O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >暑さの残るフィールドで活躍するムービングベイト、ブリッツシリーズ!!

暑さの残るフィールドで活躍するムービングベイト、ブリッツシリーズ!!

2017.08.29
2588

みなさんこんにちは、山添です。

今年の夏は曇りや雨といった日が多く、梅雨明けしてからの方が梅雨のような感じになってしまった関東エリア。

ですがそのお蔭で日焼けによる疲労も少なく、とても体に優しい状況の中で釣りができました。

そんなローライトコンディション続きの影響もあり、8月に入ってからの水温は、太陽が顔を出すと瞬く間に30℃に達しますが、平均27℃前後といったところでしょうか。

日によっては、朝夕は少し肌寒いと感じてしまうこともあり、少し秋の気配を感じながら日々の釣りを楽しんでいます。

最近の釣果の方は、日替わりでエリアもバラバラといった感じの、季節の変わり目らしい状況です。

大きい魚は狙うのが難しく、アベレージ25cm前後を中心にポツポツ釣れています。

梅雨の時期は前回のレポートでご紹介のとおり、ラウダーやゼロツービートといったトップゲームで楽しませてもらいました。

その他、ドライブシャッドなども活躍してくれましたが、8月に入ると連日の曇天の影響で気温、水温の低下に伴い、水面での反応が少なくなってしまいました。

しかし、そのあたりから好調なのが、ブリッツシリーズです。

なかでも主に使用しているのがブリッツ、ラトリンブリッツ、そしてブリッツMRです。

これまで暑さを凌ぐために、カバーのシェードなどに入っていた魚の一部が、水温の低下と連日のローライトコンディションにより、外側のフラットやブレイク付近に散らばってしまいました。

これにより、各スポットにいた魚の密度が、全体的に薄まってしまった状態にあると思います。

そこで、スナッグレス性能が高く、広範囲を効率よく探ることができるブリッツシリーズの出番となるわけです。

使い方も特に難しいことを考えずに投げて巻くだけ。

ノーマルモデルのブリッツを主軸として使っておりますが、普段はブリッツでちょうどいい深度のシャローエリアも、雨による増水で水位が通常よりやや高めであることが多くなっています。

したがって要所要所でブリッツMRとローテーションすることで魚を手にすることができました。

ラトリンブリッツは濁りが入った時だけではなく、比較的活性があり、口を使ってくれるような魚だけを狙うイメージ。

スピーディーにチェックする時にも大活躍してくれます。

また、パラガマのような死角の多いカバーで存在感を出したい時にも効果的です。

現在は、魚の活性やフィールドコンディション、ベイトのサイズ等を考えるとノーマルサイズのブリッツに分があると思います。

今後、もう少し季節が進み、水温もさらに安定してくればブリッツMAXも効果的になるはずです。

また、魚が濃いと感じたエリアでは、1スポットでのキャスト回数を増やしても、場を荒らさずに釣ることが可能な、タイニーブリッツシリーズをレンジ別に使い分けることで手にできる魚が増えると思います。

まだ暑さの残る季節ですが、これからがムービングベイトの本格的なシーズンです。

ぜひともO.S.Pルアーで巻きの釣りをお楽しみください‼

2247 2685 2610 2694 2822 2706 2181 2857

profile

山添大介
関東
(印旛沼)

11年にNAB21で年間優勝&NBC北千葉チャプター年間3位。12年NAB21で年間2位&NBC北千葉チャプター年間優勝、16年NAB21最終戦優勝と印旛沼水系で開催されるトーナメントにて圧倒的強さを誇る。強さのヒミツはバス釣りに対し真面目一直線でほぼ毎週といっていい程フィールドに通うこと。天性のセンスとひたむきな姿勢で培われた「対シャロー攻略の引き出し」に要注目!!