O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >NBCチャプター東京第4戦相模湖レポート

NBCチャプター東京第4戦相模湖レポート

2017.09.12
DSC_1587

みなさん、こんにちは。O.S.Pプロスタッフの金井です。

今回は8月27日(日)に行われた「NBCチャプター東京第4戦」にて2位入賞した際の釣り方をレポートさせていただきます。

今回の会場は神奈川県相模湖。直前の台風やガイドなどで相模湖にはなかなか行けず、前日土曜日のプラクティスのみで大会に挑みました。

今回頭の念頭に置いていたのは…

・濁り具合

・ゴミの量と場所

濁り具合はまだ濁っているもののエリアにより差がある。そしてゴミは風の当たる本湖西側に多いことがわかりました。

これをもとに濁りの定番、カバーやストラクチャーで強い釣りをしましたが全然バイトがなく、沖に係留している船の下を探ると早速チェイス! 前日プラクティスではミドストでキーパーサイズを1匹釣り、エリアを見て終了。大会当日に挑みました。

大会当日

前日に見つけておいたチャプター選手には比較的ノーマークな係留船。

これを攻めるリグは…

・ドライブビーバー3.5インチ(FECOモデル・プロト)のリーダーレスダウンショットリグ3.5g~7g

・ドライブスティック3.5インチのノーシンカーバックスライド

・ミドスト

いずれもチェイス、またはバスをキャッチできていたのでこの3点をローテーションしていきました。

ほかの選手がノーマークなのは大体わかってはいましたが、この日は柴田ボートさんの「柴田カップ」と日程が同じで、スタート時間もチャプター戦のほうが遅いこともあり、エリアには入れてもすでに抜かれている可能性がありました。

そんな中エリアに到着し釣り開始。先ずは柴田ボート前の係留船からスタートしましたがあまり反応がよくなく、風の吹く9時~10時まで他の釣りをし、案の定、10時あたりから風が吹き出したタイミングで今度は国道下にある係留船へ。

前日の下見でよかったミドストで流すもチェイスのみ→ドライブビーバー3.5インチ→ドライブスティック3.5インチとローテーションしていくと、フォール後、約1mラインを送ったところでヒット!35cmでやせ気味でしたがナイスキーパー。

その後、グッドサイズのチェイスがあったところまで流しながら戻ったその1投目。やはりフォール後、約1mラインを送ったところでヒット。しかも今度は引きが違う! さっきチェイスを確認したグッドサイズです。慎重にやり取りし、無事ネットイン!!

その後も国道下の係留船を流すもバイトがなく、時間は11時30分過ぎ。あまり時間が残されていないため、前日バスをキャッチした「青田ワンド」へ急いで向かいました。

ワンド奥の係留船に向かいリグを投入! チェイスはあるもののバイトに至らず、さらに焦る気持ちに追い打ちをかける事態が。

「ドライブスティック3.5インチのウォーターメロンペッパーがない!」

濁っていたので念のためで持ってきていたのが裏目に(2本しかパックに入っていませんでした 泣)。フィッシングプレッシャーも高くなってきたと感じたので3インチに変更。カラーは同じくウォーターメロンペッパー。帰着時間が迫り係留船を捨て、浮き漁礁に向かい半ば諦めかけてキャストしいるとラインが手前に…! 「やったぁ!」さっきのキロUP並みの喜びを感じ、すぐさま会場に向かいました。

帰着してみるとまわりはやはり釣れていない様子。5位以内はあると確信していたものの優勝には“また”60g届かず、無念の第2位でした。

今回、大会中に他のアングラーを見ていると係留船を巻いている選手が多く、なおかつ比較的クリアウォーターの際に出番の多い「ウォーターメロンペッパー」にバスの反応がよかったことに気づけたのが勝因だったと思います。

通常、濁ったら強い釣りが定番ですが、ほんの少し濁りが取れ、ベイトフィッシュをフィーディングしているようなやる気のあるバス。しかしフィッシングプレッシャーも高い状況がドライブスティックにぴったりはまった試合でした。

【タックルデータ】
ルアー:ドライブスティック3.5インチ&ドライブスティック3インチ(ウォーターメロンペッパー)
ロッド:フェンウィック ACES70SLPJ
ライン:サンラインキャスタウェイ12lb+サンラインシューター7lb
フック:オフセット#2

9179 DSC_1603 DSC_1629
1 / 11

profile

金井俊介
関東
(神奈川県津久井湖・相模湖)

神奈川県津久井湖のレンタルボート「津久井観光」に勤務しながら、ガイド業も営む。また、関東を代表するリザーバー津久井湖&相模湖がホームフィールドでNBCチャプターや津久井湖オープンに参戦。2014年チャプター東京第3戦では準優勝しトーナメンターとしての一面も併せ持っている。職業柄、常に津久井湖にふれあうがゆえ、刻々と変化する状況をどのアングラーよりも敏感に感じとる。津久井湖&相模湖のリアルタイムな情報は必見!