O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >オーバライドでディープを制圧!

オーバライドでディープを制圧!

2017.03.07
DCIM100GOPRO 冬から早春にかけての低水温期、またハイプレッシャー時に驚異的な威力を発揮するメタルバイブ「OVER RIDE」。何度もこれでしか釣れない場面に遭遇してきました。

OVER RIDEの使い方ですが、単純に「リフト&フォール」の繰り返しです。ボトムを取ってリフト&フォールするだけです。ただし、リフトし切ったところで止め、一気にフォールさせる。素早くフォールさせ魚の目線から消すことが、タフな魚に口を使わせるキモとなります。素早くフォールさせるためにはヘビーウエイトの1/2oz.が必要となります。

以前何度か鉛スッテによるケンサキイカ釣りに行ったことがあるのですが、ケンサキイカもリフトし切ったところで止め、しっかりとスッテを見せてやり、一瞬スッテを抱かせるタイミングをつくり、素早くフォールさせ一気に目線から消える(逃げる)演出をしてやることでバイトが集中した経験があります。

バスにもイカにも、見え隠れのアクションが有効だということです。ヘビーウエイトのOVER RIDE 1/2oz.で見え隠れアクションを演出し、低水温期にディープにたまっているデカバスに口を使わせてみて下さい!

DCIM100GOPRO
1 / 11

profile

北山利通
関西
(琵琶湖)

今や400名を超える選手が参加する日本一大規模な「BIWAKOオープントーナメント」で、2005年年間優勝、2007年年間9位、2012年年間4位という実績を誇る琵琶湖マスター。キャリアも長く最新のテクニックのみならず、昔ながらの王道や定番のテクニック&ルアーを知るバスフィッシングLOVEな生粋のバスアングラー。