O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >ルドラMSFとルドラSPEC2 SFの使い分けで春のミノーゲームを攻略!

ルドラMSFとルドラSPEC2 SFの使い分けで春のミノーゲームを攻略!

2017.04.03
DSC_1191

こんにちは、和歌山の辻井です。

各地で桜の開花宣言と共に日中は穏やかな陽気で随分過ごし易くなってきました。本州最南端の七川ダムでは桜でも有名です。是非足を運んで満開の桜に囲まれたバスフィッシングを楽しんでみてはいかがでしょうか!

今回は「春はミノーです!」という事で、ルドラによるビッグフィッシュゲームを紹介します。冬もずっとミノーじゃなかったっけ?という声も聞こえてきそうですが、実は昔から言われているミノーの季節は春なんで す!

特に今年の春は毎年春爆をもたらすような暖かな南風を伴うような雨が少なく、ややコールドレインの傾向でした。その為やや季節感を冬に戻した一段下のレンジをヴァルナSPやハイカットSPで狙う釣りが続いていたのですが、晴天時の日差しが春めいてくるとシャローにチラホラビッグフィッシュの姿を目にするようになってきました。

そこで思い切って春のビッグゲームで押してみようと思ったのがルドラによるミノーゲームでした。

私の中での春のミノーゲームと言えばフローティング阿修羅によるジャーキングゲームですが、ルドラではこれとはやや対極的なスローでより繊細なアプローチゲームになります。

まずはストロークアクションでストラクチャーに軽く絡めながらバスとの距離を詰めていくのに使ったのがルドラMSFでした。季節風に負けない重心移動搭載という事と、浮かす事での根掛かり回避が主な目的です。アクションはリーリングではなくロッドワークによって行います。

ポンプリトリーブに近いですが、注意すべきは障害物に絡んだ時にシャッドのように引き切ってしまうと根掛かりに繋がりますので違和感を覚えた時点でルアーを停めて様子を見るのが大事ですね。

シャローカバー周りのトゥイッチングゲームにはルドラspec2。

真冬のように有効レンジまで潜らせてからトゥイッチ開始というのではなく、狙ったカバーやストラクチャー周りに着水後にそのままポーズ。軽くダイブさせるような軽い1~2トゥイッチでまたポーズ、この繰り返しになります。

場合により完全にルドラspec2が水面に顔を出すまでまでポーズさせて水面で口を使わせる事もありますね。

先述の通り、過去に紹介しました春のミノーゲームにはフローティング阿修羅によるジャーキングゲームがあります(2015年3月)ので併せて目通しして頂ければいいかと思います!

阿修羅のゲームは寒の戻り等でより条件の良いスポットに群れている状態のバスを狙う釣りで、今回のルドラでは春が進んでシャロカバーに依存した状態のバスが季節風に流されてくるベイト等を意識している釣りに当てはまります。特に紀伊半島ではアマゴのチェイスが目立ちます。そんな日は特にルドラをキャストしたくなりますね!

4月に入るといよいよスポーニングシーズンとなります。ビッグフィッシュに胸躍らせて次の釣行が待ち遠しいところですが、釣ったバスは速やかなリリースを心掛けましょう!

LURE : ルドラMSF&spec2
ROD: Fenwick Bankmaster62M
REEL: TD-Z103H
LINE: SUNLINE FC SNIPER10lb

DSC_1119 DSC_1180
1 / 11

profile

辻井伸之
関西
(合川ダム、七色ダム)

紀伊半島、合川ダム、七川ダムをホームフィールドとし、「合川で最も釣る男」の異名を持つ。人並み外れた研究熱心さでバスフィッシングをどこまでも追求し、特にジャークベイト、スピナーベイトへの造詣は深く特に低水温期での釣果は特筆すべきものがある。その深い経験によって蓄積された独自の理論は必見。