O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >価値ある1匹を求めて

価値ある1匹を求めて

2017.01.10
O.S.Pホームページをご覧の皆様、千葉県の大塚高志です。

新年あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。

早起きが厳しい冬本番となってきました。

釣れないから釣りに行きたくないとネガティブになりがちですが、この季節の価値ある1匹は最高ですよ!!

そして釣果的にも1匹1匹が価値ある季節になってきましたね。私は千葉県亀山湖と片倉ダム。そして霞水系のオカッパリ釣行に行っています。冬の霞水系オカッパリ釣行では巻物がGOOD!!

%e5%86%99%e7%9c%9f1 %e5%86%99%e7%9c%9f2

横の釣りでは巻物は「ハイカットDR」が大活躍しています。

テトラの上をただ巻きやリアクション要素を入れたりして巻いています。ハイカットDRは、オカッパリにてロングキャストがしにくい場所や狙いたい水深まで簡単に潜ることが可能で潜行速度に優れています。 テトラに当てながらラインテンションがフッと抜ける時は気持ちが良いですね。

また縦の釣りでは「ドライブクロー2インチ」が大活躍しています。

%e5%86%99%e7%9c%9f3 %e5%86%99%e7%9c%9f4

リグは「ドライブクロー2」のダウンショットリグです。

ドライブクロー2インチを使用する理由は、エビ系がいる霞水系ではバスの基本のエサとなることと、この時期特有のショートバイトにも対応が出来ること。その為、バスが吸い込みやすい一口サイズが有効になってきます。

また、最低水温の時期でも各パーツが自発的に動き、バスを誘惑できます。特にフォールでも誘える腕の部分はドライブクローの最も特徴だと感じています。

亀山湖や片倉ダムでは冬の定番「HPシャッドテール2.5」が大活躍です。

%e5%86%99%e7%9c%9f5 %e5%86%99%e7%9c%9f6 %e5%86%99%e7%9c%9f7 ワカサギレイクの亀山湖にとっては「HPシャッドテール2.5」は、まさにマッチザベイトなんですよね。特に、他のシャッドテール系ワームに比べると、HPシャッドテールはとにかくテールの動きが良いこと。 これが「HPシャッドテール」の一番の強みですね。

使用するカラーは2色で、ブラックブルーフレークとエビミソブラックを私は使用しています。

皆様も是非、この時期格別の価値ある1匹をキャッチしてくださいね!!
1 / 11

profile

大塚高志
関東
(高滝湖、亀山湖)

亀山湖をホームフィールドとし13年NBCチャプター房総で年間1位を獲得。パワーフィネスを得意なスタイルとしながらも、そのスタイルに縛られること無く日々研究しスキルUPし続ける、情熱と行動力を備えた努力家。