O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >ドライブシャッド6インチの効果的なアクションをご紹介!

ドライブシャッド6インチの効果的なアクションをご紹介!

2017.03.14
DSC01706 ようやく春を感じる季節になってきました。

最近では沢山の方がいいバスを釣られている写真等をみかける機会が増えてきました。

今年の厳寒期に関しては沢山の方にドライブシャッド6インチを使っていい魚を釣ってもらえるようになったと思っています。色々な方から今までの冬釣りの概念が壊されたといった方が非常に多かったですね。

ドライブシャッド6インチはゆっくりと巻いてもテールがしっかり動いてくれ、厳寒期のクリアな水質であっても見切られにくいナチュラルなロールアクションが何より優れている点です。特に自分が好んで使用するツートンカラーのラインナップも充実しているのも有り難いです。

また横偏平ボディーはフッキングも良くて厳寒期はゆっくりと巻いていても、横から軽くついばむような曖昧なバイトをしてくる事があります。これはその時のバスの活性が低い時に多いですが、偏平ボディーの恩恵によりそういったバイトも拾っていけるのも有り難い点です。

もちろん厳寒期のデカバス狙いに自分は使っていますが、大体のバイトは強烈なバキューム系の明確なバイトですが!!

ただドライブシャッドのスローな巻きの釣りは色々な時期に非常に有効です。特にプリスポーンの個体がシャローに上がってくるこれからのタイミングは6インチを始め、プレッシャーやメインベイトのサイズ、少し食い渋る時間帯等で4.5インチ、3.5インチの使い分けをして頂くと更に有効です。

またスポーニング時期は勿論ですが、スポーニングを終えた体力のない浮き気味の個体にも非常に有効です。この時期はフォールが主体になりますが、徐々に回復に向かい捕食を積極的にするようになれば、再びスローな巻きのゲームが強くなってきます。

これから沢山の反応が得られる時期ですので、これを読んで頂いた方は参考にしてみてください!!

DSC01681 DSC01673 DSC01672 DSC01700 DSC01684
1 / 11

profile

浦川正則
四国
(旧吉野川水系、 北海道)

旧吉野川水系をメインフィールドとし、オカッパリ、ボートを問わない自由なスタイルで年間約50本の50アップを仕留めるデカバスハンター。四国エリアの名だたるアングラーがその実力を認め、ついた呼び名が「師範代」という浦川。類まれなテクニックでメジャーフィールドを攻略するスーパーマルチアングラー。