O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >JB山中湖第三戦レポート

JB山中湖第三戦レポート

2017.08.09
2 みなさんこんにちは、山中湖の川上です。

今回は8月6日(日)に山梨県山中湖で開催されました、JB山中湖第3戦に参戦しましたのでその模様をレポート致します。

さっそく今回の結果から報告しますと、HPシャッドテール2.5in(エコモデル)の活躍で前週(7/30)のNBC山中湖チャプターに引き続き、2週連続で準優勝を果たしました。

フィールドコンディションですが、湖の状況は前週と大きく変化はありませんでした(前回のレポートをご参照ください)。

前週の山中湖チャプターでは、ブリッツMAX-DR(インパクト ワカサギ)でネイティブバスをキャッチできたので、今回もクランクを主軸に広範囲を探り、魚探を見ながら良い反応があれば要所要所を打っていくプランを選択しました。

まずは前週の山中湖チャプターでバスをキャッチしたポイントから着手。ここは地形変化があり、水深5~6mにワカサギ(以降ベイト)がボール状の群れを形成。バスもそれに追従しフィーディングしています。

ポイント到着後、ブリッツMAX-DRをキャストしながら魚探を確認すると、前週はベイトの群れが中層付近で固まっていたのに対し、今回はボトムに近い泳層となっていました。

ベイトの動きに変化を感じながら、しばらくブリッツMAX-DRで攻めるもバスからの反応はありません。

その後も魚探を見ながらキャストを続けていると、ボトム付近でベイトの群れが乱れ、バスらしき映像が映りました。プレッシャーをかけないよう、一旦そのままやり過ごし、少し距離を取ってから、HPシャッドテール(エコモデル)2.5in(ブラック・ブルーフレーク)の2.7g ダウンショットリグをキャスト。

すると着底後、ロッドに違和感… 間髪入れずにアワセると、物凄い力でロッドが絞り込まれます。

ロッドから伝わる重量感はキッカー確定のそれ。山中湖では貴重なバスですので慎重にやり取りし、やっとの思いでネットイン!

やや痩せ気味ですが、1,500g程の貴重なネイティブバスをキャッチすることができました。

その後も同条件が揃うポイントを変えながら攻め続けましたが追加はならず、1匹でのウエインとなりました。

前週の山中湖チャプターでは全体の釣果は厳しく、一匹勝負でしたので今回も淡い期待を持ちながらまわりの様子を伺っていると、なんと、25名が出場しウエイインはたったの2名と、またまた今回も厳しい釣果でした。

そんな中、自分のウエイトは1匹で1,448g。決して悪いサイズではありませんでしたが、今回も優勝の方には一歩及ばず、準優勝となりました。

前週に引き続き、今回もちょっと悔しい準優勝。ですが、まだまだ試合は続きますので、次回こそいい報告ができるようにがんばります!!

1 5 7
1 / 11

profile

川上記由
関東
(山中湖)

山中湖をホームレイクとし圧倒的な強さを誇る。2006年よりNBCチャプターに参戦しJB戦も含め優勝回数17回、入賞多数。07年、08年、09年、10年、12年と年間1位を獲得。09年、10年には山中湖第2チャプターでも年間1位を獲得しW制覇を達成。2014年も6戦中5戦入賞と無類の強さを発揮。2016年も年間総合優勝を勝ち取った。シャローのサイトフィッシングから魚探のシューティングとそのスキルはトップレベル。山中湖のクセを知り尽くしたまさに山中湖マイスター。