O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >ファストムービングルアーの活躍する季節に突入!

ファストムービングルアーの活躍する季節に突入!

2017.10.16
DSC_7933

こんにちは、琵琶湖ガイドの森田です。

本格的な秋に突入してO.S.Pのファストムービングルアーがよく釣れています。

最も好調なのはブリッツMAX-DRで、中でも水質に関わらずフラッシングが強くアピールするカラーが良く新色のWチャートゴールド、スーパー黒金、グリーンギルなどが好調。

ウィードトップ3~3.8mのカナダモ・センニンモにタッチする直前・直後にバイトが集中しています。

大事なのはリトリーブスピードで、ブリッツMAX-DRに限らず、どの巻物ルアーにもチェイスしてしまう事が多くなっています。ロクマルクラスが水面直下までチェイスしたり、ボート際の泳層が上がった瞬間のバイトが増えています。

なのでリトリーブスピードはやや速めで、食わせる意識は捨て、リアクション要素でバイトに持ち込むようにリトリーブしています。

同じようにO.S.Pブレードジグ+ドライブスティック4.5inも3/8ozを使用する水深でも1/2ozを使用、1/2ozを使用する場面なら5/8ozを使用し泳層を変えないでリトリーブスピードを上げた方がよく釣れています。

逆に長い時間見せてバイトに持ち込んで釣れているのがヴァルナ110SP。この季節なら通常2秒位のポーズ時間ですが3、4秒にする事により我慢できなくなったバスが元気にバイトしてくれています。

また規則正しい2トゥイッチが基本ですが、“規則正しいミディアムスピードリトリーブ”では見切ってチェイスしているので、2トゥイッチの後に4、5回の連続トゥイッチを入れてロングポーズをしてみたり不規則なトリッキーなアクションを心掛けています。

好調カラーは活き鮎、ゴーストアユ、GFビワコシャッドなど、ナチュラル系カラーに反応が良いです。

琵琶湖バスフィッシングガイド 森田哲広BLOG
http://blog.tetsumorita.heavy.jp/ DSC_8006 DSC_7998 DSC_7936 DSC_8149 DSC_8145 DSC_8117 DSC_8081 DSC_8072 DSC_8008  
1 / 11

profile

森田哲広
関西
(琵琶湖)

琵琶湖アークロイヤルボートクラブで、フルタイムガイドを営むプロガイド。年間釣行日数は200日を超え、通称「ルドラで日本一釣る男」だが、11年にはブレードジグブレイクのムーブメントを巻き起こす。的確な状況判断にも定評があり、刻々と変化するコンディションに柔軟に対応する真の実力派。