O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >ドライブビーバー3.5インチのテキサスリグ!

ドライブビーバー3.5インチのテキサスリグ!

2017.09.19
鹿児島の見上です。

暑かった毎日もようやく徐々に涼しくなり、秋らしさがうかがえるようになってきましたね。

さて、発売されたばかりのドライブビーバー3.5インチ。今までにない動きのホグ系ワームということで、プライベートとトーナメントともに、ここ1ヵ月、テキサスリグをメインで使い込んでみました。

・遠賀川でのJB戦プラクティス時(エコ仕様のプロト使用)

1

キーパーサイズは容赦なく食ってきて好感触。ギュンギュン動くのでハリ持ちやパドル付け根の強度はどうだろう? と思っていましたが、非常にいい感じです。

ピッチングも約8gのワーム重量があり、ストレスなくキャストできました(※はかったところパドルは約3.5g、胴体は約4.5gありました)。

2

遠賀川のバンク撃ちにはもってこいです。

ちなみに本戦でも使用しましたが、ラスト一時間前にようやくきたチャンスをミスの連続で逃してしまい、悔しい結果に終わってしまいました(泣)。

流れの当たるリップラップでスライドフォールさせて食わせる釣りだったのですが、ギュンギュンとよく動いてバイトを引き出してくれました。

・後日、地元のフィールド(宮崎県・野尻湖)でプライベート釣行

エリアによってアオコと濁りがありますが、魚の活性も高く雰囲気ヨシ。シャローの巻きの釣りでは、タイニーブリッツDRでコンスタンスに獲れますがサイズが伸びず。

3

立ち木などの要所をドライブビーバー3.5インチのテキサスでじっくり釣るとサイズアップ。

4

濁りの中でもよく水を動かしてアピールが可能です。

・オフセットのフックサイズ

最初は1/0サイズがクロー系ホグ系でいうところのよさそうなバランスだったので基準にして使っていましたが、少しシビアな状況だとすっぽ抜けることが少しありました(プレッシャーの掛かったトーナメント時や、ワームカラーが状況に合ってないときなど)。

ボディ全長に対してパドル部の割合が大きいこともあると思うので、以後は2/0サイズ基準でちょうどいい感じです。

よりカバーなら小さくして1/0、ミスが多くなるときは3/0と状況に応じてチョイスして、フックアップ率が上がりました(※TNSオフセットフックを使ったテキサスでの使用感なので、タックルバランスやその他のフック、他のリグでは異なる場合があります。自分の基準からその状況に合わせて、フックサイズのチョイスをしてみてください)。

5

写真はTNSオフセットを上から3/0、2/0、1/0と並べたものです。

※3/0はフックを通す部分がパドルの付け根の一番後ろなので、セット可能な大きいところだとギリギリ動きに影響しないサイズです。

今回はテキサスメインで使ってみていろんな可能性を感じたので、他のリグでも使い込んで武器にしたいところです。

以下はリグ別のアクションムービーなので、ご参考にしてみてください。

https://www.youtube.com/watch?v=d1Mcn6290Ug

今までにない、ホグ系パドルが動くという機構のワーム。ぜひ一度、手にとって試してみてください!

タックルデータ
・ルアー:ドライブビーバー3.5インチ + TNSオフセット2/0 (7gテキサス)
・ライン:サンライン シューター FCスナイパー BMS AZAYAKA 16LB
・ロッド:GROOVER’S BEND POWER CONE Bull-flow 7.3ft H+
・リール:TD-Z 103HL改
1 / 11

profile

見上祥太
九州
(南九州フィールド全般)

鹿児島・宮崎を拠点に置き、「大隅湖バスフェスティバル(九州陸釣りグランドチャンピオンシップ鹿児島予選)」、「サンラインバスファンカップin鹿児島」の運営や「大隅湖清掃活動」、「大隅湖親子バス釣り教室」の指導委員長など、南九州のバスフィッシングシーン活性化に勤める。2012年チャプター宮崎第5戦優勝、2013年JB九州第4戦遠賀川準優勝、2015年大分バスフェスタ3位など、陸釣り・ボートを問わずトーナメンターとしても活動中。