O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >梅雨入りした霞水系でオススメのO.S.Pルアーをご紹介!!

梅雨入りした霞水系でオススメのO.S.Pルアーをご紹介!!

2017.06.20
減水が強烈な霞ヶ浦ですがアフター定番のドライブシュリンプが絶賛活躍中です!

最近の霞ヶ浦は減水傾向が強くシャローが釣りにくい状況ですがやはりいるところにはしっかりいますね。

そして、アフター期のバスの捕食対象として大きく関係してくるのはテナガエビ! バスの喉奥からテナガエビの触角が見えているという経験をされた人も少なくないはずです。

そんな時活躍するのはまさにマッチ・ザ・ベイト!ドライブシュリンプです。言うまでもありませんが見た目はまんまエビ! そして今回メインで使ったのはドライブシュリンプ4.8″!

4.8″からはボディのマテリアルが強くなりゴチャゴチャしたカバーの中にも臆せず狙っていけます!そして使っているリグは5グラムのリーダーレスダウンショットです!

写真1 フォールで喰ってラインが走った気持ちの良い1本!完璧なフッキングです!

写真2 濁った水ではグリパンチャート! フェイバリットカラーです!

写真3 カッコイイ雷魚もバックリでしたW

写真04

そして安定のドライブクローラー4.5″のジグヘッドワッキー!グリピンカラーは神カラーですね!梅雨入りになり季節は テナガエビの産卵期!でかいテナガを意識してドライブシュリンプ4.8″が活躍します!

狙いどころはテナガエビが浅場に上がってくる場所テトラ、ゴロタ石、杭、水門周りといった硬いストラクチャーよいでしょう。

プラス枝などが複合すると更に良いですね!今年はアフター傾向が多い感じですが回復してきたバスはスピナーベイトなどでガンガン狙っていけますよ!

写真5 ハイピッチャー9g(ワイルドギル)!霞ヶ浦定番カラーです!

梅雨入りして水が増えれば間違いなくシャロー炸裂ですので是非霞ヶ浦水系のシャロパラを皆さん味わって下さい!もちろんドラシュリは必須ですよぉ~!!!
1 / 11

profile

キムショー
関東
(霞ヶ浦水系)

霞ヶ浦水系をトーナメントフィールドとするW.B.S.所属の若手アングラー。06年にはW.B.S.スーパー3デイズにボーターとして初参戦し、鮮烈な優勝を果たす。14年からはAプロ登録し本格的な参戦を決める一方、トーナメント以外では、関東近郊のフィールドにてオカッパリからアルミボートと、様々なスタイルでバスフィッシングを楽しむ。