O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >霞水系おかっぱりにオススメのハイカットDR-F

霞水系おかっぱりにオススメのハイカットDR-F

2018.02.05
みなさんこんにちは。O.S.Pスタッフの中林です。

2018年も2月に入り、春が近づき…… いや、今シーズンの冬は寒すぎます。

野池は1日中、全面結氷している池も多く、霞ヶ浦本湖ですら護岸際が凍結する日もあるほどです。

そんな中で、霞ヶ浦本湖へオカッパリに行ってきました。

メインエリアは霞ヶ浦東岸の深場を数ヵ所まわり、麻生エリアの水門沖にワカサギがいるエリアを発見。そこへハイカットDR F(チャートブラックバック)をアプローチしました。

ハイカットDR Fをボトムや水中の何かにコンタクトさせ、5秒ほど浮かせてまたリトリーブの繰り返しです。

浮かせているときに、ラインにアタリが出ることもあります。

フローティングのメリットは「浮かせる」ことができるので、根掛かりしにくい点です。

またハイカットは明確なブルブル感で操作感を向上させ、集中力の維持につながります。

写真のバスは、リトリーブ中のハイカットのブルブル感がなくなったようなアタリでした。

寒さ厳しいシビアなコンディションでも、シャッドに求められる基本アクションを高次元にこなす、オススメのルアーです。

みなさんも防寒対策をしっかりして、冬のバスフィッシングを楽しんでください。

1 / 11

profile

中林正臣
関東
(霞水系)

霞ヶ浦水系のおかっぱりをメインとし、野池でも活躍。バスフィッシングにかける情熱と探究心が強く、日々フィールドにて魚を追い求めているアングラー。特に「シャロー攻略」に突出しており、釣る為のテクニック、特にスピニングタックルによるフィネスな釣りでは安定した釣果を出している。