら、パートナーが「年間なんて意識せずこの試合を勝ちにいきましょう」と𠮟咤激励!

この一言でスイッチオン!さらなる1本を求め移動を繰り返します。ですがやはり超ハイプレッシャー化した12月の霞ケ浦はそう簡単には釣らせてくれません。

プラで釣れた各エリアを次々と回るも沈黙の時間が長く過ぎます。それからまた朝一の場所に戻り再度仕切り直しますが終了間際までノーバイト。

そしてラスト選んだ場所、そこはプラではやっていないし過去の実績もあまりない石積。でもそこはベイトの存在が確認でき、しかも水の状態が良い、なんとなく第六感が・・・

最後は今シーズン数々の窮地を救ってくれたドライブシャッドで心中します。帰着時間まであと20分、そろそろ戻らないと思った瞬間ひったくるような明確なバイト!

img_19812 img_19962

少し食い込ませてからガッチリ合わせます。デカイ!パートナーに確実にネットですくってもらい時間ギリギリでこのキロアップをキャッチ!この瞬間、この大会の上位入賞と年間1位を確信しました。

終わってみると5位入賞、大差での年間優勝でしたが、この日年間2位だった北川選手も2本釣ってきており最後の1本が無ければ年間2位に落ちていた計算になります。

あの時の一言がなければ、2本目が入っていなかったかも?パートナーに感謝ですね!今シーズンは毎試合違うお友達をパートナーに迎えて参戦してみました。

1戦目の黒澤さん、2戦目の浜中さん、3戦目のタカベさん、そして最終戦のマリリンさん。みなさんのおかげで年間優勝を獲得することができました。

そしてこの試合に行った2日間の練習は元FLWプロ古沢くん同船してもらい、とても勉強をさせていただきました。

この場を借りてみなさまにお礼申し上げます。
1 / 11

profile

納谷宏康
関東
(霞ヶ浦水系、河口湖)

バイクショップを営む傍ら、JB霞ヶ浦、チャプター霞ヶ浦、チャプター東京に参戦するトーナメントジャンキーであり、全日本バスプロ選手権優勝というビッグタイトル獲得経験もある実力者。09年NBCチャプター東京第4戦準優勝、11年マリーナ主催の大会にて年間優勝を獲得。14年にはJB霞ヶ浦第2戦3位をおさめる。2015年はNBCチャプター霞ヶ浦にて第2戦、4戦と2度優勝し、年間優勝を果たす。