O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >ブリッツMAX-DRの効果的な使用方法をご紹介!

ブリッツMAX-DRの効果的な使用方法をご紹介!

2017.04.28
de

こんにちは、琵琶湖ガイドの森田です。

一年を通して琵琶湖南湖で最も使用頻度が多いOSPルアーはブリッツMAX-DRだと思います。平均水深が4mの南湖で四季を通して最もバスが多いのも4m。時期によって色々なコンディションの個体が居ますがリアクションで素早くバスの多さ・状態を把握できる4mダイバーのブリッツMAX-DRは欠かせません。ウィードレイクなので実質3~4.5mを攻めています。

4月もルドラ130SP・ヴァルナ110SPには反応しない(浮いてこない)時間帯・日にブリッツMAX-DRがよく釣れました。

並木さんがオスプレイズ・アイの春のロケで何度も口にし、ブリッツMAX-DRでビッグバスをキャッチするシーンは正に春のハードベイトのストロングパターンにして王道のルアーローテーション・エリア選択です。

“ジャークベイトが駄目ならば、水に色がついているエリアでディープクランク”。寒さを感じていなければ春のバスは温かい層に浮き気味になりジャークベイトに反応しますが、そのレンジに浮いていなければ、寒さを感じて沈んでいる。沈んでいるエリアはクリアウォーターよりも水温が上がりやすい濁った水質(色がついている)の方がバスを多くストックし、水温上昇で高活性になり易い、ディープクランクでも騙しやすいという事です。南湖でもプリスポーンのバスをブリッツMAX-DRで釣る為エリア選択する時、いつもこの言葉を思い出します。

4月にブリッツMAX-DRでキャッチしたビッグバスの殆どが3~3.5mの浚渫のエッジでキャッチしました。浚渫エッジに生える高さのあるウィードにバスがついていればヴァルナ110SPでキャッチ出来ましたが、試してみて反応が無ければ少しでも濁りの絡む浚渫エッジをその周りのハードボトムにブリッツMAX-DRを確実に当ててリアクションでキャッチしました。バイトは全てウィード・ボトムにタッチする直前・直後でした。ブリッツEX-DRでも可能な水深ですが、確実にウィードやボトムにヒットさせ、それも1キャストに可能な限り多くヒットさせる為にブリッツMAX-DRを使用しました。

昨年はGW前からブリッツMAX-DRの高速巻きが好調になり、プリスポーン・アフター回復・ポストスポーン様々な状態のバスが釣れました。今年も好調になってほしいです。

4月の好調カラーはスーパー黒金、グリーンギル、クラウン、GFスポーンレッド、黒金Ver.T、パープルギルなどでした。

琵琶湖バスフィッシングガイド 森田哲広BLOG
http://blog.tetsumorita.heavy.jp/

DSC_5372 DSC_5368 DSC_5358 DSC_5353 DSC_5349 DSC_5341 DSC_5339
1 / 11

profile

森田哲広
関西
(琵琶湖)

琵琶湖アークロイヤルボートクラブで、フルタイムガイドを営むプロガイド。年間釣行日数は200日を超え、通称「ルドラで日本一釣る男」だが、11年にはブレードジグブレイクのムーブメントを巻き起こす。的確な状況判断にも定評があり、刻々と変化するコンディションに柔軟に対応する真の実力派。