O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >霞水系にてルドラMSFで1,750gをキャッチ!

霞水系にてルドラMSFで1,750gをキャッチ!

2017.03.21
霞ヶ浦水系の富村です。

現在の霞ヶ浦ですが3月に入り水温も少しづつ上昇傾向で、エリアによっては10℃前後まで上昇しております。

バスもアングラーもいよいよ本格始動といった所でしょうか。

先日の釣行ではミノーパターンの王道、ルドラMSFのクラウンカラーで船溜まりのミオ筋に絡むハードボトムエリアを広範囲に探り、1,750gのブリブリのバスをキャッチしました!

IMG_2924

ボートからのアプローチでもハードボトムエリアを広範囲に探りたい時、私はルドラMSFを良く使用します。

飛距離とアピール力、そして絶妙なスタック回避性能でストレス無く扱えます。

逆に食わせ処がハッキリさせやすい石積エリア、それに絡む縦ストラクチャーを狙う時はヴァルナのSPやスペック2を使用する事が多いです。

IMG_2970

また早春の気候が安定しないこの時期、場所によって濁りが発生しているエリアが多くなるのですが、早春の濁りにはハイピッチャーやハイピッチャーMAXなどスピナーベイトが効く事が多く、スピナーベイトにしか反応しないような事も多々あります。

特に暖かい雨が降った後の濁り、ストラクチャーや沈み物に濁りを避けてタイトに付いているバスにはスピナーベイトが非常に効きます。

ハイピッチャーMAX

底を舐める様に、ストラクチャーに擦り付けるようにトレースし、ゆっくりスローに引くので3/8~3/4ozくらいの物を使用します。

皆さん今がチャンスです!(笑)この時期ならではの春のランカーバスをGETしてください!!

profile

富村貴明
関東
(霞ヶ浦水系)

霞ヶ浦水系をホームフィールドとしJB霞ヶ浦・NBCチャプター霞ヶ浦をメインに参戦するトーナメンター。95年からの参戦キャリアもさることながら、魅力なのがそのフィッシングスタイル。豊富な経験と知識から、常に霞ヶ浦水系でのストロングパターンの模索を意識し、ここ近年ではバズパターンでJBプロ戦を含め3度優勝を果たす。