O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >9月新製品「ドライブビーバー3.5″」プロトでビッグフィッシュをキャッチ!!

9月新製品「ドライブビーバー3.5″」プロトでビッグフィッシュをキャッチ!!

2017.08.09
フィールドスタッフの平川です。みなさん、夏休みをいかがお過ごしでしょうか。

ボクはまとまった休みがなく仕事ですが、気分だけでも夏休みと言うことで週末の休暇を利用し、普段あまり行けないフィールドへ同じO.S.Pプロスタッフの寺澤さんはじめ気の合う仲間たちと遠征釣行して来ました。

場所は1日目が千葉県の笹川湖で、2日目は同じく千葉県の豊英湖でした。

今回、O.S.Pより釣行前日に寺澤さんが少しだけですが授かったと言う間もなく発売の新製品、ドライブビーバーを使えると言うことですごく楽しみでした。が、1日目の笹川湖では寺澤さんからまさかのもらい忘れで出船してしまい、使うことができませんでした(ガックリ…)。

この日、寺澤さんはドライブビーバーにてかなりいい釣りができたそうで、うらやましい限りです。

そして2日目の朝。豊英湖で貴重なドライブビーバーを授かりました。ただし2個だけだったので、大事に使わねば、と。

まずは前日に寺澤さんがよかったという5gのヘビダンをベイトタックルで使ってみることに。

水不足で減水してるとはいえ、豊英湖は崩落でできたカバーが豊富。上流を目指して進みながら、適当な崩落があったのでドライブビーバーのヘビダンを投入。中に入れると すぐに答えが返ってきました。アベレージサイズでしたが、フォール中のバイトでした。

ドライブビーバーですが、すり抜けがいい形状で、フォール中に太い二本のパドル状のアームが力強く「ブルン、ブルン」と誘うのが特徴的。すごいのがそのアクションの質で、今までなかった動きです。ちょっと泳がせただけで「コレはヤバイな」と感じました。

続けて、これまた適当なブッシュに投げ込んでみると、またまた食ってきました。貴重なサンプルをアベレージサイズに壊されるわけにはいかないので、その後は場所を選んで投げることに。

かなり上流に上がったところで、ゴージャスな一級の崩落カバー発見! おまけに浮き水草で水面一帯が覆われていて、いかにもな場所のカバーの枝を越えては落としを繰り返していると、何度目かに違和感を感じ、釣れたのがこの魚です。

03

同船者もドライブクローラー4.5インチ(グリパンチャート)のノーシンカーにてナイスフィッシュ!!このカラーは視認性がよく、バイトが見えるのがいいですね。

02

その後、岩盤もよさそうということで、水通しのいい急深で切り立った垂直岩盤を狙ってみました。僕は岩盤をタイトに落としたかったので、ドライブビーバーのジカリグ(5g)で試してみました。壁ギリギリにフォールさせて手返しよく撃っていくと、岩盤+滝という場所でフォール中にバイトがあり、釣れたのが写真の魚です。フォール中の独特のアクションのよさで食ってきたのは間違いありません。

01
今回の釣行ではドライブビーバーのポテンシャルをかなり感じることができました。ドライブビーバーの発売が楽しみですね!!みなさんもご期待ください。

1 / 11

profile

平川征利
関東
(相模湖・津久井湖)

神奈川県のメジャーフィールド相模湖・津久井湖をホームレイクとし、関東各地の様々なフィールドで釣果をあげている通称「デビル平川」。相模湖のロコアングラーがしのぎを削るトーナメント「日相カップ」で多くの優勝を勝ち取っている実力者。タックルアイランドタックルアイランドのトーナメントでは年間優勝5連覇という偉業を達成したスーパーロコアングラー。