O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >ハイピッチャーMAXがいい時

ハイピッチャーMAXがいい時

2017.10.16
SANYO DIGITAL CAMERA

秋になり、いろいろなルアーでバスが釣れています。そんな中でもやはりベースとなるルアーはハイピッチャーシリーズ。必須の時期ではありますが、先日のガイドではハイピッチャーMAXが活躍しました。

毎度のことながら、秋は日替わり感が強く、その日その日で当たりルアーを見つけて行くことが必要となります。この日の「当たり」はすぐに見つかりました。

アシ際をスピナーベイトで流して行く場合、その引き抵抗はすなわち波動の強さとスピードを決めて行くこととなります。自分の経験もありますが、この日の水を見て感じたのは、水面近くを遅く引くほうがいいだろう… という直感。

O.S.Pプロスタッフの浦川さんが言われている「特に3/8オンスのブレードの揚力とヘッドのバランスがギリギリになっていて、きわめてスローに巻けて、バスがついて来れないときに浮かせて食わせる力のあるルアーがハイピッチャーMAX」。まさにこれなんです。これがこのルアーの出しどころだと自分も感じています。

この日のゲストさんのロッドには偶然なのか、買って来られたのがハイピッチャーではなくハイピッチャーMAX 3/8オンス! これでアシを流していきました。

スピナーベイトが強めの波動とフラッシングで水面下30cmをゆっくりと通過していくのを見て、「これは絶対、釣れる!」と感じたのですが、その予感は的中。アシの外側にある沈船の横を通過した瞬間モンドりうってバイト! 見事な45cmのキレイなバスでした。

やはり秋はハイピッチャーおよびハイピッチャーMAXが強いですね。みなさんもぜひ、お試しください。

SANYO DIGITAL CAMERA SANYO DIGITAL CAMERA
1 / 11

profile

松村寛
関東
(霞ヶ浦水系)

霞ヶ浦をこよなく愛するW.B.S.プロアングラーであり、プロガイドサービス「KFGカスミフィッシングガイド」を営む。2000年W.B.S.第4戦優勝、09年、同スーパー3DAYS 優勝、10年同第4戦優勝など、A.O.Y獲得に向けて実績を積み上げる一方で、バスフィッシングのイメージアップや、フィールド清掃にも尽力する。