O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >春のクリアリザーバー ~ハイカットのライムチャート~

春のクリアリザーバー ~ハイカットのライムチャート~

2017.07.13
鹿児島の見上です。

5月8日、友人と宮崎県の小野湖(綾南ダム)へ行ってきました。※小野湖はエンジン禁止。大淀川水系の鑑札が必要です。禁漁期間も在りますので気を付けましょう。

だいぶ減水気味でしたが、ランチング可能な傾斜でなんとかボートが降ろせました。

1

友人からの好釣果を聞いていたこともあり、期待大です。水温は20度前後。今年はどのフィールドも季節感が例年より躊躇に遅れている様子ですので、まずはどのくらいの季節の進行度なのかダム湖全体をビッグベイトやシャッドを使って広くスピーディーに探っていきます。ですが、期待とは裏腹にタフ気味でなかなかバイトを得られません。

時刻は12時過ぎ、下流域のワンド内にて友人がハイカットDR(インパクトライムチャート)にて待望のファーストフィッシュ。40cm半ばのグッドサイズ。

2

その後、私も立ち木スポットで小型ながらもようやくハイカットDR(潤るワカサギ)で1本目。

3

ベッドもちらほら見受けられ、まだまだポストスポーンの魚も多いようです。昼過ぎにはフィールドの雰囲気が大体把握出来てきたのですが、やはり全体的に厳しいのは変わりなく、なかなか釣れない時間が続きます。

夕方に差し掛かった所、中流域の支流にてラストの大型がヒット。シャッドプラグにて50cm近いビッグフィッシュにて終了となりました。

4

当日の傾向としては、中下流域のワンド等のスポーニングに絡むエリアで、岸沿いの2~3m水深のレンジをシャッドのリトリーブで釣っていくのが、大型の個体と巡り合う可能性が高い釣りでした。アクション、潜行レンジ共にハイカットDR SPがベストでしたね。友人と私共にビッグフィッシュは「インパクトライムチャート」。良く釣れるカラーなのですが、春のクリアレイクでは特に実績があるカラーなので、オススメですよ。

ハイカットは季節問わず年中出番があるので、BOXから外せません!

タックルデータ
・ルアー:ハイカットDR SP [インパクトライムチャート]
・ライン:サンライン シューター FCスナイパー BMS AZAYAKA 4.5LB
・ロッド:GROOVER’S BEND BOOST【Ti】イグナイター
・リール:イグニス2004
1 / 11

profile

見上祥太
九州
(南九州フィールド全般)

鹿児島・宮崎を拠点に置き、「大隅湖バスフェスティバル(九州陸釣りグランドチャンピオンシップ鹿児島予選)」、「サンラインバスファンカップin鹿児島」の運営や「大隅湖清掃活動」、「大隅湖親子バス釣り教室」の指導委員長など、南九州のバスフィッシングシーン活性化に勤める。2012年チャプター宮崎第5戦優勝、2013年JB九州第4戦遠賀川準優勝、2015年大分バスフェスタ3位など、陸釣り・ボートを問わずトーナメンターとしても活動中。