O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >ドライブビーバー3.5″で良型をキャッチ!

ドライブビーバー3.5″で良型をキャッチ!

2017.09.12
IMG_5069

こんにちは! O.S.Pプロスタッフの寺沢です。

今回はホームグラウンドの相模湖を離れて、富士の癒しのレイク、精進湖に行ってきました。アベレージサイズは小さいですが魚影は濃く、ニューアイテムのチェックや苦手意識のあるテクニックの克服などで、実はちょくちょく利用させていただいてます。

本日のお題はいよいよ発売となっったドライブビーバー3.5インチ。このワームはプロト段階から使わせていただいたものの、数がなく使い倒せない中で、千葉のリザーバーや川、そしてホームの相模湖で試用。エリアを問わず好釣果を出しくれて、ものすごい力を感じ何がいいのかをしっかり体感し、モノにしたく、半日のみの釣行を実施しました。

まだまだサマーパターンの色が濃く、ボディウォーターに面している水中島の表層から3.5mくらいまでのウィードを今話題のフリリグでチェック。軽くほぐしながら外れたらポケットへフリーフォールの繰り返しで、バイトはフォール中とフォール後のステイに集中しました。今までにないバサロフォールの波動と緩急のついたステイで反応を得られたという感じです。フリリグとの相性もバツグンですね。

もう一つがロックエリアの穴打ちでのリーダーレスダウンショットリグ。入り込めそうな穴を探しフロロ16lbでフリップ&ピッチング。細いラインは岩にこすれブレイクするのでタブーです。太いラインを使用しているにもかかわらず動きは極端に悪くならず、力強いバサロアクションで次々とバイトを得ることができました。カレントが効いているロックエリアで、よりバイトが集中しましたね。

今回の釣行の結果から、3.5インチでありながら今までにないバサロアクションを生み、幅広いリグに対応する。本当に、素晴らしいクオリティだと感じました。

みなさんもぜひ、ドライブビーバー3.5インチを持ってグッドフィッシングを!!

IMG_5063 IMG_5003 IMG_4899
1 / 11

profile

寺沢庸二
関東
(相模湖 津久井湖)

相模湖・津久井湖における様々なトーナメントで数多くの入賞経験を誇るエキスパートアングラー。2015年津久井湖サンラインバスファンカップ優勝をはじめ、NBCチャプター東京相模湖・津久井湖戦で通算7回優勝。2016年の年間総合優勝を含め、計4度ものAOYを獲得している。