O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >ウィードエリアで活躍するハイピッチャーの効果的な使い方

ウィードエリアで活躍するハイピッチャーの効果的な使い方

2017.06.29
170625_0810

みなさんこんにちは、スピナベ馬鹿一代・三村和弘です。

やってきました。スピナベの季節本番です。スピナベと言えばハイピッチャーです。

前回のレポートではドライブスティックの釣り方、狙い方をお伝えしましたが、実はこのハイピッチャーも同じエリアで、同じバスが狙えるんですよ。

重複しますが、浚渫がらみの島部分のエビモ、フラットエリアのエビモ、フサモ、などです。

簡単に言えば目に見えるウイードを狙えばいいんです。簡単でしょ?

このとき、ハイピッチャーの使用方法ですが、キャストして狙う水深までカーブフォールさせ(自分の場合は“水面直下から2m”くらいまで軽くリーリングをしながらフォール)、そのまま普通に巻いていきます。

キャストしてそのまま、ダルダルにしてフォールさせる方法はバカイチ的ではアリマセン。

ダルダルでフォールさせるよりも、カーブフォールさせて使用したほうがより魚っぽいというのがその理由です(笑)

釣り方で一番簡単なのは見えるウィードの横を、ハイピッチャーの水面直下、高速引きさせてバイトさせることです。

ここで、バイトがないようならば、少しづつレンジを下げていくんです。

注意したいのがハイピッチャーのウエイトです。基準は3/8オンスと1/2オンスなのですが、状況によって使い分けしてます。この使い分けが、釣果を左右するフッキングの良し悪しにも関わってきます。

まぁもっと詳しく聞きたい方は、バカイチガイドへお越しくださいませ(笑)。
1 / 11

profile

三村和弘
関西
(琵琶湖、津風呂湖)

琵琶湖リブレガイド10年以上。BRUSH「スピナベ馬鹿一代」でもおなじみ。05年JB津風呂湖第2戦優勝、08年JB津風呂湖第2戦優勝、09年JB津風呂湖第3戦優勝、12年JB津風呂湖第2戦優勝&年間2位など、勝負強さは抜群!