O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >春の琵琶湖で効果的なドライブスティック3.5″&ジグヘッドをご紹介!

春の琵琶湖で効果的なドライブスティック3.5″&ジグヘッドをご紹介!

2017.04.26
DSC_5560

こんにちは、琵琶湖ガイドの森田です。

春の気難しいバス。気難しいと言うよりかは、冬(早春)の状態からスポーニングを意識し浅いレンジを少しずつ目指すため急激な水温低下や人為的なプレッシャーも影響し口を使いづらくなります。ブリッツMAX-DR、ルドラ130SP、ヴァルナ110SPなどハードルアーでストロングに釣りたいのですが…。

ガイドではこの時期スピニングタックルによるライトリグは1年を通して最も出番が増えます。

完全にプリスポーンの状況ではボディーの1部(スイムジグ、スイムベイトが有効なのと同様)が自発的にアピールしてくれるドライブカーリーが有効でしたが、プリ・ポスト・アフターが混在し、オイカワやハスが動き始めるとシャッドライクなドライブスティックのシルエットが有効になり中でもスイミングやフォールしている時の姿勢やボトム着底時の倒れ込みアクション、フッキング率の良さからジグヘッドが有効になります。

朝夕はヴァルナ110SP、ブリッツMAX-DRで反応があっても9、10時頃からの日中は反応が悪くなりドライブスティック3.5インチのジグヘッドがお助けルアーになってくれてます。

ドライブスティック3.5インチはオリジナルでなくSPEC2を多用します。理由は耐久性が高く、オリジナルに比べ倒れ込みアクションに時間がかかり(ゆっくり倒れ込む)バスを誘ってくれるからです。

現在は流れのあるエリアの3~4m、背の高い昨年からの残りウィードでなく、背が低く堅いカナダモ、センニンモの新芽が好調です。堅いウィードを感じながら20~30センチの高さでリフト&フォールを繰り返すのですが、ボトムで3秒程ステイを入れるのが重要です。バイトは動かしているときではなく、ステイ中に集中します。

ジグヘッドは0.9、1.3、1.8、2.2gをウィードの高さや風を考慮し使用。0.9g+オリジナルのドライブスティック3.5インチでフォール中にバイトが多い時やハードボトム中心に攻める時に使用しますが、メインは1.3g+ドライブスティック3.5インチSPEC2を使用し、ウィードに軽く乗せる・ウィードに埋もれず軽く掛ける事を心掛けています。

好調カラーは、ダークシナモン・ブルー&ペッパー、稚ギル、エレクトリックシュリンプ、稚アユ、ネオンワカサギ、マッディシュリンプなどです。

琵琶湖バスフィッシングガイド 森田哲広BLOG
http://blog.tetsumorita.heavy.jp/

DSC_5549 DSC_5546 DSC_5580 DSC_5570  
1 / 11

profile

森田哲広
関西
(琵琶湖)

琵琶湖アークロイヤルボートクラブで、フルタイムガイドを営むプロガイド。年間釣行日数は200日を超え、通称「ルドラで日本一釣る男」だが、11年にはブレードジグブレイクのムーブメントを巻き起こす。的確な状況判断にも定評があり、刻々と変化するコンディションに柔軟に対応する真の実力派。