O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >JB九州第1戦(遠賀川)レポート

JB九州第1戦(遠賀川)レポート

2017.04.05
鹿児島の見上です。もう4月というのにまだまだ寒い日が続いていますね。南九州も桜の開花が例年より遅く、今現在全然咲いておりません。暖かい日々が待ち遠しい今日この頃です。

さて、先日3月26日(日曜日)、「JB九州第1戦」が福岡県の遠賀川にて開催されました。

プリプラクティスは1週間前に入ることが出来、みっちりと魚探掛け、そしてバイトはすごく遠いですがなんとか魚を触ることも。

1プリプラクティス時、エコHPシャッドテール2.5の新カラーのエビミソブラックのダウンショットにて。

2※エビミソブラックは濁りやローライトな際に良いですよ。今後遠賀川ではマストカラーになりそうです。

そんな感じでプリプラを終え、1週間後の本戦。

春の試合なので、なかなか魚の追いかけ具合にも不安要素が多々あり、少しでも外すとノーフィッシュなタイミング。案の定前日プラクティスではバイトも取れませんでした。

3

まず結果からですが、2kgと300g程の魚で2本2330g7位でした。

当日は潮回りやポジション等考えて逆算し、浅い所をメインで行くことに。釣れれば○ですが、釣れなければ引き算をして微調整といった感じです。

幸先良く、朝一はディープ隣接のストラクチャー横、水深1mレンジにて2kgフィッシュを捕獲。

落ち着いて2本目と、他のエリアを回ります。

中盤の良いタイミングで考えていたスポットに入れ、水深2mレンジで300gフィッシュを追加。

しかしその後、隣の選手は数本取れたものの私には後が続かず時合いが終了。

後は試合終了までめぼしいエリアを回ってノーバイトで終了。

といった試合の流れでした。

釣ったのは2本ともECOドライブクローラー4.5in(グリーンパンプキンペッパー)のネコリグ。

アクションはラインスラックを使って「ふわっ、ふわっ」と寄せる感じです。

アクションとアクションのあいだの間を少し空けることと、ラインを絶対に張らないことがキモでした。

プレッシャーの掛かかったタフレイクのトーナメントや気難しい春のバスも、ドライブクローラーならと信じて使うことが出来たのも大きなアドバンテージです。

あとは良く見える色付きラインで小さなバイトも見えるようにして、ファインワイヤーのフックでしっかりと初期掛かりが出来るようにしていました。

4

正直あの魚が獲れていながら、チャンスを物に出来ない自分の詰めの甘さに腹が立ちます。

しかしながら、2kgが獲れた時の体がガクガクに震える何ともいえない感動。

嬉しさと悔しさが入り乱れるトーナメントは、他では味わえない楽しさがありますね。

年間ポイントレースは好スタートなので、また残りの試合にこの悔しさをぶつけて行きたいと思います。

当日の使用したタックルデータ
・ルアー:エコドライブクローラー4.5in(グリーンパンプキンペッパー) +1/32ozネイルシンカー
・ライン:サンライン シューター FCスナイパー BMS AZAYAKA 8LB
・フック:FINA FINESSE WACKY #2
・ロッド:STZ 641LXB-ST
・リール:SS air 8.1L
1 / 11

profile

見上祥太
九州
(南九州フィールド全般)

鹿児島・宮崎を拠点に置き、「大隅湖バスフェスティバル(九州陸釣りグランドチャンピオンシップ鹿児島予選)」、「サンラインバスファンカップin鹿児島」の運営や「大隅湖清掃活動」、「大隅湖親子バス釣り教室」の指導委員長など、南九州のバスフィッシングシーン活性化に勤める。2012年チャプター宮崎第5戦優勝、2013年JB九州第4戦遠賀川準優勝、2015年大分バスフェスタ3位など、陸釣り・ボートを問わずトーナメンターとしても活動中。