O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >桧原湖で有効なHPシャッドテールの使い方をご紹介!!

桧原湖で有効なHPシャッドテールの使い方をご紹介!!

2017.06.21
image1

こんにちは、O.S.Pフィールドスタッフの本田賢一郎です。

JB桧原湖1戦目の悔しさから、とにかく練習しようとリールのドラグ調整やファイト、魚を掛けないとわからないことをチェックしに桧原湖で釣りをしていました。

基本的にプリ、半プリのメスを狙う釣り!釣れる魚はほとんどが40cmアップのキロクラス!

HPシャッドテール2.5インチのジグヘッドをメインに使用したのですが、キモはレンジ!どのレンジを引けば反応するのかがわかれば連発しちゃいます!! 1日に40cmアップが二桁も釣れちゃうんです!!!

バスが追っているワカサギがすごく小さいため、まさにHPシャッドテール2.5インチがベストマッチ。HPシャッドテールへのバイト数は明らかにほかとは違います。

一番コレが効いている、と感じるのがスローに動かしてもしっかりテールを振ってくれるところです。バスも本物のエサだと騙されてしまうんだと思います。

ジグヘッドはリューギ・ヴェスパ#3を使用。ウェイトは風などの状況に合わせて使い分けています。ラインはサンライン FCスナイパー2lb。

ロッドはDAIWAスティーズ ファイヤーホーク! SMT搭載で感度がいいし、シェイクもしやすい。このロッドを使うようになってからバラシもほとんどないですし、スモールの釣りには必要な一本だと感じています。

紫外線&日焼け対策にはO.S.Pネックゲーター! サングラスの部分だけ日焼けしないと、逆パンダになってしまうので、サングラス焼けの逆パンダ対策にいいですよ(笑)

image4

晴れてポカポカ陽気な日には虫などの表層系でも楽しめます。おすすめはオリカネ虫を使用したブラインドのちょうちん。普通に水面で動かしてもいいのですが、オリカネ虫はガードがついているので、ちょうちんをする時に枝などに引っ掛かりにくいし、オフセットフックを使用した虫ルアーよりフッキングもいい。オリカネ虫にはエコモデルもありますので、JB、NBCトーナメントに参戦している方も試合でお使いいただけます。

image2a

虫で使用しているロッドは、DAIWAブラックレーベルFT68LXS。虫系の扱いやすさはもちろんですが、ライトキャロとの相性も抜群です。

ぜひこれらを参考に、みなさんも桧原湖へ遊びにきてください。

image3
1 / 11

profile

本田賢一郎
関東
(霞水系、桧原湖)

学生時代は桧原湖に通いつめ、2017年からはJB桧原に参戦。卒業後は霞ヶ浦水系の釣りに魅了される。ストイックに釣りに集中するため霞ヶ浦近郊へ引っ越し、オカッパリアングラーとしてフィールドを駆け回る毎日。様々な状況に適応しながら釣果をあげるテクニックを磨きつつ、オカッパリの楽しさをより多くの方へお伝えしていく事が目標!