O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >桧原湖で活躍するハイカットDRとiウェーバー!

桧原湖で活躍するハイカットDRとiウェーバー!

2017.05.17
皆さんこんにちは。僕のホームレイク桧原湖にも遂に春がやってきました~

今年は例年よりも雪が多く氷の厚さもあったので開幕の遅れが心配されましたが…GW前には氷も全て解けて釣りが出来るようになりました。

今回は、そんな桧原湖に欠かせないルアー達のお話しです!

例年より10日程は遅れた感じでスタートした桧原湖ですが、GWに入っても水温が1桁台と中々上昇の兆しがありませんでした。これは気温が低かったり冷たい風が吹き付けたのが原因です。(現在は10℃以上確実にあります)

そのような寒い状況では水温に比例して釣果も寒くなってくるのは仕方がありません…そんな時こそ使って頂きたいのが“ハイカットDR”です。

バスのポジションが3m前後と一段深いスポットに居る時にその力を発揮してくれます。

僕が良く使うシチュエーションは、シャローを目指しているがまだ上がりきっていない3m前後にある何らかのストラクチャーにコンタクトして差してきている時には必ず使っています。

これはDRが持つ潜行力がマッチしているからと、よく飛ぶので風が吹く中でも普通に使う事が出来るからです!そして何よりもミドルレンジのフラットを素早く探し当てる能力は本当に頼りになります(笑)

01 02

具体的なエリアで言えば、馬の口エリア/ラーメン桟橋前~糠塚島/馬の首エリア/こたか森ワンド/双子島周辺ですね。。。

03

そしてこれからの季節はバスのポジションが更に浅くなってくるので、ノーマルハイカットの出番ですよ!やはり使う場面はDRと同じ感じでOK!2mよりも浅いレンジのストラクチャ―を狙うときやフラットを広く早く探る時には絶対に欠かせません。

そしてスポーン直前のバスの魚影が肉眼で数多く確認が出来る状況ならiウェーバーの出番となります。

このiウェーバーを使った表層系の釣りは、とにかくスリル満点!バスが下から食い上げる瞬間が全部見れます!今年は水温から見ても…今月の下旬からiウェーバー祭りが始まりそうですよ~

スモールマウスなら是非とも“極上ガイドサービス”に遊びに来てください!

04

そうそう、忘れてならないのがライトキャロ+ドライブクロー2orドライブシュリンプ3のタックルです。。。万が一状況の急変で渋くなっても、このタックルがあれば打開してくれるはずです(笑)

05

1 / 11

profile

鈴木隆之
東北 中部
(桧原湖、野尻湖)

09年チャプター福島第2戦優勝、11年チャプター山形第2戦優勝、13年JB桧原湖第1戦優勝と勝てる強さを持ち、12年には抜群の安定感で念願のJB桧原湖年間1位も獲得した桧原湖マイスター。携帯サイト「ルアマガモバイル」にて、裏磐梯情報を発信中。