O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >晩秋に向けて活躍するスピナーベイト・タイフーン!

晩秋に向けて活躍するスピナーベイト・タイフーン!

2017.11.21


こんにちは。和歌山の辻井です。

今年もこの季節がやってきました!木枯らしが吹いたらタイフーン!

ということで晩秋に向けて、タイフーンについてレポートしたいと思います。

10月末に木枯らし1号が吹いたようなのですが、体感的には本当の木枯らしはもう少し先なのでしょうか。

そのため、11月に入ってもタイフーンをパターン化させるには、フィールドの水温はまだ高すぎるように感じました。

釣れないのではなく、ビッグフィッシュを狙ったつもりでもレギュラーサイズまでもがモリモリ釣れてしまうという、うれしいんだけれど「そうじゃない!」という複雑な釣果になってしまうのです。

幾度かの木枯らしとともに季節が進んでいくと、レギュラーサイズから順に釣れなくなり、レギュラーサイズとビッグサイズに季節のタイムラグが生じます。

タイフーンの最盛期となれば体力のあるビッグフィッシュだけの釣果になるのです。

狙いは目立つ大場所。

細かく小さな変化に目を向けるのではなく、大きな岬やストラクチャーといった、目に見える範囲で一番大きな目立つ変化にロングポジションからタイフーンLCをど~んとキャスト!

レンジは特に気にせず狙ったバスがこの辺にいるんじゃないかと感じたスポットの20~30cm上を通す感覚でスローリトリーブ。

私の場合、スローロールでよく言われるストラクチャーにタッチさせたりヒラを打たせるような使い方は一切しません。

ルアーはあくまでも無警戒のベイトフィッシュとして扱い、バスが口にしやすいアプローチを心掛けます。

バイトは非常に明確に出ることが多く、バイトを感じたら即大あわせ。

タイフーンは非常に太いフックなので、ラバージグを使っているときのように強く大きなフッキングを心掛けています。

今年も紀伊半島の合川&七川両ダムにおいて、11月に入ってから徐々にタイフーンのパターンが明確となる大場所からの反応が得られはじめています。

寒暖の差が大きいときは、ディープとシャローのコンタクトできるエリアの中のピンスポットを見抜いて、思い切ってキャストしてみてください!

11月末から冬が本格化するまでの限られた期間ですが、得られる結果は1年の思い出となる一匹となること請け合いです!

これから1年で最も日の短い季節となり、日中でもどんよりローライトなことが多いため、水に溶け込むカラーとしてブラックシャイナーやスティールシャッドといったややダーク系を使うことが多いですね。

濁りが生じたシーンではキラーゴールドやサンセットレッドなど、水の色に合わせたセレクトを行っています。

また、今回ご紹介しましたタイフーンのパターンは過去のレポートやブログでも毎年のように報告させていただいていますので、併せて参考にしてみてください!

では、今回はこのへんで失礼します。

1 / 11

profile

辻井伸之
関西
(合川ダム、七色ダム)

紀伊半島、合川ダム、七川ダムをホームフィールドとし、「合川で最も釣る男」の異名を持つ。人並み外れた研究熱心さでバスフィッシングをどこまでも追求し、特にジャークベイト、スピナーベイトへの造詣は深く特に低水温期での釣果は特筆すべきものがある。その深い経験によって蓄積された独自の理論は必見。