O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >相模湖で活躍するドライブクローラーのテクニックをご紹介!!

相模湖で活躍するドライブクローラーのテクニックをご紹介!!

2017.09.26
みなさん、こんにちは。O.S.Pフィールドスタッフの平川です。

今回はホームレイクでもある相模湖で、ドライブクローラーのカバーネコにていい釣りができたのでご報告いたします。

釣行したのが9月上旬で、週末に控えている大会のためのプラクティス釣行でした。

湖の情況は台風の濁りもほとんどなくなり、水色はクリア。ここ最近は日に日に涼しくなり水温もどんどん下がっている感じで、魚のレンジも浅いの? 深いの? どっちなの?といった感じでした。

とりあえず少し前に行われた東京チャプターで優勝したときのエリアを試すべく、桂川を上流に進みながらゴミ溜まりをドライブクローラーのネコリグで撃っていきますが、前回ハマったエリアは不発。

水質も最近の冷え込みにより、場所によって泡立っているところもあり、状況がまだわからないのでそのまま上流へ。大曲と言う大きく川がベントしたエリアにさしかかり、試しにカーブのインサイドにあるかなり浅いブッシュをネコリグで探ると、なかなかいいコンディションの魚が釣れました。

DSC_0786

この1匹目でかなり浅いカバーもイケるかもと期待は膨らみ、大曲を過ぎた辺りで岸際にゴミ絡みのレイダウンを発見。ネコリグをゴミの上から溶け込ませるように入れてシェイクしはじめると「ゴゴッ」としたアタリ。力いっぱいアワせるとかなりの重量感とともに、ベビーロッドを絞りこむファイトに興奮! 無事にキャッチできたのがこの魚です。

50cmには少し足りませんでしたが、凄い体形のパンパンのバスでした。ハカリを持っていませんでしたが、過去の経験から2,500gぐらいはありそうな一匹でした。週末の大会で釣れてくれたらな~、と願う魚でしたね。

DSC_0792 DSC_0796

大会のプラということで、他のエリアも見て回りながら、次にバックウォーターの秋山川へ。

秋山川を上流方面にいろいろ試しながら上がって行き、かなり上流にあるブッシュへ。ここでもカバーネコを入れ、シェイクで誘うと1kgぐらいのナイスサイズが釣れてくれました。

DSC_0803

カバー撃ちをするときにボクがよく使うのがスモラバと、ドライブクローラー4.5インチのネコリグです。

スモラバとネコリグの使い分けは、ビッシリと隙間のないブッシュなどを弾道の速さで撃ち抜く際にはコンパクトなスモラバで。ゴミ溜まりや薄めのカバーでは、ネコリグを多用しています。

カバーネコの使い方ですが、カバー越しにラインを引っ掛けてのチョウチンシェイクで、ウェイトは1.8~3.5g。カバーに引っ掛けて使うので、あまり軽いとカバーとラインとの摩擦抵抗に負けてうまく動きませんし、重すぎるとアクションが派手すぎて嫌なので、カバーの濃さと摩擦抵抗でベストな重さを選びます。アクションはしっかり動く範囲で、気持ち控えめです。

ロッドもカバーの濃さで使い分けますが、薄いカバーを軽めなシンカーならMLクラス。濃いカバーでシンカーは重めならMHクラスを使用します。

ドライブクローラーのカバーネコは、フィールドを問わずいろいろな場所で使えるので、ぜひみなさんにもオススメしたいリグです。

1 / 11

profile

平川征利
関東
(相模湖・津久井湖)

神奈川県のメジャーフィールド相模湖・津久井湖をホームレイクとし、関東各地の様々なフィールドで釣果をあげている通称「デビル平川」。相模湖のロコアングラーがしのぎを削るトーナメント「日相カップ」で多くの優勝を勝ち取っている実力者。タックルアイランドタックルアイランドのトーナメントでは年間優勝5連覇という偉業を達成したスーパーロコアングラー。