O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >春本番!HPシャッドテール4.2inのネコリグ

春本番!HPシャッドテール4.2inのネコリグ

2017.04.26
皆さんこんにちは、今井です。

4月上旬関東地方もようやく桜が満開の季節となり、水中もやっと春めいてきましたね。今回ご紹介するのは、HPシャッドテール4.2 inのネコリグ。

今までのサイズ2.5in、3.1in、3.6inに最大サイズ4.2inが3月に追加され、さらに色々な使い方が出来るシャッドテールワームになり、各フィールドのベイトサイズにも、より一層合わせることが出来るのがいいですね!

なによりO.S.Pプロスタッフの大塚さんが、HPシャッドテール4.2in、5gテキサスリグで63cm 5,270gの亀山ダムレコードフィッシュをキャッチしたことで話題になりましたね!

リアルな動きは下記の動画を参照してください。

HPシャッドテール4.2インチ水中アクションムービー


シャッドテールワームといえば巻き続けるスイミングというイメージがあるかもしれませんが、移動距離を抑えながらスイミングの様にアピールすることが出来るネコリグを使用することで、特に春先のバスには有効的なリグだと思います。

まず使用してみて驚いたところが、ネイルシンカー 1/32oz(0.9g)でしっかりテールが動ごくこと、水押しがさらに強くなった印象を受けました。

もちろんネコリグ特有の根掛り回避能力も健在で、リップラップはもちろんブッシュ・葦の中にも攻撃的に攻めることができ、ワーム自身の重さも約 7g

写真1

キャストしやすいのが特徴です。ホール中はテールが強烈にアピールし、細かいシェイクではボトムをついばむ小魚のような演出!もちろんただ巻も前傾姿勢でいい動きをしてくれますよ。

フックの刺す位置は私の場合通常ワームにあるリブ、前から8番目ぐらい、

写真2 (1/32oz フック:FINA パワーワッキーガード2)

ブッシュで使用するとき、ワームの波動は少なくなりますが枝に引っ掛けて外しやすくするためにほんの少しだけ前刺します。そしてフックサイズもフッキング重視で少し大きなものをおすすめします。

写真3 (1/32oz フックサイズ#1/0)

ブッシュ攻略としては、枝に引っ掛けてのシェイク、その枝から外すハングオフのリアクション、を繰り返し、ブッシュから離れるときのカーブホール・スイミングでバスを誘っていきます。

写真4 写真5 カラー:TW-173 ナチュラルシャッドレインボーフレーク

リップラップでは1/16oz(1.8g)を使用して、ボトムをしっかり感じながらのスイミングも有効です。スイミングでのちょっとしたおすすめが、ロッドティップをなるべく上げてラインスラックを出しながらゆっくりと引きます。そうすることによってアタリが出やすくなり、アタリを感じてから合わせるまでの動作が落ち着いて出来るようになりますよ。

写真6 写真7 カラー:TW-173 ナチュラルシャッドレインボーフレーク

一年中で最もビッグバスに出会う確率の高いこの時期にHPシャッドテール4.2 inのネコリグを是非試してみて下さい。

テールの動きは圧巻ですよ!

1 / 11

profile

今井新
関東
(霞ヶ浦水系)

霞ヶ浦水系をホームフィールドとし、W.B.S.トーナメントで活躍するトーナメンター。2015年はNBCチャプター茨城でも活躍し第1戦、第3戦を優勝、同年の年間総合優勝を勝ち取る実力派。また2016年のW.B.S.トーナメントでは第2戦、第4戦で3位入賞、プロクラシック25では優勝を果たす。毎月開催しているレイカーズトーナメントにも参戦している生粋のトーナメンター。