O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >先攻者をものともしないドライブビーバーの威力!

先攻者をものともしないドライブビーバーの威力!

2017.09.28
_20170813_194129

四国の坂本です。

今回は9月に新発売されました、ドライブビーバー3.5インチのレポートです。

ドライブビーバー3.5インチは発売前から好調で、サンプル品がO.S.Pさんから届いたとき、ちょうど仲間内のトーナメントがあり、浮きゴミストレッチのカバー攻めの場面があったのでさっそく試してみました。

すでに先攻者が撃っており、私はその後を追う状況になっていましたがそれでもヒット!

先攻者の方が使っていたルアーとはまた違ったバスへのアピールで、反応が変わったのかも知れませんね(^_^)

その後あれよあれよというまに立て続けのヒットで入れ替えもでき、結果的に優勝!

それが私にとってドライブビーバーのデビューでした(^_^)

ドライブビーバーの特徴はなんといっても「バサロアクション」。

通常、クロー系、ホグ系のフォールアクションは大半がヒラヒラ系、またはパタパタ系の多い中、このドライブビーバーはボディをくねらせ水泳選手がターンをしたときのようなバサロアクションをするので、他とはまた違った動きを見せるのが最大の特徴です。

それとドライブビーバーはカバーに特化したルアーでもあり、パーツが少なくすり抜けを重視しています。

パーツが少ないながらもボディがアクションするので、バスへのハイアピールが可能です。

あとリグに関してですがテキサスリグはもちろんのこと、リーダーレスダウンショットなどさまざまなリグに対応するだけでなく、ラバージグのトレーラーにも相性がよかったです。

O.S.Pジグ01のトレーラーとして使ってみましたが、スイミング時はくの字に曲がるほどの力強いキックバックアクションがとてもいい感じで「ギュンギュンギュン、ドンッ!」といったヒットがこれまた楽しかったです(^_^)

みなさんもぜひ、「ギュンギュン」を体感してください!(^_^)

_20170826_194922 _20170827_184924 _20170827_185144 DSC_0460 DSC_0502 _20170813_194059
1 / 11

profile

坂本洋司
四国
(旧吉野川水系)

徳島旧吉野川をメインフィールドとし、JBNBCトーナメントに参戦。優勝しか興味がないと言い切り、「3本リミットであっても2本で勝てる魚を狙う」というストロングスタイルが信条の生粋のカバーフィッシャーマン。00年、05年、07年、14年とチャプター徳島年間1位を4度獲得し、さらに06年JBII第3戦優勝、08年JBII四国年間1位、14年JBII四国第3戦優勝という実績を誇る。